FC2ブログ

母の娘なんだ…と思った出来事

 2015-05-15
ちょうど1週間前、ヴァイオリンのレッスンの翌日に、
東京の西のはずれに一人で住んでいる母のところへ行きました。

わたしは音信不通気味の娘で、年に1、2回しか会いに行っていないけれど、
行った方が良さそうな電話が来たので。

母はずいぶん前から自分がいなくなった時のためにいろいろと準備をしていて、
(終活という言葉もまだ無かったくらい前からです)、
そろそろ自分も「卒業」の時期が近いのではないか、と思っているようです。

どこかとても具合の悪いところがあるという訳ではないけれど、
少し声の張りがなくなったかな…と感じました。
そうはいっても、週に一度ミニテニスへ通うくらい元気です。

マメな人なので、よく散らし寿司をつくってくれます。この前もそうでした。
「盛り付けて飾り付けをして」と言われ、
出された錦糸卵やしいたけの煮たのや紅しょうがをトッピングしていると、
「やっぱりそうだよね。」と。
「え、何が?」
「この前妹たちが遊びに来た時に頼んだら、ぜんぜん違ったのよぉ。」

わたしは白い酢レンコンや地味なしいたけは下に、その次に錦糸卵を敷いて
その上に色の鮮やかな絹サヤやゆでたエビや紅しょうがを乗せます。
母に順番を教わったのか、見てマネをしたのか分からないけれど、
見た目がキレイになるように、そういう順番なのです。

それを聞いた時、「ああ、わたしはこの人の娘なんだ…」と思った。
音信不通気味でも、一緒にどこかへ出掛けたりしなくても、
他の人には分からないようなものごとを、わたしと母はたくさん共有しているのでした。

どのくらい預金があるかやエンディングノートも見せられ、
数点しかない貴金属を持って行って、と渡され、
これでまた、母の計画は少し進みました。(笑)

「いつが最後でもいいように。」
なんだかこの前自分が書いたことと似ています。
行く前から母のそんな気持ちが分かったので、ヴァイオリンを持って行きました。

相変わらずのユーモレスク、でも前に聴いてもらったのは2年くらい前のことです。
「前よりも音が大きくなった。
 前は聞いているこっちの方が気が気じゃないような演奏だった。」と。
当時は良い音だと言われたような気がするけれど、本当はこう感じていたんだなぁ。

今年で79歳になる母に、「あと10年くらいどう?」と言ってみました。
「え~、あと10年も。」
いつ「卒業」しても良い準備ができたら、スッキリしてその後ゆったりと過ごせるかもしれません。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫