母と秩父へ

 2017-05-24
母と行く、割り勘秩父温泉旅行、第3弾です。
ちょうど一年前の5月に初めて母と旅行へ出かけました。母はとっても気に入って、その後半年に一度出かけることになりました。泊まるのはいつも同じ秩父柴原温泉のお宿です。

今回は三峯神社へ。秩父鉄道の終点三峰口からバスで70分、山奥の神社です。バスで山道のカーブを曲がるたびに満開のミツバツツジが何度も出迎えてくれて「うわぁ…」と嬉しくなりました。


__ 1 (2)

__ 2 (2)

__ 1

三峯神社は創建1900年の改修が行われたようで、どこも色鮮やかで豪華に見えました。秩父の山奥の神社の長い歴史はどんなものだったのだろう。今は神社ブームということもあり休日は混雑するようです。行ったのは平日だったのでそれほどでもなく良かった。

神社の入り口に「三峰ビジターセンター」という、秩父多摩甲斐国立公園の自然や歴史を学べる施設がありました。たくさんある動物の剥製に一斉に見つめられて…その配置のセンスが面白いやらドッキリするやら(笑)。また会いに行きたい(^^)。


温泉のお宿は3回とも同じお部屋をお願いし、なんだか自分たちの別荘のような気分になります。お食事は山の幸、今回は「またたびのお浸し」を初めて食べました。普通の青菜のようですが、ほんのりと山菜の香りがします。木の枝にネコがゴロゴロしてるのは見たことあるけれど、葉っぱでも喜ぶのかな?わたしには別に…(笑)。

__ 2



次の日は見ごろに少し早いけれど、皆野町の高原へポピーを見に行きました。「天空のポピー」という町興しの一環なのか、この時期だけ駅から無料シャトルバスが出ています。

__ (8)     __ 3


普段自撮りなどしないけれど、母と一緒の写真を撮ってみたかったので。無断掲載ゴメン。ひとりで撮ったらきっと硬直した顔になるだろうけれど、母と一緒だと平気みたいです。標高700メートルはそれなりに風も吹き、薄い花びらのポピーはぴらぴらとゆれていました。「別に自分の形をキレイに保とうなんて思わないの、風に吹かれて散って、また来年咲けば良いの~。」と、明るいあっけらかんとした印象でした。

温泉に行ったら元気になるかと思ったら、母の荷物を無意識に持ったりしたからか、肩や背中がバリバリのピキピキです。絶不調になってしまいました(笑)。そんなつもりじゃなかったけれど、母の前では「できる娘」でいたいと思っているのかも…。次回はまた秋に行く予定です。



新しい主治医先生

 2017-04-20
左肩の不調と左手の筋力低下で神経内科に月に一度ほど通っています。4月から他の病院に移られたゆるキャラ風主治医先生に代わり、新しい先生に診てもらいました。

少しお若い今度の先生は見た目はのんびりした感じに見えるけれど、電子カルテに入力するのが素晴らしく速い!(ゆるキャラ先生はやりにくそうにしていたのです)体格のゆるさ(笑)はゆるキャラ先生と同じくらいだし話し声もハキハキしてはいないけれど、少ない動作・言葉で的をついてきます。

肩は動かせるけれど亜脱臼気味のままなので筋力評価はせず、手の力比べとハンマーで少しポンポンして(腱反射のチェック)、左手の正中・尺骨神経が…と。ゆるキャラ先生もそういう診立てだっただろうとは思うけれど、あまり言葉にすることがなかったのです。

「次回の予約前でも悪くなる兆候があったらすぐに来てください。時間をおいて不可逆的な状態に…、後遺症が残るようなことになるといけないので。」過不足ない言葉と味付けの無いシンプルなたたずまいに、この先生にお任せしても大丈夫だと思いました。(←何さま?笑)

ん~、現状も多少不可逆的な状態に感じることもあるけれど、改善を見込んでリハビリしてます。これまでと筋力のバランスが変わったからか、ちょっとしたことで何度か脱臼状態になったりしたけれど(関節緩んでいるのであまり痛くはなりません)、今はそれも無くなりトレーニングメニューも増えました。

ヴァイオリンで練習しているクロイツェルは13番も30番ともアルペジオの曲で、左手を押さえるのがちょっと難しい…。わたしが未熟だからなのか、手の具合のせいなのか分らないけれど、練習したらしたなりに少しずつでもできるようになるので地道にやります~。

四季咲きのバラ、先月植え替えようといじったら元気が無くなってしまいショックでしたが、小さい花を付けてくれました。


__ (2)



善福寺川の桜を見に

 2017-04-08
6日木曜日、荻窪へ行ったついでに善福寺川の桜を見に出かけました。
お気に入りの大田黒公園(音楽評論家の大田黒元雄氏の屋敷跡地)にまず立ち寄りました。ここには大田黒氏のものだったスタインウェイ社のピアノ(1900年製)が展示されています。今回はお庭しか見ませんでしたが録音された音を聞くこともできます。心に沁みる音がします。

回遊式日本庭園には山桜が少しありますが、これはボケの花。

__ (5)

ここには八重桜がたくさんあり、4月下旬が見ごろのようです。また行こうと思います。

善福寺川への途中に角川庭園(角川書店の創設者である故角川源義(げんよし)氏の旧邸宅)があるのでそこものぞいてみました。こじんまりとしたお庭に小さな花がたくさん咲いていて、水琴窟がありました!初めて見た&聞いた!風が強く、その音に負けて小さくしか聴こえなかったのですが、不思議な気持ちにさせてくれる音です。静かな日にもう一度行ってみます。

__ (4)

善福寺川の桜は久しぶりでした。
息子が小さい時には一緒に出かけてお花見したり、少年野球をしていた頃には近くのグラウンドにも良く試合に来ていたのですが、最近は足が遠のいていました。

__ (6)   __ (3)

川の両側にある桜が何処までも続くトンネルのよう。平日というのもありますが、人もそれほど多くなくのんびりとした雰囲気です。わたしのように川沿いを歩く人、座って眺める人、お弁当を食べている人、バス停の近くではお花見の宴会グループも少しいました。

善福寺川は神田川の支流で、コンクリート護岸ですが水はきれいで魚も鳥も見られます。カモもいましたがこんな鳥がいました!

__ (2)

「写真撮ってもいい?」とつぶやいて(鳥には聴こえない距離ですが)撮らせてもらいました。撮り終わったら川の中ほどに歩いていって川の中に頭を突っ込んで、なんと魚を取って食べるのを見せてくれました!あっという間のできごとでよく分らなかったけれど。この鳥、後で写真を見て調べたら、アオサギなのでは?けっこう大きくて立派でした。

家の前まで帰れるバスもありますが、そのまま高円寺の自宅まで歩きました。歩くのも自転車も好きです。最初は自転車にしようかとも考えたのですが、歩きの方が自由度が高くてのんびりできて良かったです。

リハビリの成果がようやく出てきたようで、肩も左手も少し調子が良くなってきました。この前まで何となくやる気が落ちていたのは調子が悪かったからだったみたい。いつも悪い時には自覚がなく、良くなってきてからそれに気がつきます。歩くのは調子悪くなっていなかったと自分では思っているけれど、どうだったのかな?(笑)



つらつらと近況を

 2017-04-03
少しご無沙汰になっていました。
忙しいような、のんびりしているような、時間の流れ方がちょっと違って感じます。

都内で今まで知らなかった素敵な場所をご案内いただいたり、遠く(群馬県)のカフェに連れて行ってもらったりと、珍しく出かけていました。あとは、髪を切って服を買って、ヴァイオリン関係の本も買いました。そうかと思えば、ただボーっとしたり気になったことを調べたりしているうちに一日が終わる日もありました。他には仕事に行ったりリハビリに行ったり。

心の中も日々変化がありますが、先日は自分の不得意分野を指摘されてドギマギして、更には自覚している以上に心配性なのかもとか、これまで心に余裕がなかったなとか、いろいろ思ってしまいました。心配することや不安に感じること自体には良いも悪いもないけれど、そういう自分をどこかで受け入れたくないと思っているのだな。

多少ボーっとしてしまうかもしれないけれど、心身ともにもう少し緩んでも良いのかなと思いました。うっかりすると寝ているときにも緊張感を保っていて(笑)、夜寝た体勢のまま朝まで動いた気配がない時もあるのです。

自分の中にある不安や恐れを受け入れること、できない自分を認めて許してあげること、でもサボらせないで励ましてやることはやらせる。アメとムチの使い方がまだまだですね。ヴァイオリンの練習だけはすでにボーっとしていて、全く進まなくなってしまっています…。

今日は社会人になった息子の入社式があったようです。リクルートスーツは就職活動の時と同じなのに、出かけていく姿は全く違っていました。新しい場所へ向かおうとする姿を見送るのもこれが最後かもなぁと、朝からちょっと目がジンワリしてしまいました。今の時代「今後一生務め上げなさい」なんて思わないけれど、大事な最初の日。夜は奮発して鰻を用意しました。



仕事で感じることいろいろ

 2017-03-27
久しぶりに週末に泊りがけで舞台の裏方の仕事に行き、今日はくたびれてボーっとしています。バレエの発表会の仕事でした。発表会というのはバレエを職業としている人(教える、踊る仕事)と、将来職業とするかもしれない生徒さんや楽しみのためにバレエを習っている生徒さんなどが関わっています。そういう場にいると、いろいろ思うことや感じることがあります。

自分もこれまでいろいろな立場でこういう場を経験しているし、ヴァイオリンでは大人から始めた初心者でもあります。バレエを大人から始めたであろう方たちを見ると、「ああ、わたしもこんなふうに見えるのだろうな。」と思います。この人たちがここまで踊れるようになるにはどれだけの苦労があっただろうか。自分がヴァイオリンを思うように弾けないことや、また少し身体を動かしてバレエのようなことをしてみたら全然身体が動かないこともあり、改めてそう思うようになりました。

一方で、一流のバレエダンサーである方のお話を聞く機会もあります。「稽古で100%、120%を出してやる。それを続けていかなければ上達はない。」自分に厳しくそれを続けている方でも、歳とともに肉体は少しづつ下りに入り、それを緩やかにすることはできてもやはり下り坂にはなっていきます。

いろいろなことを感じるといつも、「では、わたしはどうするの?」と思う。誰に何も言われていないけれど、何を見ても何を聞いてもそう思う。でもわたしには、その時の自分ができる最善の練習、演奏をやること以外に、どうもできません(笑)。身体と気持ちを苦しめないところで、その日・その時のわたしにできる最大限のことをやり続ける。実際にはそれもやれていないな…。

わたしの舞台の仕事は、出演者・大道具・小道具・照明・音響といったパートの間を埋めてつなげるような役割で、何をやっているのか説明が難しいです。誰もが困らないようにする役割かな?今回は精神的なストレスは全くなかったけれど、何度も階段を上り下りして疲れました(笑)。

劇場の翌日は甘いものが食べたくなり、今日出先でいただいたドラ焼きがとても美味しかった。調子に乗って抹茶パフェを買って帰ってきました。ぼーっとしていたはずが、ヴァイオリンの練習を始めたら何だか元気になりました!音楽をやるとエネルギーの自家発電が起きるような感じです。久しぶりにそれが実感できました。


__ (3)

先月我が家にやってきたミニバラに新しい花が咲きました。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫