浮気じゃないのよ(^^;

 2015-02-26
今日はヴァイオリンのレッスンでした。
仕事先からレッスンへ行くために先生の楽器をお借りしました。

普段は家を出る直前まで練習をしているのだけど、今日はそれができません。
午前中に1時間くらいバタバタと練習したけれど、やはりいつも以上にうまく弾けませんでした。
ん~、これがわたしの実態なのだなぁ…。
全然ダメだな~。ちょっと落ち込む…。でも仕方ないです。これが実力なんだから。

何の準備もなしに、楽器をさっと取り出して弾く…なんてことはありえないんだな…。
いや、それをやろうと思っているわけじゃないのですけど。

今日お借りした先生の楽器は、先生の楽器の中でわたしが一番好きなヴァイオリンでした。
これでバッハの無伴奏を弾く…なんて、本来ならばとっても嬉しいのだけど、
まだまだ全然そんな段階ではなくて残念です…。

弾く人が弾いたら、CDで聴くような最上級の音が出るはずの楽器です。
自分が弾いてそういう演奏ができるとは思っていないけれど、
ほかの曲を弾くのとは、ちょっと心持ちが違うのです。
ああ…、いつかちゃんと弾けるようになった時に、この楽器で弾いてみたいです。
それはいつになるのだろう…?その日は来るのか?

先日、自分の相棒くん(ヴァイオリン)から話しを聞いたこともあって、
先生のヴァイオリンはどんなことを思っているのだろう?と考えたりします。
今日は「このヴァイオリンと弓から、良い音の出し方を教えてもらおう。」と思いました。
曲になると全く余裕が無くなってしまったけれど、
ボーイングやヴィブラートの練習の時には、それを教えてもらえました。
一瞬、とても良い音が出たように感じました。

相棒くんを家において、先生のそのヴァイオリンを弾かせてもらうことは
なんだかちょっと浮気をしているような気持ちにもなるのだけれど、
先生の楽器は別格で、わたしにとっては憧れの存在、尊敬する楽器なのです。

この楽器を弾かせてもらったことがあったから、相棒くんを選ぶことができたと思っています。
楽器屋さんで相棒くんを手に取って初めて音を出した時、
この先生の楽器に似ている!と思って好きになったのだから。
その瞬間の嬉しいような、ビックリしたような気持ちを、今でもはっきりと覚えています。

その楽器をこれまで機会あるたびに弾かせてもらうことができて、幸せです。
初めてこの楽器を弾いた時、「良く鳴らせています(^^)」と褒めていただいたのを思い出しました。
鈴木教本1巻の「ロングロングアゴー」でした。

あ、今日は上手く弾けなくて落ち込んでいたはずだったけれど、
先生の楽器のことを思い出したら、幸せモードになりました。

明日から劇場に行くのでしばらくヴァイオリンは弾けません。
ん~、オーケストラが入るので、それを聴きながらイメージトレーニングだな。



わたしの特殊能力(笑)

 2015-02-24
例年この時期は忙しくないのに、今年はこれからたくさん舞台の仕事があり、
ちょうどその準備でちょっとワタワタと過ごしています。

タイツの色に合わせてバレエシューズを染める。
衣裳さんがやることが多いのかもしれないけれど、ボスの仕事はそれを請け負う慣例があります。
仕事を始めた頃からわたしはそれが得意で、わたしが知っている中では一番上手です。

タイツを見て、手持ちの染料のどれを混ぜたらその色になるかが分かる。
乾かすと色が変わるし、水の量でも変わります。
蛍光灯や自然光で色が合っていても、舞台では違う色に見えることもあります。

例えば、黒い生地でもライトによっては紫っぽく見えたり、茶色っぽくなったりということが起こります。
なので、もとのタイツの色と同じ性質の色にしなければ違って見えてしまいます。
見えていない、隠された色を読み取る…みたいなこと。

色を合わせるのが面白くて、絶対に同じ色にしたい!と思ってしまいます。
ダンサーの大切なつま先をキレイに見せたい。タイツと色をつなげてより足を長く見せたい、と思うのです。
(トウシューズではないので、男性ですが)

染められているグレーは結構難しくて、白と黒だけではまず同じ色にはなりません。
紫っぽいもの、茶色を含んでいるもの、緑だったり黄色だったりということもあります。
それを見抜いて色を混ぜていくのは楽しいです。マニアックなわたし…。
で、舞台へ行ったらその出来栄えを袖から眺めて、ひとりでニマニマするんです。

わたしは音から感情のようなものを感じているような気がします。
ドから感じる気持ちと、ラから感じる気持ちは違っているような…。
絶対音感とかないのでアヤフヤですが。
それと同じように、色からもうまく言えないけれど何か感じるものがあるのです。
色が違うとそれも違う。だからわたしには色を合わせることがそれほど難しくないのかもしれません。

誰からも教えてもらってはいないので、もともと持っているわたしの能力かもしれませんね。
デザイン関係のお仕事をしている人には当たり前のことなのかもしれないけれど。
これを活かせるのは何だろう?と思ったことがあります。
家の内装のリペアとか文化財の修復とか得意かもしれないです。しつこい性格だし。

なんとかヴァイオリンの練習もしてはいるけれど、ユーモレスクを弾く余裕がなくなってきました…。
でも稽古場で音を聞いたり踊りを見ていると感じることはたくさんあって、
間接的には音楽性を磨くことに繋がっていると思いたいです。



またやりたい時が来たら…

 2015-02-21
久しぶりにアーチェリーの練習場をのぞきに行きました。

先日、アーチェリー協会の理事長さんから電話がありました。
「どうしてるの?たまには顔を見せなさい。みんなが心配するから。」
ぶっきら棒な話し方だけれど優しい理事長さんにそう言われたら、行かないわけにはいきませんね。

一昨年に体調を崩して以来、アーチェリーはお休みしています。
もし体調が万全だったら以前と同じようにアーチェリーするかは、自分でも分かりません。
社会人選手権で優勝した後、その座を維持することに興味を感じませんでした。
むしろ否定的な気持ちが湧いてきて、それまで以上に楽しむアーチェリーがしたいと思いました。

自分を固定しようとする自分から自由になりたい。
周囲の人の期待に応えることを自分に強制しない。
自分の心が本当に望んでいることをしていたい。

少しずつメンバーも入れ替わっていくけれど、
アーチェリーのクラブも、わたしの帰れる場所のひとつです。
「またできるようになったらやればいいから、ゆっくりね。」と言われました。

一生懸命熱中して、気が済んでやめて、また戻って…というのは得意技です。
そういう気まぐれな自分を許せるようになりました。
またやりたい時が来たら、またできる時が来たら、弓を背負って練習に行くと思います。

練習場でいろいろな気持ちを味わったな。
本当に濃い時間を過ごしていたと、改めて感じました。
皆が的に向かって射つ姿を見ていたら、射った時の爽快な気持ちを少し思い出しました。



久しぶりのアンサンブル

 2015-02-19
一昨年から月に一度のアンサンブルに参加しています。今日は練習日でした。
12月の演奏会前には月2回くらい練習があったため、先月はお休みで今年初めて。
新しく何をやるのかな〜?
練習して行かなくていいのは楽チンだけど、
その日に楽譜が配られるということは初見で弾かなくちゃいけないんだな…。

幸い聞いたことのある曲だったけれど、
やっぱりわたしには初めて見た楽譜でみんなのテンポについていくのは難しいです。
とりあえず頑張って一拍目だけでも弾いて、重音は片方の音だけ弾いて、
なんとなく参加しているフリをしてしのぎました。

コンサートの後、事情があって退会した方がいるので新入会員募集中です。
わたしが入った時は「レッスン経験1年以上、アンサンブルが初めてでも可」という募集でした。
でも、結局集まったメンバーで今活動しているのは、わたしを除き経験豊富な方ばかりで、
その人たちのレベルに合わせて今の募集条件は、
「アンサンブルの経験があって、綺麗な音の方」ということらしい…。

わたしは初見は全然ダメだし、練習しても他の人に足並みが揃うまでに時間がかかるけれど、
音がギコギコしていないのと、すぐに出来なくても言われた事は理解できているらしいので、
なんとかセーフということのようです。

子どもの頃に弾いていた人や学生オケの経験がある人と同じようには出来なくても、
この頃、落ち込むことは前よりも少なくなってきました。

ヴァイオリンに必要なたくさんの要素をまんべんなくキレイな多角形のようにするのは難しいけれど、
どこかひとつか、欲を言えばふたつくらい、出っ張ったところがあれば嬉しいなと思っています。
ガックンとへこんでいる部分をならす必要も少しはあるけれど。
アンサンブルは一人で弾くのではないから。

行き掛けに乗り換えの吉祥寺駅で井の頭線の写真を撮りました。
到着した電車から降りた人波が過ぎるのを待っていたら、急に撮りたくなってiPhoneで。
眩しくて液晶が真っ暗になってしまって何を撮ってるのか分からなくなったけれど、
後から見たら電車の写真ではなく、光の写真になっていました。



11001751_746525148794133_8562888123913382745_n.jpg



「みほさんのスキルリーディング」

 2015-02-18
前にも一度だけ書いたことがありますが、
昨年からスキルリーディングというのを学び、今年に入って有料カウンセリング資格を取得しました。
スキルリーディングというのは、「統計学から導き出されるその人」を踏まえて、ご相談に応じるものです。

秋ごろから勉強を兼ねて、お試し価格で数十名の方とお話しをさせていただきました。
「面白かった。」「楽しかった。」「元気になった。」などと言ってくれる方が多く、
何をやっても、自分というのは出てしまうのだな~と感じます。

でも、「統計学の結果に沿った生き方をすることで物事が上手くいきます。」
と、勉強した通りに言うたびに、心のどこかがザワザワとしていました。
そして、「これは自分の生き方・ポリシーに反する!」という結論に至りました。

だって、わたしは自分がやりたいと思うことが一番大切だと思っていて、
それが一番力を持つものだと信じているから。
人が心からやりたいと思うことが上手くいかないわけがない。
たとえそれが統計学通りでなくても。

資格取得前にそれに気が付いてしまったのだけど、
その後も何名かの方とお話しさせていただく機会がありました。

わたしはその時、
「この結果にとらわれなくていいんですよ。
その通りだと思ったら信じれば良いし、何か違うな…と思ったらその気持ちに従ってください。」
と言いました。

このことを伝えたら、わたしの気持ちがすっきりとしていきました。
そうなんだ、わたしがやりたいのは提示した道に従ってもらうことではない。
自分の道は自分自身で決めてもらうこと。
そのための判断材料にスキルリーディングを利用してもらいたいんだ。

統計学の結果を詳細に伝えることができる方はたくさんいます。
わたしはまだ経験が浅く、それはあまり得意ではないけれど、
自分で決めた道を進むこと、自分のやりたいことを精査していくことは、誰にも負けない自信があります。
まあ、人と比べなくてもいいのだけど(笑)。

それを活かしたわたしだけのスキルリーディングを、
やりたいことがある人、自分で人生を創っていきたい人に使ってもらえたらと思います。
自分がやりたいことを聞いてもらいたい、わたしの話しを聞いてみたいという方も大丈夫です。



「みほさんのスキルリーディング」   90分 10000円

お問い合わせ、お申し込みは enjoy484♪jcom.zaq.ne.jp まで。
                   (♪を@に置き換えて下さい)



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫