FC2ブログ

大胆な買い物ですよね

 2011-09-19
ヴァイオリンを始めてまだ2年経たないわたしのような初心者が、
自分が「良い!」と思った感覚を信じてヴァイオリンを買ってしまうことは、
よくよく考えてみると、結構な冒険だったりするのかもしれません。

良い音のする楽器が好きな先生の影響もあり、
わたしも、そういう楽器ってどんなものか?を知りたくなって、
去年の秋頃から時々、展示会に出かけて行くようになりました。
(でも行くだけでドキドキして、試奏なんてとてもできません…)

ヴァイオリンの良い音って、どんな音のことなのだろう?と思いながら、
昔の有名な演奏家のCDを聴いたり、良い音のする先生の楽器を弾かせてもらったり、
レッスンで、それを弾く先生と合奏したりするうちに、
自分の中に「良い音」の基準のようなものが少し、できはじめてきたようでした。

そんな矢先にこのヴァイオリンに出会ってしまって、
自分が思っている良い音に近いのではないかと感じてしまい、こうして今手元にあるわけです。
レッスンで緊張しまくるおくびょう者なのに、
こういう買い物をさっさと決断してしまう大胆さに、自分で驚いてしまいます。

今回、初めてこの楽器を弾いた日に、先生に「良い楽器に出会いました!」と報告をしました。
先生は楽器の斡旋や紹介はしない方なので、自分で買うかどうか決めることにしていましたが、
どうやら、わたしが危ない買い物をしないように、楽器を確かめに行ってくださったようです。
「買いました!」と報告してからそのことを知り、「良い楽器です(^^)」とのお返事をもらいました。
わたしはこうして結果的には安全に、大胆な?お買い物をすることができました。
本当にありがたいことです。ありがとうございます。

この楽器を持ってレッスンに行くのがとても楽しみ。
まだ自分では思うように音を出せていないので、ぜひ、先生に弾いてもらって音を聴きたい。
そういう音が出せるようになるのが、大きな目標。
その日が来るのは、いつのことかなぁ~。


楽器に教わる

 2011-09-18
この週末には、時々消音機を外してヴァイオリンの音を聴くことができましたが…、
今までの音と響きが違うので、まだおっかなびっくり弾いているような状態です。

ヴァイオリンを弾いて音を出すのは、なんだか「アラジンと魔法のランプ」みたいです。
弓でこすると「お呼びでしょ~か?ご主人さまぁ~」と音が出てくる。
前の楽器は、大きな音符がひとつ、ビーンと直線的に飛び出す感じ。
今度のは、小さいたくさんの音符がブワーッと噴き出して部屋に充満する感じ。

楽器が気持ちよく響いてくれるような力加減をまだ探っています。
「弓で弦をなでる」くらいの感じで十分音が出るようなのだけど、
ついつい、一生懸命弓で擦ろうとして、音をつぶしているような…?
ほんのたまに、気持ちのよい音を出してくれて、そんな時は本当に幸せ 

「楽器から音を取り出す」「単なる音が音楽になる」「楽器が音楽を知っている」「楽器が教えてくれる」
良い楽器は弾いた時に、そのような感じがあるそうですが、
まだ今のところ、なんとなくそんな気配を感じる、そうなのかもしれない…、といった印象です。
なにしろ、わたしがまだまだ未熟者ですから(^^;)

見れば見るほど、使い込まれた楽器だというのが分かります。
あごで挟まれ続けたところが変形して楽器の厚みが薄く、片側のCバウツは弓であちこち傷がついていて、
左手が触る肩の部分はニスが剥げるだけでなくパフリングの黒い色もなくなっています。
丁寧に慎重に扱われていたようには見えないけれど、
長い間、誰かの相棒として愛されて弾き続けられてきたのだろうと思います。

きっとたくさんの曲を知っているに違いない。
いつの日か、わたしも誰かの前で演奏してみたいと思っているけれど、
この楽器と一緒ならば心強いです!!頼りにしてます。(見た目、凄みあるし…?)
あとは自分の腕を磨くのみ…かぁ。


新しいヴァイオリンと苦戦

 2011-09-17
新しいヴァイオリンを手にしてから1週間経ちました。
今後、楽器を買い換えることはもしかしたら無いかもしれないので、
今感じる色々なことを覚えておこうと思って、五感を総動員しています(^^;)

良い音が出る楽器なのはたぶん間違いがないのですが、
今まで超初心者の時からずっと同じヴァイオリンで練習してきたので、
楽器が変わったことで、勝手が違うところが沢山あって、なかなか対応できていません。
練習はほぼ夜にしかできないので、楽器の音色を聴きたいのを我慢して、
消音機をつけて、あれやこれやと苦戦しています。

楽器はどちらも標準サイズのようですが、
今度のものは前と比べてボディが薄い&ネックが細いみたいです。

ネックが細い=指板が狭いので左手の感覚が少し変わってきています。(音程が行方不明に…)
駒は前のものとたぶん同じだと思いますが、E線が遠く(下のほうに)感じます。なぜ?
そして、細くなったために親指の位置が定まりません。
ネックの手触りが違います。サラサラしている?
今までも得意で無かったポジション移動が全滅です!!(涙)

楽器が薄くなったので構え方も感覚が少し違って、肩当てをいじったりしましたが
しっくりこなくて、結局元通りにしました。
面白いことに、楽器に肩当てを取り付ける位置によって、響いたり響かなかったりします!
(気のせいかもしれませんが…)
楽器そのものに影響があるのか、わたしの構える位置が微妙に変わるからか?

「楽器の反応が良い」とか「敏感な楽器」というのを見たり聞いたりしたことがありましたが、
それがどういうことなのか、この楽器を弾いて少しだけ分かったみたい。
今まで「この音を出すゾ!」と意識しないと遅れたりうまく音が出なかった箇所で
(移弦する時や低い弦を弾く時が多い)
「あれっ?」というくらい何の気なしに簡単に音が出てきます。

ヴィブラートも、前ほど一生懸命に「揺らすゾ!」と沢山ユサユサしなくても、
それらしい音になるような気がします。
少しの動きを大きな振幅に変換してくれているような…?
まだあまりうまくできないので、とっても助かります。ありがとー!

書き始めるとキリがないので、ひとまずはこのくらいにしておきます(^^;)


傷だらけの相棒

 2011-09-13
今回買ったヴァイオリン、音は良いと思いますが、ちょっと変わっています(^^;)
150年くらい前にフランスで作られたものらしいですが、
お店で他の楽器と全く違う雰囲気を放っていた、異端児とでも言いましょうか…。
きれいなヴァイオリンが並ぶ中、ひとつだけ傷だらけで、ニスもかなり剥げかけている。
弾いてみる前かあら、「あれは何だ??」と気になっていました。

弾いてみて「!」と思ってからは、じっくりと舐めまわすように観察を。
裏から見ると、ネックの付け根の肩から首のカーブが左右で少々違う?ように見える。
表から見たときには分からなかったけれど、スクロールも左右対称ではない。
ペグボックスもなんとなく手作り感溢れる曲線からなっている。

眺めまわしていたら、その楽器を調整したお店の技術者さんが来てくれました。
表板が割れていたので、中を空けて修理をしたとのこと。
ネックもオリジナルではなく、でもバランスはバッチリなのだそう。
楽器の中を照らしてくれて、中のラベルも見せてくれました。

こういう楽器を買うことは、もしかしたら多少のリスクがあるのかもしれません。
でも、信頼できるお店で丁寧に修理・調整してあるので、大丈夫だと思います。
こういう状態の古い楽器は、具合が悪くなっていないかどうか、
まめに気にかけてあげる必要はあると思いますが。

傷だらけだけれど良い音を持っているこの楽器。
良いものは形も美しいもの…というのは本当のことだと思うけれど、
それはストラディヴァリのようなレベルの楽器のことで、自分の楽器クラスでは当てはまらないかも。

誰に作られて、どんな人がどんな場所で、どんな曲を弾いていたのか…?
この風貌では、オーケストラよりも、公園や広場や酒場で唄っていたか?
(わたしもそういう場所で弾きたい…(^^;)、でもお酒は苦手)
作られた頃のことを調べたり、フランスの地図を見て、楽しんでいます。


やっぱり良い!!

 2011-09-11
思わぬ展開でヴァイオリンに一目惚れしてしまいましたが、
頭を冷やしてから、別の日に改めて会いに行くことにしてお店を後にしました。

あの楽器を弾いてから、そのことばかり気になって、
あの時良い楽器なのでは?と思ったのはただの勘違いで、今度行ったらそう思わないかもしれないとか、
あんなに良いと思える楽器だったら、別の誰かが先に買ってしまわないだろうか?とか…、
そんな事を考えていたからか、
金曜日のアルバイトでは普段やらないような間違いをやってしまいました

そして昨日、あの楽器が本当に良いものかどうか、もう一度確かめようとお店へ。
やっぱり良いものだと思えたら、今のを下取りに出して買うつもりで、
家で、お別れになるかもしれない今使っている楽器の写真を撮ったり、練習を録音してから出かけました。
今回は、自分の弓で弾いてどうか?今までの楽器と比べてどうか?
自分で弾くだけでなく、離れて聴いたときにどう聴こえるか?がチェックポイント。
どの点でもやっぱり良いと思えて、すぐに結論が出ました。

今すぐに買い替えをしようと楽器を探していたわけではなく、
やがて安くて良い音のする楽器に出会うために色々な楽器を弾きたい、と思っていただけだったのが、
突然そういう楽器に出会ってしまって、始めはどうしたらいいのか戸惑いました。
一瞬、自我先生に「今、そういう買い物をしている場合か?!」と激しく突っ込まれました。
でも、コレを買わなかったとしたら、今後他の楽器を弾くたびに
「あの時のあれと比べたらたいして良くないかも…」なんて思ってしまいそうで、
後悔しない生き方を選んでいるつもりのわたしとしては、コレを買わないなんてことはありえないのです。
自我先生の突っ込みは、軽くスルーできてしまいました(^^;)

新しいヴァイオリン(製作年は古いですが)をケースに入れ替えて、家に帰る途中、
幸せな気持ちが突然ワーッとこみ上げてきて、
どうしてそうなるのか自分でも驚いたけれど、嬉しくて泣けてきました。(恥ずかしい…)

この時に、この楽器を自分のものにするという選択は間違っていなかった…とハッキリと確信できて、
嬉しいと同時にとてもスッキリとした気持ちになりました。


≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫