FC2ブログ

先生が弾いたら…

 2011-06-04
今ヴァイオリンのレッスンでは、
弓の練習、音階の練習(ドレミ、ドミソ…のようなのを何長調とか、何短調とかで弾くようなこと)、
ヴィブラートの練習、練習曲、をやっています。結構盛りだくさん(汗)

練習曲というのは、ピアノの教本にバイエルがあるように(習ったことないけれど)、
ヴァイオリンにも教本があって、その中の曲を順番に練習するわけです。
教本を買うと、ありがたいことにそこに載っている曲が入ったCDが付いてきて、
わたしのように楽譜が良く分からない人でも、それを聴いて曲を覚えることができます!

当然わたしが曲を覚える方法は、CDを聴くのが最初で、
先生に「次からこの曲をやりますから用意しておいてください」と言われたら、
楽譜にドレミ(音名)や指の番号、弓の記号を書き入れ(時間がかかります)、
実際にヴァイオリンでたどたどしく音を出してみながら、指や弓の動きを覚えていきます。
(これも時間がかかります)

今やっているのはボッケリーニのメヌエット。
もともと聴いたことがある曲でしたが、特に好きということもなく、
楽譜で覚えたら、弾きにくいし(もちろん何でも最初はそうなのですが)、
さほどモチベーションがあがる感じではないなぁ…という印象を持っていました。

が!!!
先生がところどころ弾いたら、弓が跳ねて、跳ねて♪飛んで、引っかいて♪踊って、歌って♪
自分が思っていたのとは全く別の曲に聞こえました!!

うまく言葉にできないけれど、
どの部分がどうとか言うのではなくて、弾いている時の呼吸や勢いや、
なんか、そういったものがわたしの中にわぁ~っとやってきて
とっても嬉しくなって、気に入った曲になりました。

自分が練習する時に、その時の印象を忘れないようにしてやろうとすると、
細かいことをひとつずつ考えているよりも、うまくいきます。
弓と指が自然に動いたような気がした瞬間があって…。錯覚かもしれませんが(^^;)


オタマトーン動画

 2011-06-02
ヴァイオリンを習うことを決めた一昨年の終わりごろ、
テレビでオタマトーンを紹介しているのを見て「欲しい!!!!!」と思いました。
が、「これからヴァイオリンを始めるというのに、そんなことしている場合ではない」と、
自粛しておりまして…(これも自分の中の自我先生に禁止されたという訳です)。

今年の1月頃になって、ようやく自分でオタマトーンをやってもいいと許可(?)できて
迷わず白のおたまちゃんを購入しました。

やってみたい曲はいろいろあって、
でも一番はコレしかない!「帰ってきたヨッパライ」。
本当は3月に撮影したのですが、地震があって公開しそびれておりました。

フルコーラス(?)なので、少々長めです。



ただ「ワァ~、ワァ~、ワッワァ~~ッ」っていうのがやってみたかったのでした。
左手に力が入りすぎなのが、ヴァイオリンとおんなじですな(^^;)


今年の10円玉

 2011-06-01
ドラッグストアで買い物をしたら、そのお釣りにきれいな10円玉がやってきました!

お金を磨くようになってからきれいな小銭がくると、
何年製造のものかな?と見てしまう癖がついていますが、
今回のものは「平成二十三年」とあり、今年になってから製造されたものでした!

今年の10円玉裏    今年の10円玉表

さて、きれいなお金を見たので久しぶりにお金を磨きたくなって
どうせなら手持ちの中で一番古い10円玉にしようと思って探すと、
「昭和四十一年」というのがありました。
わたしよりも年上です!!

いつものようにピカールで磨いたら、5分くらいできれいになりました。

10円2枚 写真の撮り方がヘタなので左右で大きさが違うように見えてしまいます

古いものは、細かい傷もたくさんあって模様の角も少し丸くなってきていて
さすがに今年のと比べると年季が入っているなぁと感じますが
こんなにきれいになってくれて、嬉しいです(^^)


≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫