FC2ブログ

ゆるゆる・ダレダレ~を忘れていました!

 2015-03-21
先日のヴァイオリンのレッスン、
仕事の予定を考慮していつもは2週間おきなのを3週間にしてありましたが、
それでも練習が進まず、練習不足のまま迎えました。

3巡目のカイザー18番、19番は一応終わったけれど、
バッハのアダージョは予定していた譜読みが半分しかできませんでした。

チューニングの様子を見ていた先生が「今日は音は良いです(^^)」と。
でも、肩当を調整して高めにしたことがあまり良くないようで、カサカサとした雑音が入るとのこと。
姿勢が良くなって気持ちいいように感じていたけれど、
結果として身体に余計な力が入って重心が上がってしまっていたのかもしれません。

止まっていた息を吐いて(笑)、ゆるゆると身体を緩めて、
ほんの気持ちヴァイオリンの高さを下げるといつものような音に戻りました。
いろいろなことを「やらなくちゃ!」と頑張ることが続いたので
身体にも気持ちにも余計な力が入ってしまっていたかもしれません。

今日、そんなふうにレッスンの時のことを振り返っていたら、
今年の目標は「ゆるゆる・ダレダレ~なわたしになる」だったと思い出しました!

もうそんなことはすっかり忘れてしまっていました。やれやれです…。
少しのんびりできるようになったので、思いっきりダレダレ~っとしちゃおう(笑)。

この前の仕事で聞いたヴィオラの音が気になったことをお話ししたことから、
先生のヴィオラを2本、弾かせてもらいました。
前にも触らせていただいたことがあったけれど、ヴィオラは大きい!
アゴで挟んだ時の厚みもぜんぜん違うし、
低音を弾くと振動で視界がブルブルと揺れるような気がします。

自分では弾き比べても良く分からなかったけれど、
先生が聴かせてくれたら、違いがはっきりと感じられました。
ヴィオラはヴァイオリンに比べて、大きさの上でも音色その他も個体差が大きいのだそうです。
先生の楽器は2本とも大きさは一緒ですが、音が違いました。

課題以外にもそんなことを試させてもらったり、音楽や楽器について少しお話ししたりして、
やはりレッスンへ行くと、帰りのほうが元気になっています。
わたしにとってレッスンの時間は、とても大切な時間なんだ…と改めて思います。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫