「勢い」が通用すること・しないこと

 2014-06-30
週末の2日間は舞台の仕事に行っていて、果ててしまった感のある月曜日です。

劇場での仕事はスムーズに行かないことも多いので、
ぶつかり合ったり落ち込んだり、上手くいくと気持ちが揚がったり。
大勢の人が同じことに向かって動くため、状況で場の空気は大きく動いて、
自分の気持ちをその流れの外に置こうとしてもムダな抵抗に終わります。
わたし、思いっきり渦中の人でした。

筋力低下中で物を運んだりするのが大変なので、これで役に立つのか?と思っていたけれど、
現場ではそんなこと言ってる場合ではないので、そこそこ動けるこの不思議…。
でも2日間が限界かなぁ…。

ヴァイオリンを弾くのはそういった「勢い」が通用することとは違って、
もっとデリケートな動き(筋力<コントロール)なので苦手なことが増えてきています。
ヴィブラートがカクカクする、指が回らない、弓を持つ手首が意識しないとへの字になる…など。
んん…、でも、もともとヴィブラートあまり動かないし、指も回っていないけれど。

ただ、曲を弾こうとする時には、その「勢い」が少し通用するみたいで(ヤッター!)
他のものを弾いているときよりも大丈夫です。

今日から5日間の連続治療が始まりました。

いつも終わった直後から快復し始めて1ヶ月くらいは好調な時期です。
舞台の仕事に行っている間はヴァイオリンの練習ができなかったけれど、
11日の会当日には今よりも良い状態になるともくろんでいて、なぜかそのことについてはとても楽観的。

毎朝9時に病院に行くのは通勤ラッシュ真っ只中の電車で大変だけど、入院よりは良いです。
毎日ヴァイオリンを弾くこともできるし。
治療は一日5時間くらいかかるので、時間を何に使うか楽しみなのだけど、
今日はお疲れなので静かに横になっていました。

明日は何のネタ、持って行こうかな。(笑)



♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪

 ~  お知らせ ~

  7月11日(金)
  「やりたいことをやるために生まれてきたから vol.1」 
                          朗読&ヴァイオリンの会

               詳しくはこちらへ♪ 

♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪





卒業の儀式

 2014-06-26
息子が二十歳になりました。

20代半ばで彼を生んだ頃は、息子が二十歳になった時の自分の年齢を思って、
「そのくらいの年齢でお母さん卒業なんだ~」と思っていたけれど、
実際にはそれより早く子供と母親という関係から卒業していたように思います。

もちろん今だって「明日何時に起こしてください。」と言われるし、洗濯も、ご飯も作っているけれど、
それ以外に頼まれることも頼られることもほとんど無く、
同じ屋根の下で、別々にお互いに自分のやりたいことをやっている同居人のような暮らしです。

中学生の頃から大人びた雰囲気を持っていて、一緒にいる同級生たちが幼く見えました。
一人っ子でマイペースで多くを語らずクールだけど、心の奥には何か熱いものもありそうです。
母親はひとり息子を大好きですが、
それを押し付けて彼の邪魔をしないように、自分の好きなことに没頭しています。
(あ、好き勝手やってる言い訳にしてしまった…笑)

先月のこと、普段いじらない場所から大きなサイズの結婚指輪を見つけてしまいました。
そういえば、自分のはどこだった?と記憶をたどったら、別の場所から出て来ました。
奥さんを卒業してもうかなり年月が経っているのに、こういうことに無頓着だったのでそのままでした。

息子も二十歳になったのだし、良い機会なのできちんとしよう。
調べてみたら、不用になった貴金属を寄付して他の事に役立てられることが分かりました。
これがわたしにとって、一番気持ちの良い方法です。

送る前に、最後に一度おそるおそる(笑)はめてみたら、
前には身体の一部のように感じていたはずが、とても違和感を感じました。
ですよね…。ヘンなこと試してしまった…。

これまでの体験に敬意をはらって、儀礼的な気持ちではあったけれど、
ふたつ一緒に手に持って、心の中で「ありがとう」と思ったら、
突然、わぁ~っと感情がやってきて、全く予想外の自分の反応にビックリして、
ひとりで泣き笑いしながら「こんなはずじゃなかった…」と思いました。

で、その言葉を一瞬、離婚したことに当てはめそうになって、
「いやいや、そんなこと全然思ってない、ない!」とひとりボケ突っ込みして、また苦笑。

ああ、そうやって連想ゲームのように思考は勝手に筋書きをつくり、
感情は自分の意思とは関係なく、勝手に湧いてくるものなのだなぁ…と可笑しくなりました。
ちょっと、キツネに憑かれた感覚?のような、不思議な体験でした。

20年の履修過程を終えて、また卒業しました。
いちいちこんなこと書かなくても…と心のどこかで思うけれど、どうしてかこうしたくなりました。
「卒業式」かな。

IMG_3712 (640x480)



♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪

 ~  お知らせ ~

  7月11日(金)
  「やりたいことをやるために生まれてきたから vol.1」 
                          朗読&ヴァイオリンの会

               詳しくはこちらへ♪ 

♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪





会場の下見に行きました

 2014-06-24
先週、木下沢きのこさんと二人で(あ、お腹の中のタイジも一緒に)会場の下見に行きました。

賑やかな六本木の街中にあるとは思えない、外とは別世界のような静かなお部屋です。

t02200293_0800106612975205851.jpg  撮影:きのこさん

大きな窓があって、お天気が良ければとても気持ちのよい空間になると思います。

朗読の後ろで弾こうと思ったテレマンのファンタジア、
初めて聴いた時だったのかは覚えていないけれど、曲の最初の部分を聴いていると、
きのこさんの朗読の声と、景色のような、イメージのようなものが頭に浮かんでいました。
「山崎 春のパン祭り♪」みたいな真っ白い食器が並ぶ、朝の幸せな食卓のような。
そんな妄想にぴったりのお部屋です。

「この曲をバックに何か読んで欲しい」というわたしのお願いに応えて
きのこさんがいくつか読むものの候補を見せてくれた中に、
そんなイメージにぴったりの詩があって、それを読んでもらうことに決まりました。
曲とお話しの流れが不思議なくらいピッタリです。(と、わたしは思います。)

計算外に、でもどこか当然のように、
いろいろなことがピッタリとはまっていくのが、ちょっと不思議だけど面白い。

ヴァイオリン、練習しています。
演奏の早さ、長さ、音の大きさなど、どうやりたいかがようやく具体的になってきているので、
それに合うように考えることも必要だったり。
なかなかいつまでたっても「これで安心。」とは程遠く…。

でも、当日自分がどんな演奏になっても、それがその時の最良の出来事になると信頼しています。

(でもでも、ちゃんと弾きたい…笑)



♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪

 ~  お知らせ ~

  7月11日(金)
  「やりたいことをやるために生まれてきたから vol.1」 
                          朗読&ヴァイオリンの会

               詳しくはこちらへ♪ 

♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪



相棒くんとレッスンへ

 2014-06-19
今日は新しいケースに入れた相棒くん(ヴァイオリン)と一緒にレッスンへ。

楽器の点検と弓の毛替えをした事をご報告して早速チューニング。
「それでは松脂が足りません(^^)」と先生。
毛替えをした弓には使い始めにたくさん松脂を塗らないと音が出ません。
わたし、初めて使う時に結構塗って、それで満足していました(笑)。
言われてみれば、家で練習している時に「何かヘン?」と思ったのはそのせいかもしれません。
自分の弾き方のせいかな?と思っていました。

今回のカイザーは2巡目の13番と14番。
家でどちらも練習を始めたけれど、また左肩の様子がおかしく、14番を途中であきらめました。
これまではかなり無理してでも何とか納得できるところまで弾けるようにしようとしていたけれど、
今、カイザーで無理をするのはやめようと思ったのです。

「ゆっくりでもつっかえつっかえでも良いので、やりましょう(^^)」
「!!!」 (ドッキリ)
先生はいつものように穏やかなままですが、あきらめさせてくれませんでした(笑)。
「でも身体のことで無理があったらおっしゃってください(^^)」
ゆっくり2回弾いて、途中怪しいところもたくさんあったけれどこれで良い事に。

やっぱりあきらめずにやった方が良かったんだなぁ。次回はそうできるかな…。

朗読の後ろで弾く曲はテレマンの「無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア」の1番1楽章です。
ヴァイオリンの調整が済んで、前よりも大きな音が楽に出るので
「そんなに弾こうとしなくて良いです(^^)」と先生。
あーそうだった、そうだった!
何かが変わればそれに合わせて弾き方を変える必要があるんだった!

朗読とヴァイオリンの会について、「参加費をいただいての会です。」とお話ししたら、
わたしの腕前を誰よりも良くご存知なので、
もしかしたら困った顔をなさるかもしれないと思っていたけれど、そんなことはありませんでした。

先生は、ヴァイオリンを楽しめるように弾き方やその他多くのことは教えるけれど、
そこから先、どのようにヴァイオリンを楽しむかは当人に任せるという考えをお持ちです。(と思います。)

レッスンの後、お聞きしたいことがあって質問したら、
いろいろと弾いて実演付きで説明して聴かせてくださいました。すごく良く分かりました!
百聞は一見にしかず。新しく知ったこともありました。

というわけで、今日はレッスンの後、とっても元気になって帰ってきました!!



♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪

 ~  お知らせ ~

  7月11日(金)
  「やりたいことをやるために生まれてきたから vol.1」 
                          朗読&ヴァイオリンの会

               詳しくはこちらへ♪ 

♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪



新しいヴァイオリンケース

 2014-06-18
ヴァイオリンを持って出掛けるのが重たくて大変だなぁ…と、ずっと思っていたけれど、
ヴァイオリン本体は軽いので、それはケースの重さです。

今までずっと「相棒くんを大切にしたい」と言う理由から、しっかりとしたケースに入れていました。
軽いのに変えてしまったら、前のように重いものを持てるようになることを放棄するような気もして、
なんとなく意地を張って、がんばって持ち歩いていたんですよね…。

自分のこと、なんでも割り切るドライな人になってきた気がしていたけれど、
気合とか根性とかいう言葉も好きだったし、ずっとそういう場所に居たからな。

ようやく、根性よりも合理性を優先することにしました。(遅いだろ!と自分の突込みが…)
ケースが重たいために相棒くんを連れて歩けなくなったら本末転倒です。
観念して軽いケースを買いました。

楽譜は入らなくなるし、あまりに軽くてちょっと頼りないような気もするけれど、
物理的な重さだけでなく、気分も軽くなったみたい。
これでヴァイオリンを持っていくのに「大変だなぁ…。」と思うことはなさそうです。

今までのケースにヴァイオリンその他を入れて重さを量ってみたら4キロ。
今度のケースに入れると2キロ、半分の重さです!
大きさも小さくなったので、その点でもかなり楽チンです。

持って歩くのが楽になったので、ヴァイオリンの点検と弓の毛替えに行きました。
半年に一度と思っていたのが、いろいろあって1年ぶりになりました。
この1年は2度の入院や倦怠期(笑)などあって、今までよりも弾いていないはずだけど、
いやいや、メンテナンスは必要です。

弓は毛がきれいなリボンのように揃って、弾きやすくなりました。
ねじの部分もなんとなく調子が悪かったのが直りました。

ヴァイオリンの方は特に問題は無かったけれど、少し魂柱の位置を直してくれたそうです。
今までD線の音が他の弦に比べて大きいなと感じていたのが、
4本の弦のバランスが良くなったような気がします。

まずはできることから準備を整えています。(笑)


♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪

 ~  お知らせ ~

  7月11日(金)
  「やりたいことをやるために生まれてきたから vol.1」 
                          朗読&ヴァイオリンの会

               詳しくはこちらへ♪ 

♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫