発表会の子どもたち(バレエのです)

 2013-09-27
ヴァイオリンの発表会を見に行ったあと、バレエの発表会のお仕事がありました。
バレエの方は今は裏方さんとして、もっと前は踊る人としてかれこれ長い付き合いです。

いつも小さい子どもたちに目が行きます。(気を付けていないと危ないというのもあるけど)
このくらいの頃、わたしはどんなことを思って踊っていたんだろう?
大きくなってからのことは良く覚えているけれど、
小学校低学年くらいまでのことは断片的なことしか思い出せません。

いつもわたしは客席に座っている家族がどこに居るのかがすぐに分かった。
お化粧してるから顔を触っちゃいけない。整髪料のにおいが嫌い。
楽屋はドーランとお花のにおいがする…、そんなことが思い浮かびます。
嬉しかったし、ドキドキもしたと思うんだけど。

この子たちがバレエをやめることがあっても、きっと心の中に残るものがある。
本人が忘れたように思っていても、たぶん無くなったりはしないと思う。
そんな子どもたちのそばにいられるのは、幸せなことだと思います。

わたしがヴァイオリンにいろいろなことを思うのも、バレエと結びついている。
思っても、思うように弾けないのがもどかしいけど。

今月は忙しくなく遅めの夏休みと思ってのんびりしていましたが、少し前からまた時々出掛けています。
仕事用の(バレエ用)松脂を買いに行きました。

松脂  松脂2

踏み潰して粉にしてシューズの滑り止めにするのだけど、大きめの塊が欲しいのです。
それはね、ヴァイオリンの弓につけてみたいから。
よ~く探したら、今までのよりも色の濃い塊を一つだけ発見!!(右の写真の左側)
試してみたら、あ、やっぱり音が少し変わる、ような気がする…。

もちろんヴァイオリン用の松脂も使っていますよ!




ココチバーガーズでスマイルカフェ勉強会

 2013-09-24
月に一度は参加しようと思っているスマイルカフェの勉強会。
横浜市青葉区藤が丘の有名店ココチバーガーズさんでの会に、食べ物につられて迷わず参加しました。
初ココチはアボカドチーズバーガーと手作りジンジャーエールで大満足です。(デジカメ忘れて写真なし…)

肝心のお勉強の方は、今日もスマイルカフェ代表のゆうこさんの熱いお話が聞けました。
「どんなに良いサービスを提供していても、それを知ってもらわないことには始まらない」
本当に、そうですね!!

わたしはたくさんの人にお金磨きの楽しさを知ってもらいたいと思っています。
その先に何があるのか分からないけれど。
スマイルカフェを知ってもらうことがお金磨きを知ってもらうことにも繋がります。

というわけで、今後もここにスマイルカフェの告知をさせてくださいね。
今月最後のスマイルカフェは、9月29日(日) 11時~17時 ニューオータニイン横浜です。

来月10月はスマイルカフェが1周年を迎えます。
18日~20日は3日間連続開催の1周年特別企画。
26日には船橋開催で千葉県にスマイルカフェが進出です。いろいろと楽しみですね~。

10月 6日 大宮 ソニックシティ
10月 8日 府中 アダージョ (お金磨き出展します!)
10月18日~20日 東川口 1周年記念特別企画!
10月26日 船橋 船橋勤労市民センター
10月27日 横浜桜木町 ホテルニューオータニイン横浜
10月29日 新座 CKボウル
10月30日 新宿 永谷フリースペース(17時~21時 お金磨き出展します!)

詳しくはスマイルカフェイベント日程をご覧ください。

それからもうひとつお知らせが。
今日勉強会に行ったココチバーガーズさんで11月20日にスマイルカフェが開催です。
スマイルカフェを体験してみたい方、ココチさんの美味しいもの食べてみたい方、
ぜひスケジュールを空けておいてくださいね!!



発表会を聴きに

 2013-09-22
アンサンブルの先生のヴァイオリン教室の、大人の発表会に行きました。
レッスンで習っている先生のところは発表会はないので、
今までヴァイオリンの発表会は出たことはもちろん、見に行ったこともありません。
大人から始めた人たちが、どんな曲をどんなふうに演奏するのか知りたいと思いました。

アンサンブルの先生が教えている「先輩アンサンブル」の演奏もありました。
わたしたちはヴァイオリンだけ8人ですが、あちらにはヴィオラもチェロもいて、
本当の(?)アンサンブルみたい。いいなぁ~。

ソロの発表を聴きながら、「その人の良いところを見つける」というのをやってみました。
そうやって聴いていると、よりたくさんのことに気が付きますね。
ひとりずつの演奏が心に残ります。(メモもしました)

わたしは人前でヴァイオリンを弾く時、異常に緊張するので人のことは言えませんが、
同じように緊張しているように見える人がたくさん…。
そりゃそうですよね。もし、自分があの場で弾いたら…と考えるだけでも恐ろしい。
見る側になると、「本当はこの人、普段はもっと上手なんだろうな」と思います。

そして、緊張して技術的にはあまり上手くいっていなくても、
その人がどういう音楽をやりたいのかは伝わるものなんだなぁ、と感じました。
その反対に、順調に弾けている人の演奏が、ただ音が並んでいるように聞こえたりもします。
んん…、音楽への取り組み方は人それぞれですね。

でも、発表していた人全員が、今日に向けて頑張って練習してきたことは間違いなく、
社会人としてやるべきことが他にありながら、
とっても労力のかかるヴァイオリンをやっているのは大変なことなんだよね、と思います。

ヴァイオリンを始めて3年9ヶ月。
経験が浅い人を見ながら「わたしも始めはあんなふうだった…」と思ったり、
先を行く人の演奏を聴きながら「ああいう曲を弾くようになるのかな?」と思ったり。

わたしはヴァイオリンを通して言いたいことがたくさんある。
目の前のことに追われてそれを忘れてしまうことが多かったけれど、思い出しました!
「言いたいことがちゃんと言える演奏」ができるのが、わたしが目指すところです。



「お金磨き」って何やるの?

 2013-09-20
お金を磨くの、面白いですよ~。

研磨剤を少しつけたブラシでこすって、そのあと布でよ~く拭くと…


   5円ー2

こんなふうにキレイになります!!ほんとに!!(写真は普通のデジカメで撮影、加工してません)



1610053_507112552744152_791528055213981472_n.jpg    201446.jpg

1509676_1401405566799616_1475337703_n.jpg    1463097_10202714056240338_1041766201_n.jpg


お金を磨いてなんの役に立つのかと言われると、上手に説明できないのだけれど、
無心に磨いているうちに、忘れていた子供の頃の気持ちを思い出したり、
手を動かしながらおしゃべりする楽しさもあったり。
なんだか金運アップしそう!とワクワクしたり。

無意味に思えるようなことに隠された価値、そんなものを探してみてください。


わたしが「こんな面白いこと、楽しいことがあります」というよりも、
体験して何かを感じてもらえたら幸せだな~と思います。



お金磨きを体験された方、興味をお持ちの方がご感想を書いてくださっています。

初めてお会いした chiroko さん 『☆お金ピカピカ☆』 (お金を丁寧に丁寧に磨いてくれました)
スマイルメンバーふくちゃん 『綺麗なお金を循環させよう♪ スマイルカフェ体験』 (何度も来てくれました)
同じくメンバーの TSUBU さん 『楽しいことしてみよう!お金磨き』 (詳しいレポートです!)
komolebi のともこさん『◆お金磨き』(わたしのやりたいこと、良くご存知です)
対話セラピストの大野木睦子さん『無意味に思えるようなことに隠された価値、そんなものを探したい。』


Color-Rise カラーライズの Miwa さんからのご感想。

身近にあるお金を初めてピカピカに磨きました!皆さんとわいわいおしゃべりしながら、
童心に戻り楽しい時間でした^_^
1人無心に磨くのも良し!お金を磨いていて、自分の心も一緒に磨いた感じがします。
ありがとうございました☆




お金磨き、テレビで紹介されたことも!

1501840_245551792276288_190886270_n.jpg    1456100_501886153261051_45181951_n.jpg



ついでに、お金磨きの動画です。どうぞ!



お金磨くの楽しいですよ。ぜひぜひ~!



アンサンブルレッスン

 2013-09-19
アンサンブルレッスン、先月は都合がつかずお休みしたので、2ヶ月振り!!
家事を済ませた後、あまり時間がなかったけれど、
ヴァイオリンに触らずに出掛けるほどいい度胸していなので、少しだけでも練習。
練習に気が乗らない病は、少しは良くなってきています。

お休みした前回で終了した曲があったけれど、新しい曲は始まっていないのでちょっと安心です。
「G線上のアリア」と「カノン」(短いバージョン)の2曲。
隣の人の音を少しは聴けるようになって、それを聴いて自分の音程を直します。
家でひとりで弾いていると気がつかないのだけど、合わせて弾くとビックリする!
さすがに、相手が音程外しているとは思いません。

「G線上のアリア」わたしはセカンドヴァイオリンです。
ファーストヴァイオリンのパートが直されて何度も弾いていましたが、
わたしもそれに合わせて、音を出さないように左手だけ動かして復習しました。

相変わらず楽譜は得意じゃありません。
でも自分のパート譜だけを見ていても、メロディー(ファースト)とセカンドが
どんな風に絡んでいるのかを覚えるのは得意なようで、すぐに自分の弾くべき場所が分かるみたい。

逆に、「何段目の何小節目から」と言われて弾き始めるのは苦手。
あれ、結局楽譜を真面目に見ているのではなく、耳に頼って弾いているってこと?
んん…、そうかもしれない…。
でも、何度もやるうちに出来るようになります、きっと。
それがアンサンブルに行っている目的のひとつなので…。

アンサンブルの先生の音はソプラノ歌手みたい。
クリアなきれいな声で、でも強さもあって正面から飛んでくる音という印象です。
レッスンでお世話になっている先生の音とはちょっと違っています。
先生の音は、厚みと密度があって柔らかく、包むように飛んでくる音、かな?

楽器の違いもあると思うけれど、先生が違う楽器を弾いても先生の音はやっぱり先生の音だと感じます。
きっと「その人の音」というのがあるんですね。
自分の音は自分では良く分からないけれど、理想とは違って線の細い音のような気がします…。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫