FC2ブログ

弦を換えたり肩当てをいじったり

 2015-04-08
時間が無いと練習できないのは分かるけれど、
今はそれほど忙しくないのにぼんやりとしてしまって、やっぱり練習がはかどりません。
バッハのアダージョ、すごく好きなのに楽譜を読んだそばから忘れていて弾けません。

気分転換に、久しぶりに弦を交換しました。
半年に一度は換えようと思っているのに、それをかなり過ぎてしまっていました。
交換してみると「ああ、もっと早くすれば良かった。」と思います。

音が大きくなる、出しやすくなる、音程が良くなる、ヴィブラートも掛かりやすくなる…ような気がする。
新しい弦は元気で弾力があるという印象です。
ピーンと引っ張られているのに、そんなふうに思います。

弓の毛替えとヴァイオリンの定期点検にも行きそびれているので近々行かなくちゃ。
弓も、かなり前から弾きにくいような気がしていたのに。

肩当ては少し前に、高さを出したくて工夫してみたけれどあまり良くなくて、
探してみたら以前は売り切れだった長い足のパーツが見つかったので買いました。

IMG_4024 (640x480)  左が長いパーツ 右は通常のもの

IMG_4021 (640x480)

マッハワンというメーカーのプラスチック製の肩当てを使っています。
長い足のパーツは1080円でした。
肩当てはこれでひとまず落ちつきました。

何を弾くにもたくさん練習しないとできるようにならないのだから、
将来的に弾きたいと思っている曲は、いつかと言わずにすぐにでもやった方が良いのだろうな。
いつか無伴奏ソナタの「プレスト」をやりたいと言ったら、先生がメモして下さっていました。
少しずつでも練習したらどうかということでした。

白鳥の湖の中に弾きたい曲があります。いつか必ずやりたいと思っています。
楽譜はパート譜を見ればいいのだろうけれど、ソロではできないので、ん~。
そんなことを思いながら、何も見ないで勝手に弾いたら、それだけで幸せな気分になりました。

ずーっと前にもそうやって勝手に弾いてみたことがあったけれど、
その時よりは少し音らしい音が出ました。
勝手に…ではなくて、きちんと練習した方がいいな(笑)。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫