雫カフェ「秋の麗し祭り♪」

 2014-11-29
以前スキルリーディングで伺った桶川のオーガニックカフェ雫さんで
「まるごと美しい私に気づこう♪ 秋の雫カフェ麗し祭り」がありました。

外見の美しさに気づく「花鳥風月スタイル診断」(酒井つまこさん)と、
内面の美しさを思い出すスキルリーディング(わたし担当)、
さらに美しいクリスタルボウル(優ゆうこさん)とライアーの音(バービー育美さん)で
癒される音楽会、というメニューでした。

わたしのスキルリーディングはまだ試運転中ではありますが、
雫カフェさんの発信力のおかげもあり、告知後すぐに満席となりました。

もともと持って生まれた自分の良いところを、何かのきっかけで無いことにしてしまった。
自分にはそれは無理、向いていない、似合わない…。
わたし自身、そんな経験をたくさんしてきました。

花鳥風月スタイル診断もスキルリーディングも、
もともとあったはずの自分の良いところ、素晴らしいところを
もう一度思い出すためのツールなのかな?と思っています。

雫祭りを体験して下さった方々は
今までの自分の勘違いに衝撃を受けられたり、
薄々気づいていたけれどやっぱり、と思ったり、
思いも寄らない新しい一面を知らされたり、
ヒーリングセッションのような音楽会で前代未聞の経験をしたりと
いろいろなものを受け取っていただけたようでした。


10815866_697801423666506_6741177_n.jpg  __ (6)

花鳥風月スタイル診断体験会             雫さんの美味しいパンケーキ

10822532_688563877928719_330634891_n.jpg    1618506_333005426890835_4995284843605017005_n.jpg

クリスタルボウル&ライアーの音楽会    


スキルリーディングにはすてきな個室を使わせていただいて、
ずっとそこに居たので音楽会は聞けなかったけれど、
3名の方とお話させていただけて、なぜだかとても嬉しい幸せな気持ちになりました。
ありがとうございます。

こんなに面白い世界にわたしを連れてきてくれた愉快で麗しい仲間たちと
オーガニックカフェ雫さん、昨日出会ってくださった皆さんに心から感謝です。



カイザーは嫌いなわけじゃない

 2014-11-26
カイザーは嫌いなわけじゃない…なんて、わたしにしては思い切ったことを書いてしまいましたが…。
イヤだイヤだもなんとやら…で、気が付いたら好きとか嫌いとかいうレベルではなく、
もうわたしの日常の中にすっかり入り込んでしまいました。

2年半くらい前に始めてから、日常生活の中ではいろいろなことがあるけれど、
このカイザーを「やらなくちゃ!」と思うことが、
何やらわたしの支えになっているのではないか?と思えて来ました。

とは言っても、やらなければいけない課題として
グレーの塊のようになって、今だって心の中にずーっと陣取ってはいるのですが。

36曲の中に時々好きな曲があって、
実は根暗なわたしが好きになるのは短調の曲がほとんどですが(笑)、
8番は明るい曲なのに、たぶん一番好きな曲です。

当初、1番・2番は先生もお手本を弾いてくれたけれど、
3番以降は楽譜から音を拾って、全く知らない曲を弾けるようにということで、
音源も付いている鈴木の教本での練習とは違って、楽譜が大の苦手なわたしは四苦八苦でした。
もう本当に、毎日具合悪くなりそうなくらいで。1巡目中はずっとほぼノイローゼ。(笑)

そうやって8番にたどり着いた時、これまで楽譜というただの紙に見えていたものには
音楽が書いてあるんだ!と、ようやく感じました。
誰のお手本も聞いたことがなかったけれど、
練習するうちに自分の気持ちが動いて、「こういうふうに弾きたい」と思うようになりました。

それなのに1巡目では全く思うようには弾けず、
先生と合わせて弾く2巡目でもやっぱり思うようには弾けず…。
3巡目ではもう少し弾けるようにしたいのです。
カイザーは3巡目で一旦終わりということなので、もしかしたらもう弾かないかもしれないし。

ひと弓でユラユラと移弦しながら音をつなげるのは苦手です。
どの弦を弾くのか分からなくなります。
書き込みもどんどん増えてしまって、もうグチャグチャです…。
でも好きです。(笑)

__ (8)



演奏会に行きました

 2014-11-23
今年久しぶりに開かれた「楽器フェア」というのに行きたいと思っていましたが、
無理するのは止めて、案内が届いていた地元の合奏団のコンサートに予定を変更しました。

肋骨のヒビは固定するベルトの加減が分かってきて、少し工夫したらかなり快適になりました。
が、調べたら他にもヒビが入っている箇所が見つかり、足の調子もイマイチなので
ビックサイトはちょっと自粛しておきました。

アンサンブルの合同コンサートが来月にあるので、
アマチュアの演奏会を予習がてらどんな感じなのか勉強に行くのが目的。
ヴァイオリンを始めたばかりの頃にも行ったことがあったけれど、
その頃よりも良い音になっているように思えました。
ん~、ああいう場所で一人だけ弓順間違えたら目立つな~。(誰も間違えていませんでしたが)
皆どんなふうに座っているのかとか、自分と体格が似ている上手そうな人を観察したり。

前はただ音楽を聴きに行っていたけれど、
規模が違っても自分もああいうところに座るとなれば、気になるところもちょっと違ってきますね。

今日の演奏会は小規模オケで、管楽器、打楽器、ハープも入っていました。
プログラムの後ろに、団員以外の賛助出演の方やトレーナーさんの名前があって、
どの人がその上手な人なのか、観察してみました。

まあ、分かりますよね…。
あそこに自分が混じったらどんなふうに見えるのだろう…?
怖い顔して固まって弾いているに違いない。
あ、でも3週間後だからまだ固まったままでしか弾けないかもしれません。



レッスンへ行きました

 2014-11-20
肋骨ヒビ入り中ですが、今日はヴァイオリンのレッスンへ。
本当はアンサンブルの練習もあったけれど、
どうやら2ヶ所行くのは無理そう…と夕べのうちにお休みを決めました。

痛いのは左側なので弓を動かす右よりは良かったです。
が、弾いても弾いていなくてもずーっと痛いです…。
と言いながらも、日常のこともなんとかやっていて、
大丈夫なのか大丈夫じゃないのか自分でも良く分かりません。

「大丈夫ですか?あまり大丈夫そうには見えませんが(^^;)」
「何度もこんなことでスミマセン…。」
あっちが痛い、こっちが痛い、手が動かない、足が動かないと言いながら
どんな状態でもレッスンに来ちゃう困った生徒だという自覚はあります。
あ、でもインフルエンザの時には、感染拡大予防のためちゃんと休みますよ。

先生はその時その時に応じて、できる範囲でレッスンを進めてくださいます。
今日はヴィブラートは止めにして、カイザーは29番と30番だけになりました。
7番、8番は強弱記号の通りに弾く予定でしたが、
フォルテ・ピアノはやらない方が良いと次回へ延期になりました。

ヴァイオリンを弾くと少し痛いのが楽になるような気がします。
弾くことに集中するからというのもあるけれど、
いつものように相棒くんから音がでてくると、ちょっとホッとします。

どんな時でもレッスンは楽しく、今日も行った時よりも帰りのほうが元気になりました。
家で「練習するのイヤだな~」と思うことも時々あるけれど、
課題が思うようにできていない時でさえ、
レッスンへ行くのがイヤだな~と思ったことはこれまで一度もありません。
これは本当に嬉しいことだな~。自慢できます!でも誰に?(笑)

こんなことを思っていたら、また痛いの少し忘れていました。
気持ちの持ちよう、ですかね。



新しい体験(^^;

 2014-11-19
日曜日に家の中でヘマをしてわき腹?胸?を痛めてしまいました。

月曜日、神経内科のゆるキャラ風主治医先生の予約日だったのだけど、
歩くと痛めたところに響いて、イテテテ…。あれ?最初は大したこと無いと思ったのに。
ゆるキャラ先生の診察は力比べで筋力の評価をするので、
「イタタタ…。」「大丈夫?」という会話をしながら(笑)、
シビレはあるけれど治療の効果で筋力は前よりもアップです。

歩いても座っても息をしても痛いけれど病院のはしごをする元気が無くて。
昨日の朝はやっとのことで起き上がり、
スポーツドクター先生のところに電車に乗って行くのは大変そうなので、
何度かお世話になったことのある近所の整形外科に行きました。

「ん~、肋骨折れてるかもしれないね~♪」…この先生も陽気な性格。
打った前側だけでなく背中も痛いと言うと「そうなりますよ。グルッと半身痛いでしょ?」
…ちょっと魚になった気分。先生、お願いだから笑わせないでください…。
レントゲン撮ったら骨にくっきりと線が入っていました。
「ん~、ヒビ入っているでしょ。折れてもズレていないから、まあ1ヶ月くらいでつくでしょう♪」

この先生、なんかいつも嬉しそうなんだよな~。
わたしの反応が先生をそうさせているのかもしれないけれど…。(自覚ありますが)
転倒して肋骨骨折というのは整形外科では超ポピュラーな症例のようです。
朝飯前の一丁上がり!という感じで、シップを貼って固定ベルトを巻かれ終了。

簡単な処置だけどかなり楽になりました。
病気やケガや入院・手術、骨髄提供の経験もあるけれど、骨は初めてです。
新しい体験に心開いていたら、望みが叶ったのでしょうか。

ヴァイオリンを弾く気にもなって、座ってチマチマと弾いてみました。
が、弾き始めようとする瞬間に息を吸おうとしてはいけません。
上体が固まっているといつもよりもさらにそっけない音になるけれど、弾けるだけでも良いですね。

明日はアンサンブルとレッスンのダブルヘッダーですが…。
アンサンブルのコンサートまで練習はあと2回しかないので行かなくちゃ。
何食わぬ顔でそーっと弾いて帰ってこようと思います。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫