FC2ブログ

映画『パガニーニ』を観ました

 2014-08-15
映画『パガニーニ』を観に行きました。
「水曜日はレディースデイ♪」だと思っていたら「サービスデイ」とのことで、
男女関係無く1000円でした。

__ (7)

映画というのは多くの人に楽しく観てもらうために創られているんだなぁ…と、
その思惑通りに楽しく観たと同時に、
パガニーニという人そのものにとても興味があったので、その印象がかなり違って…。

わたしのイメージの中のパガニーニは、
もっと頭のキレる、やり手で計算高くずるがしこく、体がきゃしゃで目が怖い人、でした。
勝手な妄想炸裂ですね…。

パガニーニ役のデビット・ギャレットさんのヴァイオリンの腕前は、もちろんすごいのだと思いますが、
それよりも当時を再現した街並み、馬車、船、家具、衣装…などに目が行って、
中でもコベント・ガーデンの劇場シーンに、色々思うことがありました。

海外には古い劇場がたくさん残っていますが(今のコベント・ガーデンは立て替えられたもの)、
照明設備など、電気を使う前の様子がちょっと分かって面白い。
でも、楽団の後ろに白鳥の湖みたいな書き割りバック幕があって、本当に?と思うし、
火薬を使うのは良しとして、デビルの影を出すための方法は色々考えられるけれど、
当時あれをやることはちょっと難しいんじゃないの?とか、一人で突っ込みを入れて観てました。

なぁんだ…、わたしヴァイオリンの人というよりも、やっぱり裏方目線で観てしまうんだな。
面白いというか、つまらないというか…。

先日テレビで葉加瀬太郎さんが「タイムマシンがあったらブラームスに会いに行く」と言っていたけれど、
わたしはパガニーニの演奏を観てみたいと思っていました。

テレビもインターネットも飛行機もない時代に、短期間で超有名人になったのは、
映画のように、有能なプロモーターがついていたのでしょうか?
人の噂は尾ひれがついて大きくなっていくもので、実際は意外と普通の人かもしれないけれど、
ヴァイオリンは神レベルに違いない。

パガニーニが手にしたグァルネリ「カノン砲」は、当時作られて60年くらいだったはずだけど、
その時にはどんな音がしていたのかな?今と同じ音ではないと思うけれど…?
わたし一人じゃ分からないかもしれないから、ぜひ先生にもご同行願いたいです。

と、考えはあちこちに飛躍していって、止まりません。
ともかく、前から観たいと思っていたので、行けて良かったです。



ダメよー、ダメダメ!

 2014-08-11
音楽を聴いて湧き上がるもの以外に、時々衝動的にやってくるものがあるのです。





元ネタは「日本エレキテル連合」という芸人さんのコントです。
「だめよ」で検索してみてください。すぐに出てきます。

思いつくことに素直に身を任せていると、こんなことになっちゃいます。
でもやりたくなっちゃうのだから仕方が無い…。
ヴァイオリンの練習や楽譜を起こしている時とは違った楽しさですね。
まあ、単純にただ「楽しい」です。
夏の自由研究その②がサクッとできちゃいました。

オタマちゃんはお化粧を落として、無事にいつもの顔に戻りました。

__.jpg

わたしもいつものわたしに戻って、ヴァイオリンの練習をしよう。
遊んでばかりで、肝心のやるべき課題(カイザー)がなかなか進んでいません。
そんなんじゃ、ダメよー、ダメダメ!



楽譜を起こす

 2014-08-09
楽譜が苦手で嫌いですが、今日は無謀にも楽譜を起こすという作業に挑戦しました。

来月ほんのちょっとだけヴァイオリンを弾く機会がありそうで、
いただいた音源から自分が弾くところだけを抜き出しました。
楽譜ももちろんあると思うのですが、良い機会だからやってみようかなと思って。

何度か聞いて覚えて、それをiphoneのピアノアプリで弾いて音を確かめながらという作業。
短いフレーズなのでミミコピで弾いても良いのだけど、
ボウイングをどうするかとか、やっぱり書き込まないと忘れてしまうので、
覚えるまでは楽譜があったほうが良いみたいです。

ト音記号を書いて、何調かは後回しにして(笑)、たぶん4分の4拍子だからCと書いて。
最初が休符みたいだけど、この休みはどの記号だっけ?と調べて(調べないと分かりません)、
1小節を4分音符4つ分にするために、分かりにくいところは16分音符で数えたりして、
なぁんだ、結局楽譜苦手なわたしが普段解読していることの全く逆をすればいいんですね。

ん~、でも何調か分からない…。
ピアノアプリで弾くと、ドとファ以外は黒鍵になります。
さて、この音は♯ラ?それとも♭シ?なんとなく野生の勘で♭と決めました。
♭5つは調べてみると変ニ長調か変ロ短調になります。
たぶん長調だと思うのだけど、微妙な感じで良く分かりません…。

とりあえず♭を5つ、ト音記号の横に順番を調べながら書き込んで完了です!
たった8小節だけど、結構時間が掛かりました。でも、ちょっと賢くなった気分。

ちなみに黒鍵を♯と考えるとどうなるの?と、♭レを♯ドにして音階を弾いたら、
ミの♯は白鍵のファに、シの♯は白鍵のドになってしまった…。当たり前だけど。
こうすると、7つの音全部に♯をつけなきゃならない…。
そんなのあるの?!と思ったら、ありました。「嬰ハ長調」

「変二長調」と「嬰ハ長調」は「異名同音調」と言うらしいです。
ピアノで弾くと同じ音ですが、ヴァイオリンでは「♯ドと♭レは違う音です(^^)」と習ったし、
もう、何が何だか分かりません…。
とにかく、わたしは分かりやすいのがいいので♭を5つで良いことにしました。

ああ、これを書くのにもずいぶん時間が掛かってしまいました。
でも、興味を持ったことは調べる気になるし、分かっても分からなくても面白いですね。
勉強というのはこうやってやるものかもしれません。ほんとは分かるまで調べるのだろうけど(笑)。

さて、ヴァイオリンで弾いてみたらあまり響かないです…。
開放弦と共鳴しにくいのかな…?わたしが上手じゃないからかなぁ…。

長々と分かりにくい話を読んでくださってありがとうございました。





3週間ぶりにレッスンへ

 2014-08-08
3週間ぶりにレッスンへ行って来ました。

今回の課題は2巡目のカイザー16番と17番。
「忙しくて練習が進んでいなくてもレッスンの場でどうにかできれば良いですので。(^^)」
と言っていただいているにも関わらず、なんとかできなかった16番は前回からの持ち越しです。

その後の練習で家では普通に弾いていたはずなのに、先生と一緒に弾き始めたら頭が白紙に。
楽譜は見ようと意識すればピントが合って見えるのに…。
こうなってしまうのは、やはり弾けてないということなのでしょうね…。

無理やり何とかしたレベルですが、次回は18番と19番へ進みます。

その後はヴィブラートの練習を。
以前ヴィブラートの練習用にやっていた「ユダスマカベウス」「カイザー2番」の楽譜を出されたら
あれほどやっていたのにまやもや初めまして状態で、わたし、本当に楽譜が分からない人です…。
でも左手の調子は良くなってきていて、ヴィブラートは前の動きに戻って来ているようでした。

体の動きとヴァイオリンの弾き方についていろいろと考え始めていて、
ヴァイオリンを今までよりも少し高く構えたら、ヴィブラートが掛けやすくなっています。
ご報告したら「それは大発見ではなくよくあることです(^^)」だそうです。もっと早く気付けば良かった…。
誰でもそうなるということではなくて「手の長さや押さえ方によって変わる(^^)」ようですが。

高く構えると弓の圧力が掛かりにくくなるので、その兼ね合いを考える必要はありますが、
なんだか高い方がわたしらしいと感じます。

あらためて有名ヴァイオリニストたちの映像を見ると、色々な演奏スタイルをしています。
でもそれは、こういう体勢で弾くのが好きだから、という理由ではなく、
求める音、演奏のためにそのような演奏フォームになっているということです。
またもやわたしの発想は逆でした。あらら…。

演奏家の弾き方を形だけでなく弓の使い方までマネして弾いていみるといろいろ発見があるとの事。
その人の楽器と弓で、同じような姿勢、弓使いで弾くと、そのような音が出る!のだそうです。
演奏の姿勢は使っている弓によって決まってくる要素が多いとも。
ん~、そこまでわかるようになったら面白いのだろうなぁ…。

わたしの夏の自由研究は有名演奏家の弾き方をまずは観察することです。





楽譜が読みにくいのは目のせいかも

 2014-08-05
舞台の仕事が一段落してゆっくりしています。

昼間の暑さ、外へ出ると日差しが痛い&熱いです。目もチカチカする…。
もう数日間のんびりしていますが、暑さのせいか元気が復活しません。

ヴァイオリンの練習をしてみたら、この前嬉しい気持ちで練習を終えたのは夢だったの?という状況。
ん~、またまた相棒くんを遠くに感じる…。こっちが夢だったらと思います。

先日改めて気が付いたのだけど、どうも目がよく見えません。
40半ばという年齢から考えれえば見えにくくなって当たり前、しかも視力1.5なので。
白髪はいつ探しても3本しかないのに。(これは本当に!ふふふ…自慢ですけど)

2年位前に緑内障の検査をした時にもすでに見えにくいとは感じていて、
100円の老眼鏡を試しに買ったけれど、それ程不自由ないので使わずに過ごしていました。
小さい字が読める時もあるけれど、日によってはそれほど小さくない字でもぼやけます。
日によって見えたり見えなかったりするのも老眼なのかな?

楽譜はヴァイオリンを構えた先にあるので60センチくらい離れたところにあります。
カイザーの楽譜が読みにくいのは好きじゃないから?と思っていたけれど、
見えない日が続いていた時に、まさか…と思いながら100円老眼鏡を掛けて見たら、
なんと、良く見えるではありませんか!!

音符がそれほど小さい訳じゃないし、離れているし…、何で?
もっと小さいiphoneの文字も普通に読めているけど?
理由は何にしても、見やすいほうが良いのだろうなぁ。
意識してピントを合わせるための労力を、弾くことに回した方がいいですよね…。

今までメガネをかけた経験が無く、とっても抵抗があります…。
緑内障の再検査も兼ねて、メガネ屋さんよりも眼科へ行った方が良いのだろうなぁ…。
と思うけれど、暑さにかまけてウダウダしちゃう。



≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫