FC2ブログ

大荒れの嵐でした

 2015-09-24
来月の会のことでジタバタ、グルグルしていました。
久しぶりに大荒れの嵐がやってきた。
独白のような内容ですが…、良かったら読んでください。

会のお知らせをするたびに、心のどこかにモヤモヤとしたものを感じていました。
心の底から「どうぞ来て下さい!」と言えない何か。
「自分のヴァイオリンは聞いてもらう価値がない」
練習の合間に、わたしがそう思っていることに気が付いてしまった。

今までなんとかそれを否定しようと、それを自分に隠そうとしてきたけれど、難しかった。
「価値があると信じている」とは、価値がないと思っているから出てくる言葉です。

普段、練習途中の休憩では出しっぱなしにしている相棒くんを、ケースにしまった。
会のための練習をそのまま続けることはできないから。
自分で価値を認めていないものを、お金をいただいて披露するわけにはいかないのです。

とても悔しくて、悲しくて、情けなくて、
どうしたらいいかわからないと、声をあげて泣きました。

会を中止にしようか?自分が良いと思っていないのに会をやることはできません。
まだお申し込みは少しだし、日にちも差し迫っているというほどでもないし…。

気持ちがそう傾いたとき、それまでよりも、もっと大きな悲しさがやってきました。

いつも、自我の強烈な批判の声に消されてしまうけれど、
心の本当の本当のところでは、わたしは自分が奏でる音楽を愛している。
隅っこの方に追いやられて小さくなっているけれど、それは絶対に確かなことです。
その気持ちがないがしろにされて泣いているんだ…、と分かりました。

でも、どうしたらいいのか分からない…。

しばらくそのままその気持ちの中にいたら、
「自我の言うことに耳を貸さないで、
 相棒くんから出てくる音だけを聞いて、自分の中に流れている音楽だけを聞いて。」
と心に思い浮かびました。

しばらくして、ようやく気持ちが落ち着いたので、
もう一度ケースから相棒くんを取り出して音を出してみました。
余計なことを考えない。
どんな演奏であっても、わたしはわたしが相棒くんと奏でる音楽を愛している。
それよりも大切なことなどないと、ようやく思えました。

自分の本当の気持ちをないがしろにしないで、会は予定通りやります。

裏の裏は、なんだ、結局表じゃないか!みたいな話しですみません。
でも、もとに戻ったのではありません。

どうぞ、ぜひわたしのヴァイオリンを聞きに来てください。
まだまだ拙い音ですが、わたしにしかできないヴァイオリンです。



♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪

  10月3日(土)
  「やりたいことをやるために生まれてきたから」 
                          朗読とヴァイオリンの会


               詳しくはこちらへ♪ 

♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪





≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫