FC2ブログ

頭の中にある音

 2011-11-09
「頭の中にある音が実際に出てくる音になる」とか、
「音程は指でとるのではなく、頭の中でつくる」ということをよく言われます。
このことが興味深くて、時々思い出しては考えています。

練習をするたびに、音程の外れた自分の音を聴き続けることになって、
頭の中で流れる音楽が、その外れた音程の音楽になっていってしまいます。
音を出す前に、頭の中で既に外れた音楽が流れているのだから、外れた音が出てきて当然。
その音痴スパイラルから抜け出すためには、CDや先生の音を聴いたりして、
頭の中に正しい音程を入れなおす必要があります。

どんな弾き方をするか、というのも同じ。
毎回録音させてもらっているレッスンの中で、自分で良い音が出せた部分を繰り返し聴いたり、
先生が弾いた部分を聴いたりして、
「自分が弾いたらいつも出てくる音はこういう良い音」と刷り込もうとします。

練習とはちょっと違うけれど、こういうことをやった時の方が
だた漠然と何回も弾く練習をするよりも、少し上手く弾けるように思います。
「頭の中にある音が実際に出てくる音になる」のだから、頭の中の音を良い音にすればいい!
先生のお手本のすぐ後に弾くとうまくできるというのも、
今聴いたばかりの音が頭の中に鮮明に残っているから、それに少し似た音が出てくる。

アーチェリーでも似たようなところがあって、
練習しながらあーでもない、こーでもないと色々考え始めるとたいてい更に悪くなり、
そういうことを全部考えるのを止めて、ただ「うまく射っている自分」をイメージしながらやると、
いっぺんに直ってしまったりします。

こういうことを考える時、わたしがやってみたいことはコレなのだなぁ~、と思います。
ヴァイオリンやアーチェリーだけでなくて、「わたし」についても。
「こころの中で思う自分が、実際の自分になる!?」というのをやってみようとしています。
この「こころの中で思う自分」というのが、
自我先生に邪魔されたりしてよく分からなくなってしまうことも多いけれど(本末転倒!!)
ここから抜け出すために、やすらぎの部屋に行ったり奇蹟のコースを読んだりします。

ヴァイオリンもアーチェリーも「わたし」自身も、みんなおんなじなのだな~と、
面白いところに気が付いたなぁ~と、ひとりでニマニマとにやけてしまいます 


弦楽器フェアに行きました

 2011-11-06
去年に続き、今年も弦楽器フェアというのに行ってきました。

わたしのように、大人になってヴァイオリンを初めてまだ2年も経たない人が
そういうところに行って、何をするのかな~と思います。
(実際に今日も上手な人達がたくさんいる中でそう思いました)
でもまあ、ヴァイオリンを好きな人が、思い思いの楽しみ方をするところだと思えば大丈夫ですね。

お店の展示会というのとは違って、オープンな感じで、比較的自由に試奏ができる環境で、
楽器を買うように勧められるような雰囲気も無いし、
珍しい楽器を見ることも、ヴァイオリンに関わるたくさんの人を見ることもできます。

昨日まではいろいろ弾いてみたいような気がしていましたが、
その場に行くと、どうしてか緊張してしまい、
「楽器は弾くものではなく、眺めるもの」というモードに切り替わってしまうわたし。
普段CDで聴いているようなヴァイオリンコンチェルトのフレーズが、
あちこちから聞こえてくるような場所ですから、そこで練習曲を弾くのは勇気がいります。

本当にたくさんのヴァイオリンが、数万円のものから値段が書いていないものまで(怖くて聞けない)、
目がチカチカするぐらい並んでいるので、何を弾いてみたら良いのか分かりません。
この前買った自分の楽器よりも値段の安いものにはあまり気が向かず、
高そうなものが目に入ってくる自分に苦笑。
(値段が書いてなくても、展示の仕方などで高価なものだと分かるようになりました)

「一番高い楽器を弾いてきてください(^^)」と言われていましたが、
先に見に行った先生が、お勧めの楽器を教えてくれましたので、それを弾くことが目標でした。
いきなりそこに行くのは怖いので(^^;)、もっと分相応な感じの楽器などを先に弾いてみました。
が、今弾いている自分の楽器はガット弦を張ってあるし、少し昔の楽器なので、
どうも勝手が違って、上手く弾けません。
同じように弾いたのではちゃんとした音にならなくて、もう少し圧力をかけないといけません。
ふ~ん、そうなんだ…。

なかなか目標の楽器には近づくことができませんでしたが、
人が少なくなったタイミングを見計らってようやく、
「初心者ですが…」という言い方はしないで(^^;)、
「あまり弾けませんが、触らせてもらってもいいですか?」とお店の人に言うことができました。

こちらの楽器は、今の自分のヴァイオリンで音を出すのと同じような弾き方で、
驚くようなきれいな音が出ます!!すごく幸せ!
加えてこれで目標も達成です(^^)v
ん~、高価なヴァイオリンと同じ弾き方で良いということは、
わたしのヴァイオリンは、やっぱり良いものなのかもしれないな~。

夕べ肩当てなしで弾く練習をしたためか、今日は左肩が凝っていて、頭痛もします。
でも、今日は肩当て無しで弾かなくて済みました。
ちょっとやり過ぎました…。


初心者ではない?

 2011-11-05
ヴァイオリンの展示会というのに出かけていくのが好きのですが、
そこで楽器を弾かせてもらうのが苦手です。
まだまだ思うように弾くことができないので、まずは言い出しにくいし、
それをクリアしても、何を弾いたらよいのかマトモに弾ける曲がないし…。
難しそうな曲をバリバリ弾いている人を見ると、本当にもう自分は場違いだと引いてしまいます。

が、しかし!
今、弦楽器フェアというのが開かれていて、今年もそこに出かけようと思っています。
先日のレッスンで「行ってもどうしたらいいのか分からないんですよね~」と先生に言ったら、
「片っ端から弾いてください(^^)」「一番高い楽器を弾いてきてください(^^)」と。
一番高い楽器を弾かせてと言うのは相当勇気がいることです…。
「初心者ですが、勉強のために弾かせてもらいたいと言えば良いですかね~」と言ったら、
「こういう音を出せる人は、もう初心者じゃないです(^^)」と嬉しいことを言ってもらいました。 

ものすごく嬉しいのですが、照れてしまうし、ビックリするし、
相変わらず素直じゃないわたしは、
「ちゃんと曲が弾けません」とか「音階でも音が外れます」とか、言ってしまいました(^^;)

ヴァイオリンを弾くというのは、良い音を出す(わたしはコレが好き♪)、正しい音程で弾く、
曲が弾ける、楽譜を理解して弾く…、他にもあるかもしれませんが、こういった別々の能力が必要で、
それぞれが同じようにバランス良く発達していくわけではないのだと思います。
そう考えれば、ヴァイオリンを弾くということ全般については全く自信がありませんが、
ヴァイオリンの「良い音を出す」という点については、もしかしたら初心者ではないのかもしれません。

弦楽器フェアは去年一度行ったことがありますが、
片っ端から弾こうと思ったら、いちいち肩当てをつけているのは大変だし、
肩当てが置いてないかも知れないと思い、今日は肩当てを付けずに弾く練習もしてみました。
(片っ端から弾くつもりなのか?自分。いやいやそれはムリ…(^^;)

やってみたら、想像していたよりも難しくなく、
「カノン」の速いところも弾けたし、ポジション移動もできました。…なんでだろう?
肩当てを外しただけで、楽器がいつもよりも数段良く響いています。
肩当てが楽器の振動を止めていたというのが実感できました。でも、あったほうが弾きやすい(^^;)
弦楽器フェアで、どんな楽器に出会ってどんな音が出るか楽しみデス。


弓の加減が分かったかも

 2011-11-03
昨日はヴァイオリンのレッスンへ。
今回、初めて夜の時間帯に伺いました。
いつもはにぎやかな商店街のお店が閉まり始めていて、景色が違う…。

先生のお部屋も電気が点いていて、
わたしがその日最後のレッスンということで、
なんとなく落ち着きのあるゆったりとした雰囲気でした。

手の具合も、ヴァイオリンには影響ないくらい良くなりました。
「カノン」を弾いたら「左手が良く動くようになっています(^^)」と!
練習したことが成果として表れるのはうれしいです。(電気ピリピリのおかげだな…)

楽器を替えてもうすぐ2ヶ月。
これまで新しい楽器を良い音で鳴らすことについて、試行錯誤をしてきました。
弓でエネルギーをたくさん注がなければならないはずなのに、
力の入らない手で弾いた時、圧力がほとんどかかっていないのに良い音が出たり…。
「弓で圧力をかけずに、ギューっとエネルギーを注いで弾くこと」を
実際にはどうしたらいいのか良く分からなかったのですが、
今回のレッスンで、ようやく自分なりに分かったような気がしています!

「弓は半分浮いたような感じで良く、弦がギリギリついてくる速さで弓を大きめに使います(^^)」
「ゆっくり、たくさんの空気を送り込むように(^^)」
「毎回弾力のある風船みたいなものを押すような感じで(^^)」
こうやったら、明るい良く響くきれいな音になりました。
こんな音は、初めて。

レッスンの場は、わたしにとってはなんとなく実験室(!?)のような感じで、
毎回、先生に言われることでどんどん自分が出す音が変わっていき、
本当に興味深く、おもしろく、不思議な時間を過ごしています。

そういえば、今回はそんなに緊張していなかったような気がします。
夜のレッスンのせいかな…?

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫