FC2ブログ

パーツが替われは弾き方も変わる!!

 2014-01-08
昨日は年明け初めてのヴァイオリンのレッスン。

新しい顎当てを先生にお披露目です。
わたしがチューニングする音を聴いて「うん、うん(^^)」とうなずいています。
「やっぱりクローソンの音になりますね(^^)」音がまろやかになる、雑味がなくなるそうです。
高い音の雑音が減って、でもE線の音が伸びやかになったような気がします。

前に先生の顎当てをお借りした時にも言われましたが、
パーツを替えてハッキリ音が変わる楽器は悪い楽器ではないとのことです。(褒められた!!)
「悪い楽器は何をやっても同じ音が出ます。(^^)」

「今日はバッハのブーレ(今度演奏する曲)とできればカイザー32番もやりたいと思います。(^^)」
「????」
発表前だからブーレの特訓??以前は人前で弾くと言ってもそんな特訓はなかったけど…?

その答えが次第に分かりました。レッスン始めのボーイングの練習の時から
「まだ擦り過ぎです。(^^)」「弓がかすれるギリギリの加減で…(^^)」
「今までよりも相当うっすらと塗る感じに(^^)」
なんと、顎当てが替わったために、それに合わせた弾き方をする必要があるとのこと!!!

これまでの粘った絵の具を塗り広げる感じから、「そんなに慎重にならなくてもちゃんと塗れてしまう状態」
で弾けるようになっているとのことです。
「絵筆(弓)の持ち方も、もっと適当でいいです。がっちり持ち過ぎですので(^^)」
「相当弓幅を広めにできますか(^^)」「空中を大きめに撫でている感じに(^^)」
先生のお話しを聞きながら、書道の草書が思い浮かびました。(書道くわしくないのだけど…)

音がかすれなくなっているので、弓幅を広げるまたは駒寄りで弾くことができるようになっているそうです。
実際に、これまでだったらカスカスになっちゃうような弾き方で、
空気に混じって遠くまで届くような良い音になります。

「良いものは楽に弾ける」パーツにしても楽器にしても、そういうものだそうです。
クローソンの顎当てをわたしの楽器につけたらどうなるか、先生は予測されていて、
弾き方を変えて慣れるために、近々演奏予定のブーレを特訓(?)する必要があると思ったのですね。

自分では顎当てに合わせて肩当を調節するのが精一杯で、
弾き方を変えるなんて思いもよらないことでした。
豚に真珠、ネコに小判になるところだった(汗)

久しぶりに先生のお部屋が実験室のように感じて、
不思議で面白く、嬉しく楽しいレッスンになりました!
クローソンの顎当ては高価だけど、それに見合った価値のあるものだと実感です。
良いお買い物をしました。




クローソンの顎当て

 2014-01-06
ヴァイオリンの顎当てを新しいものにしました。クローソンという有名なイギリスのメーカーのものです。
元旦に届いたので、自分へのお年玉ということに…。

IMG_0907 (640x480)  IMG_0909 (640x480)

前に一度、先生がご自分の楽器に付いているものを外して、
わたしの楽器に付けて試させてくれたことがありました。 → 2012.10.11 今日はレッスン

あれ以来、わたしも同じものが欲しいなぁ~と思っていたのだけど、
わたしにとっては高価なものなので、「いつか…」と思ったまま長期保留になっていました。

先回のレッスンで先生がわたしのヴァイオリンの駒の調整をしてくださって、
良い音が出るようになってとっても嬉しくなりました。
録音聞いたら先生の楽器と同格くらいに聞こえた!!←勘違いですね(^^;)
それで「楽しみを先延ばしにしない」という気持ちが湧いてきて、年末に注文するに至りました。

正月早々、さっそく届いた顎当てをわたしの楽器に装着。
音を出してみたら「!」、なんだか先生のヴァイオリンの音に近づいたような気がする。
これもまた勘違いかもしれないけれど、音が太くなったような、音に芯ができたような、そんな感じ。

毎年そうですが、お正月はヴァイオリンの練習をして、他のことはほとんどしません。
年明けに演奏する機会があり、レッスンの課題もあるのでやることがたくさん。
新しい顎当てで、調子に乗って練習していたら、
今までのものと少し感じが変わったので、普段と違うところに変な力が入ったのか、
肩と首が痛くなっちゃいましたが、肩当を調節して今は違和感なくなりました。

ストラディヴァリにもこれをつけるというような最上級の顎当て。
でもわたしの楽器に不釣合いだとは思いません。親バカですかね…。
あとはいつものことだけど、わたしがこの楽器に相応しくなればいいんです。



祖父は写真家でした

 2014-01-05
IMG_0920 (480x640)


   わたしのこれまでの人生の中でのベストショットです。
   
   写真館をやっていた祖父が撮ってくれました。
 
   「みほ、床屋さんやるぞ。」と、よく髪を切ってくれました。

   この髪も、祖父が切ってくれたのだと思います。


今日は祖父にお別れに行きました。
隣に住む叔父やヘルパーさんの手を借りながら、自宅で過ごしていましたが、
12月31日、叔父が買い物から戻ってくると、一糸乱れぬ姿で静かに動かなくなっていたそうです。
101歳でした。

祖父は10代の頃、写真を勉強するために海外へ渡り、帰国してからは商業写真の仕事をしていました。
徴兵されて、国内にいるうちに終戦となり、その後しばらくしてから写真館を開いたそうです。
家族が大勢いるのに仕事があまりなく、大変な時期もあったようですが、
祖父は写真以外の仕事はしなかったそうです。
話しを聞くととってもカッコいいけれど、祖母や母たち兄弟は大変だったみたい。

母は8人兄弟の一番上で、今日は叔父さん叔母さん夫妻や従兄弟たち夫妻が大集合で
身内だけのお葬式なのに団体さんとなって、とっても賑やかでした。
久しぶりに叔父さん叔母さんと会って、
子どもの頃、よく遊んでもらったりかわいがってもらったのを思い出しました。

写真の仕事は叔父さんが継いでいます。
家系のせいか、人が集まるとすぐ集合写真を撮ります。プロだから手際よく人を並ばせて、さすがです!
で、全員で写りたいのにカメラにセルフタイマーがついていなくて、
「おじいちゃんに押してもらえば!」なんて冗談も出たりして、ワイワイ・ガヤガヤと楽しいのです。
(シャッターは葬儀社の方にお願いしました)

大勢の親戚の中で母や弟を見たら、少し年取って見えました。(兄は欠席…)
ということは、わたしも…?
でもこの写真持参して見せたら「変わってない~!」と言われたので、まあいいか。

100年生きるということは、本当に大変なことだと思います。
最後も立派で、できればわたしもマネしたい…。
おじいちゃん、今頃は身軽になって一休みしていることでしょう。



すべては自分しだいです

 2014-01-03
今年は例年になく寝正月となっています。毎日、日が高くなってから目が覚めます。
一年分の寝だめしてるみたい…。更にウワテの息子は昼に起きてきます。

ようやく初詣に出掛けました。
毎年、歩いて行ける大きなお寺にお参りしています。
昔、息子が通っていた保育園がその近くにあり、お散歩で境内にお邪魔することも多かったようで、
きっと今でも見守ってくださっているのではないかと思うので。

磨いた5円を半紙に包んで持参しました。
今年はわたしが磨いたお金や、一緒に磨いたお金がいろいろな所にお参りに出掛けています。
ご報告をいただいたりして、とっても幸せな気分です。ありがとうございます!

__ 1   __ 2   __ 3

息子と自分の健康お守りを買いました。
病気平癒お守りが一緒に売っていましたが、自分が病気だと思うのが好きじゃないので却下です。

自分が幸せかそうでないか、健康かそうでないか、決めるのは自分だと思っています。

そんなことを改めて考えながらおみくじを引きました。吉でした。
「吉凶一紙の内にあり、吉と変ずれば吉または大吉を生み、凶となれば凶または大凶を来たす。
多くは一面大凶の内に多面に吉慶を含むが故、曇り無き思い遣りの念を忘れず自信を持って励むべし」

ああ、わたしのために書かれたような文面です。
大凶じゃないほうが良いけれど、その中の吉をたくさん見つけるのは得意です!
すべては自分しだいということですね。
はい!自信を持って励みます!!



あけましておめでとうございます

 2014-01-01
あけましておめでとうございます。

今日は自分へのお年玉が宅急便で届くので、初詣は明日へ延期です。(届いた!嬉しいー!!)
お賽銭用の5円玉に更に磨きをかけて、準備しておきました。

過ぎたことを振り返らない、先のことを心配しない主義ですが、こういう節目には少しだけ。
昨年は、「いつかこうしたいな」と思っていたことが、
そのこととの関連もわからないまま「なんとなくピンと来たから」という理由で行動したおかげで、
実現したことがたくさんありました。

ワークシートの会、アンサンブルデビュー、アルバイトを辞めた、スマイルカフェでお金磨き…。
新しくたくさんの人に出会い、その中で自分がどんな人なのか再認識することもありました。
結果的に、ひとりで地味にやっていたヴァイオリンやお金磨きの楽しさを
自分以外の人と共有することができました。

きっと今年も無計画のまま、野性の勘に導かれていろいろな出来事に遭遇すると思います。
自分で計画するよりも、何が起こるかわからなくて面白いです。
そういう出来事の中で、楽しいこと、面白いこと、美しいことをたくさん見つけていきたい。
そしてそれを、やっぱり誰かと共有したいと思っています。

もうひとつ思うのは、自分の気持ちに素直になること。
しなければいけない、こうあるべき、という自我先生の声にいつも隠れてしまう本当のわたしの気持ちに
ちょっと面倒くさくても丁寧に耳を傾けること。
何十年も生きてきて今更…かもしれないけれど、これを今まで置き去りにしてきたかもしれないから。

さて、これからどんな一年が始まるのかな…。
みなさまの今年が楽しく幸せ溢れるものとなりますように!!

IMG_0915 (640x480)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫