再会

 2015-03-30
先日のお金磨きのイベントに木下沢きのこさんと娘のユイさんが来てくれました。
突然のことでビックリするやら、嬉しいやら…。

ユイさんは昨年の9月に生まれた女の子。
きのこママのお腹の中にいる時から、「生まれたら一緒に遊ぼうね!」と約束していました。

きのこさんとユイさんはその頃から意志の疎通ができて、
タイジだったユイさんは、きのこさんを通して
「この世の真理」とも言えるような哲学的な話しをたくさんしてくれました。
何年も生きていると忘れてしまう大事なことをみんなに思い出させてくれた。

体を持ってこの世に生を受けたらタイジ時代のことを忘れてしまうかもしれないけれど、
その時は、今度はわたしが思い出させてあげる!とも思っていました。

生まれてから会うのは初めてだったけれど、「再会」。
こちらの世界へようこそ!という思いもありました。
抱っこさせてもらったらなんとなく馴染んだ感じでリラックスしてくれて、
きのこママはその間にお金磨きを。

きのこさんとわたし(と、当時タイジだったユイさん)は、
昨年の夏にいっしょに朗読とヴァイオリンの会をやるはずでしたが、叶いませんでした。
最近そのことを思い出して、やりたいな…と思っていたら
きのこさんも同じ事を思ってくれていたようで、さっそく打ち合わせをしました。

秋くらいに改めて一緒に会をやりたいと思っています。

きのこママのお腹の中で聴いたわたしのユーモレスク、ユイさんは覚えていてくれたみたいです。
興味を持って聴いていてくれました。
わたしはユイさんの目を見て弾かせてもらいました。

別れ際にもう一度ユイさんを抱っこさせてもらって、ギューっとしたら、
自分が抱いているのか抱かれているのか分からないような感覚になりました。
それが何だかとっても嬉しかった。
小さいけれど大きなヤツ、というのはタイジ時代から変わってないな。(笑)

きっと他の赤ちゃんもみんな小さいけれど大きなヤツなのだろうな。
赤ちゃんでも人生長く歩いてきた人でも、魂の大きさは変わらないのだろうと思います。
それが、わたしが人を尊重したいと思っている理由です。



お金磨きの合間にヴァイオリン(笑)

 2015-03-29
2つのイベントにお金磨きセットと相棒くん(ヴァイオリン)と参加したのですが、
自分で楽器を持参しておきながら、人前で弾くのはやはり抵抗があるのです。

タイムバンクスマーケットでは、お金磨きにきてくれる方がいたので、
なんとなく弾くタイミングを逃しました。(言い訳です)

でも、午後からは楽器をテーブルに出して、
暇を見てチューニングして消音機をつけて(笑)、すごく小さい音でちょっこっと練習をしました。
それを近くでBGMのように聞いてくださった方もいたようでした。(後で知りました)

自己紹介の時に、
「ヴァイオリンを持って写真を撮ってみたい方、どうぞ(^^)。」と言ってあったので、
数名の方が体験してくれました。

初めてヴァイオリンを持つ人に、
楽器の構え方、弓の持ち方を説明するのは意外と難しいですね。
せっかく写真を撮るのだから上手そうに見えるようにと思って頑張りました。

すんなり持てる人もいれば、何となくぎこちない感じになってしまう人もいます。
ん~、難しい…。楽器が2つあれば並んでこういうふうに…と説明できるんだけどな。
わたし、弓も1本しか持っていないのです。
でも、とっても喜んでもらえました。わたしも勉強になりました。

もうひとつの高円寺でのイベントでは、昨年の11月に続いて2回目ということもあって、
わたしがヴァイオリンを弾くというのは特別なことではない雰囲気なので安心して弾けました。
お金磨きの合間に手を洗って、少し隠れて練習してから、
ユーモレスクと、耳コピで練習していたとなりのトトロの「さんぽ」を弾きました。

他の事をやりながら聞いてもらえるのは気が楽ですね。
わたしの腕前がどの程度なのかも、もう知ってもらっているので自分なりに弾ければ良いのです。
とはいっても、やっぱりどこで弾いても緊張しないということはありませんね~。

ここにも時々書いている通り、
ユーモレスクはこのイベントでは初めてだけど前から練習している曲なので、
「前のとぜんぜん違う~!」と褒めてもらいました。
嬉しいな…。前のももっと練習すればよかったな(笑)。

10172711_532590396879598_6362911881906127187_n.jpg   ユーモレスクを弾いていると思われます。


ん~、こんな顔して弾いているんだ…。コワイ&なんだか偉そう。
複雑な心境になる顔です…(笑)。
写真からは音が聞こえないからまあ、いいか。

一つ前の記事に同じ日にお金磨きをしている写真を追加しました。
これとぜんぜん違う顔をしていて、自分で驚きます。
(あっちがいつものわたしだと自分では思います)

高円寺でのイベントには次は6月に出る予定です。またヴァイオリンも弾きますよ。




イベントいろいろ

 2015-03-27
先週の土曜日、「第3回タイムバンクスマーケット」というイベントに参加しました。
「お金を介さず才能のエクスチェンジをする。
タイムバンクスマーケットは
これまであった等価交換とは違う
新しいスタイルの才能エクスチェンジの場です。」ということで、

2月に開催された第2回に、初めてお金磨きで参加して、
今回はヴァイオリンを持って参加しようと思ったのですが、
「お金を磨きたい!」というご要望があったので、ヴァイオリンとお金磨きセットを持って行きました。

お金磨きは珍しいので体験して下さる方が次から次へと来てくださいました。
明治15年の二銭硬貨を磨きたいと用意してきて下さった方がいました。
古銭の価値は磨くと下がってしまうようなのですが、それでも構わないとのことで、
磨かれて100年来の汚れが落とされていくのを見ることができました。

二銭硬貨は500円硬貨よりもふた周りくらい大きな立派なものでした。
明治15年といったら今から133年前です!
10円硬貨と同じような年季の入ったこげ茶色になっていました。
今まで大切に保管されていただけでも嬉しいと思っているだろうけど、
まさか磨いてきれいにしてもらえるなんて嬉しいだろうな、と思って見ていました。

キレイになるうちに、『千と千尋の神隠し』でお風呂に入って綺麗になった河の神を思い出しました。
「よきかな~」
磨かれた二銭さまも、そう言っているように思えました。

21022_357740444431241_5524666006182600377_n.jpg

お写真は持ち主のNaruさんからお借りしました。
貴重な体験をありがとうございました。


昨日は高円寺でのイベントに出展しました。
春休みということもあって、今度中学生になる男子や小学3年生になる女の子も来てくれました。
だんだん集中してくると黙って一緒にモクモク磨く…というように、静かに盛り上がって楽しい♪

中学生でも小学3年生でも、磨くうちに自分でやり易い方法を見つけていきます。
それを逆に教わってわたしもマネしてみたり。
人として、何歳であってもその人を尊重したいと思っています。
だから一緒に何かするのがとっても楽しいのです♪


10431435_1625225101041410_8311215302250879631_n (1)



11077927_1625225184374735_5760416966319965609_n.jpg


どちらのイベントも相棒のヴァイオリンを持参していきました。
それについてはまた後日(^^)



「お金磨きとお金のはなし」

 2015-03-24
久しぶりに催し物のお知らせです。
いつものことながら、思い立って会をやることにしました!


「お金磨きとお金のはなし」


・お金磨きって何?
・お金を磨くとどうなるの?
・そもそもお金ってなんだろう?

お金磨きの達人がお金について語る、
他では聞けない目からウロコのお金の話し。
お金とのお付き合いはシンプルに気持ちよく!
この機会にぜひお金磨きを体験してください。

期 日  : 4月21日(火) 14時15分~ (1時間半程度)
会 場  : 恵比寿 備屋珈琲店貴賓室 EAST
参加費  : 3000円 (お飲物代込み)

お申し込みはこちらから → おかげさまで満席になりました

お金磨きを始めたのは5年前。
これまでお金磨きをするうちに、お金についていろいろと思うことがたまったので、
お話ししてみるのも良いかな~と思いました。
お金を貯める、増やす、節約する、ということとは無縁の、
ゼンゼン違った視点からのお金の話しです。
お金のイメージが楽しく軽くなったり、「お金」という概念が変わるかもしれません。
そんなお話しができたらなと思っています。

初めてのお話し会でどうなるか予想がつきませんが、
面白いことが好きな方、備屋珈琲店の素敵な個室を偵察してみたい方、など
ゆるゆるとした気持ちでお越しください!

お待ちしています~!

お金磨きとお金の話し


ゆるゆる・ダレダレ~を忘れていました!

 2015-03-21
先日のヴァイオリンのレッスン、
仕事の予定を考慮していつもは2週間おきなのを3週間にしてありましたが、
それでも練習が進まず、練習不足のまま迎えました。

3巡目のカイザー18番、19番は一応終わったけれど、
バッハのアダージョは予定していた譜読みが半分しかできませんでした。

チューニングの様子を見ていた先生が「今日は音は良いです(^^)」と。
でも、肩当を調整して高めにしたことがあまり良くないようで、カサカサとした雑音が入るとのこと。
姿勢が良くなって気持ちいいように感じていたけれど、
結果として身体に余計な力が入って重心が上がってしまっていたのかもしれません。

止まっていた息を吐いて(笑)、ゆるゆると身体を緩めて、
ほんの気持ちヴァイオリンの高さを下げるといつものような音に戻りました。
いろいろなことを「やらなくちゃ!」と頑張ることが続いたので
身体にも気持ちにも余計な力が入ってしまっていたかもしれません。

今日、そんなふうにレッスンの時のことを振り返っていたら、
今年の目標は「ゆるゆる・ダレダレ~なわたしになる」だったと思い出しました!

もうそんなことはすっかり忘れてしまっていました。やれやれです…。
少しのんびりできるようになったので、思いっきりダレダレ~っとしちゃおう(笑)。

この前の仕事で聞いたヴィオラの音が気になったことをお話ししたことから、
先生のヴィオラを2本、弾かせてもらいました。
前にも触らせていただいたことがあったけれど、ヴィオラは大きい!
アゴで挟んだ時の厚みもぜんぜん違うし、
低音を弾くと振動で視界がブルブルと揺れるような気がします。

自分では弾き比べても良く分からなかったけれど、
先生が聴かせてくれたら、違いがはっきりと感じられました。
ヴィオラはヴァイオリンに比べて、大きさの上でも音色その他も個体差が大きいのだそうです。
先生の楽器は2本とも大きさは一緒ですが、音が違いました。

課題以外にもそんなことを試させてもらったり、音楽や楽器について少しお話ししたりして、
やはりレッスンへ行くと、帰りのほうが元気になっています。
わたしにとってレッスンの時間は、とても大切な時間なんだ…と改めて思います。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫