帰ってきました

 2018-02-20
オーストリアとチェコを周り6つの世界遺産を見るツアー、2月12日の夜に成田を出て、昨日19日の夜に帰ってきました。限られた期間にたくさんの場所を周ったので忙しかったけれど、中身の濃い旅行になりました。あちこち行ったために、何を書いても長くなってしまいそうなので、少しずつご報告しようと思います。

街中だけでなく、こんなところ(オーストリアのハルシュタット)にも行きました。ヨーロッパで一番美しいといわれている場所だそうです。本当に素晴らしい景色でした。

IMG_7465.jpg

iPhone SE で撮りっぱなしのそのままですが、商業写真のような美しさです(笑)。


帰ったばかりですが今日は一日出かけていて、夜になって久しぶりにヴァイオリンを弾きました。久しぶりだからか旅行先でいろいろ感じたことがあったせいか分らないけれど、このニスを塗った木の箱の中からこんなにもポワーンと響く綺麗な音が出てくるのが不思議な気がして、ロングトーンのボーイングの練習を何往復もやってしまいました(笑)。

思ったよりも手の動きは悪くなっていないし、体も予想していたほど疲れていないみたいで良かったです。これから少しずつ通常に戻していけたらと思います。



旅行の予習の続き~ルドルフ2世のコレクション~

 2018-02-03
Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚愕の世界展」へ行って来ました。公式サイトはこちらです。→ http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_rudolf/

201802030053116dd.jpeg


開催されているのは知っていたのでルドルフ2世についてもいろいろ調べていました。神聖ローマ帝国の首都をプラハに移した皇帝で、政治手腕はいまひとつだったようですが、芸術家、天文学者、錬金術師などを呼び集めてプラハの文化に大きく貢献した皇帝です。プラハ城に住んでいました。

ルドルフ2世のコレクションンや関連の絵画、天文学書、宝飾品、ルドルフ2世についてまとめられた映像など、盛りだくさんでした。展示されているものはチェコ、オーストリア、ベルギーなどから集められており、旅行で行く予定にしている場所からも来ているのでここで見られてラッキーです。現地で美術館や博物館をゆっくり見られそうにないし、行けたとしても東京に貸し出し中ですもんね。

これまで調べてきて知ったことを別の角度から見られて、理解が深まりました。プラハに集められたはずのコレクションはルドルフ2世の後首都がウィーンに戻り重要なコレクションはウィーンへ。戦いの戦利品として持ち出され、スウェーデンからやってきた絵画もありました。(30年戦争でスウェーデンが勝利したため)

絵画の中でルーラント・サーフェリーの 《動物に音楽を奏でるオルフェウス》がとても好きになりました。暗い場所に小さく描かれたオルフェウスの竪琴の音に聴き入る動物たち。逆光の影で大人しく座る動物、奥の光の中に飛ぶ鳥たち、絵を見ているわたしもそこで聴いているような気持ちになってウットリしてしまう…。

出口近くのショップにポストカードがあり一瞬手に取りましたが、さっき見た絵とは同じようで全く違ってあの嬉しさが湧いてこないので買うのはやめました。ポストカードと比べてはいけないけれど、本物の絵の力はすごいものだなと今更ながら感じました。(絵は公式サイトで見られます)

行く前からとてもチェコに親しみを感じるようになってしまっています(笑)。オーストリアやザルツブルクに関しては『モーツァルトの生涯』という分厚い本を図書館から借りて読んでいる途中です。まだ半分くらいしか読めていなくて、ヴァイオリンコンチェルトを立て続けに書いた19歳くらいのところまで。出かけるまでに読み終わらないかも。



チェコの予習にチェコ料理

 2018-01-23
旅行のための勉強に少し疲れてきました。範囲が広すぎ、興味ありすぎで(笑)。オーストリアというよりチェコのことばかり調べています。

予習というと調べるとか本を読むしか思いつかなかったのだけど、その国の料理を食べてみては?とご提案いただいて、友人を誘って行ってみました!四谷三丁目の「だあしゑんか」というお店がみつかりましたが、移転のため20日で一旦閉店ということで急いで行きました。

可愛い小物やポスターや絵本などたくさん置いてあって、チェコ語のラジオ(だと思う)が流れていました。チェコ料理のお店だからチェコ語に決まってますが、勉強の成果か、ほんの時々聞いたことのある単語というか音(意味が怪しいので)が聴こえてきます。

20180124000038bad.jpeg


お料理はグラーシュ(ビーフシチューっぽい煮込み料理)、ブランボラーク(じゃがいものお焼きのようなもの)、イチゴのクネドリーキ(モチモチの生地にイチゴが入ったお団子のような温かいデザート)など、名前は勉強して知っていたけれど初めて食べるものでした。どれもホッとするような家庭的な味で美味しかったです。

チェコは水よりビールが安い国だそうで、お酒は得意ではないけれどせっかく行くのだから、ビール飲む練習もしようかなと思って、泡をたくさん注ぐMLIKOというのがあるので、それを。(写真手前のです)

IMG_7060.jpg


缶ビールとか居酒屋さんの生ビールはどちらかといえば苦手ですが、ピルスナーウルケルの生(泡メインだけど、笑)は美味しいです。そういえば昔夏の仕事で行っていた清里で飲む現地の生ビールは美味しかったな。そういうのはちゃんと美味しいと思うので、美味しいのを少しだけ飲みたいのです。MLIKOはほとんど泡なので全部飲めました。


チェコは東京よりも少し気温が低いようです。東京でも雪が降ったので寒さも体感しようと、雪の中を夜の散策。歩道橋がジャンプ台か滑り台のようになていて衝撃。見慣れた景色も新鮮でした。


IMG_7111.jpg    IMG_7094.jpg



調べものの毎日

 2018-01-10
あっという間に今年に入って10日経ちました。お正月はもう遠くのできごとのよう。今年のお正月はあまり正月らしくない過ごし方でした。年末からずーっと来月の旅行について知りたいことを学ぶ毎日を送っています(笑)。

2月の中旬にオーストリアとチェコに行きます。ひとりで好きなように行けたら良いけれど、不慣れだし言葉もできないので旅行会社のツアーに一人で参加します。今まで行ったことのある海外は、ハワイのマウイ島、韓国、グアムというわたしにしてはすごーく一般的な場所だけです。ヨーロッパは好きに決まってるけれどなんとなく憧れの遠い地でした。

昨年岐阜城や犬山城、名古屋城を尋ねた時に、日本のお城も好きだけれどヨーロッパのお城はもっと好きだろうなと思ったり、本屋さんで見つけたヨーロッパの愛らしい街や村の写真集を買っていたり、まあいろいろ伏線はあったのです。普段、舞台の裏方の仕事で、宮殿やら庭園やらヨーロッパの村や街のセットには馴染みがあるのに、実際に行ったことがありません。

今年に入ってしばらくはとても暇な時期で、いつか一緒にヨーロッパ旅行をしようと話していた友達に「ひとりでも行ってくれば?」と言われたことと、オフシーズンなので割安で行かれることもあって、急にその気になりました。行き先は、写真集にあったチェコの「チェスキー・クルムロフ」という可愛い街に泊まるツアーで決めたら、結果ウイーンやザルツブルク、プラハも行くことになり、わたしの好きなドヴォルザーク以外にも、モーツアルトの足跡をたどるような旅行になりそうです。

旅行の基本的なこと以外に、チェコ語がとても気に入って少しでも話せるようになりたいのと、歴史や建築や宗教や文化、とても広い範囲のことを次から次へと知りたくなって、毎日ずーっと本を読んだり調べたりして過ごしています。広範囲すぎて深く理解するところまでは行かなくても、知りたいことを分った上で、行った先ではそれを全部忘れていろいろ感じてみたいと思っています。

ヴァイオリンのほうは、難しいクロイツェル38番を解読していて、やっては忘れ、またやっては忘れを繰り返しています。やっと覚えても指が言うことをきかなかったり、ん~、困難です。レッスンなのに全然課題ができていない恐ろしい夢をみたりして、夢で良かったと思ったけれど、それが正夢になりそうで焦ったり(笑)、相変わらずいつもと変わらないですね。

毎日頭ばかり使っているので、先日牧野記念庭園(練馬区)へシモバシラにつく霜柱を期待して、寒い日に出かけてみました。空振りだったけれど、冬の庭は静かで澄んだ空気でした。


2018011010273686f.jpeg     2018011010273753f.jpeg



今月は「くるみ割り人形」ばかり

 2017-12-12
先週は5日間続きで劇場へ行っていました。

久しぶりにオーケストラが入る仕事でしたが、結局舞台袖にいるわたしには、モニタースピーカーからの音しか聞こえてこないんだよな~。自分の持ち場をやっていると音楽を聴く余裕がない時もあるけれど、生の演奏は毎日どこか少しずつ違います。興味があるのはピットの中でそれぞれの楽器が自主練している音。毎日必ず同じところを弾いている人がいて、「この人はここが心配なんだな~」とか、管楽器がハモッてパート練しているのとか、面白いです。

久しぶりにボス(裏方仕事の師匠)と一緒の仕事で、飲んだ席で(わたしはお茶ね、笑)バレエについてマニアックに語るのを聴きながら、自分の弾き方についてたくさん参考になることがありました。踊り方=弾き方(歌い方)なのです。わたしはやっぱりそう考えた方がしっくり来る。

5日間のうち、一日だけ帰宅してから消音機をつけて練習した日がありました。普段練習していても手が動かないのに、間があくとテキメン動かなくなります。また昨日から通常通りの練習をしていますが、まだまだ戻りません。先日と今日も、朝のラッシュ時に電車に乗ったら肩が外れて、それほど大変な感じではなかったし戻せばほとんど痛くも無いけれど、微妙な雰囲気です。

今月はたくさん仕事がありますが、ひとつの仕事を除き、あとは全部「くるみ割り人形」ですよ。日本人がそんなに「くるみ割り人形」を好きだとは思わないのだけど、クリスマスのお話しなのでやる側は好きなんでしょうね…。一番好きなバージョンが最初に終わってしまいました。

本当のクリスマスはもう少し先ですね。たまにはステキなクリスマスを過ごしてみたいなぁ~。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫