喜びを音にするわたしなりの弾き方

 2017-04-13
今、『ヴァイオリン・マスタリー』という本を少しずつ読み進めています。音楽からだけでなく、わたしには演奏家の写真や言葉から感じることも多くあります。昨日のレッスンの時に先生とその本についてお話しした会話も刺激になって、頭の中が良い意味でモヤモヤとし始めていました。

ハイフェッツはヴァイオリンを習うようになってから憧れの存在で、以前から写真でも映像でも、特に右手の動きやかたちがとても印象的で好きでした。本の中にはハイフェッツへのインタビューもあり、今日もその部分を読みました。

楽器屋さんから持ち帰った毛替えの済んだ弓に少しずつ松ヤニを塗り、点検で駒の位置を調整してもらった相棒くんの開放弦を繰り返し弾きながらモヤモヤを頭の中で廻らせていたら、閃きというか気づきというか、言葉で上手く書けない右手の動きのニュアンスが生まれました。

ヴァイオリンの持ち方も弓の動かし方もいろんなやり方があり、外から見たらその内のどれかかもしれません。でも自分では今までのやり方とはかなり違っていて新しい感覚、最初に先生から習ったのとも少し違います。

バレエもアーチェリーも、目標にするもの(バレエでは美しい動き、アーチェリーでは真ん中に当てる)と自分なりの身体の心地良い使い方を一致させることができていましたが、ヴァイオリンではなかなかできませんでした。ヴァイオリンを弾く時にはいつも身体のあちこちに不自由さや違和感を感じていて、心の中にあるものをその不自由な動きを経由して外に出さなければなりませんでした。

技術的に未熟な上に身体の動きが悪いから上手くできないのだと思っていたけれど、そうではありませんでした。音楽を表現する時の身体の喜びとヴァイオリンを弾く動作を結びつけることがようやくできたように思います。右手を動かすという意識が無いまま、何もしなくても弓が動いて音が出たような気がしました。

その音が美しい音だったかどうかは自分では分からないし、何かおかしな弓の動かし方をしているのかもしれないし、明日になったらどこかへ消えてしまって元に戻ってしまうかもしれないけれど、わたしにとって本当に嬉しい大発見なのです。

手帳の今日の日付の欄に「ヴァイオリンを弾くということが(わたしなりに)分った日」と書き込みました。記念日にしたいくらいに忘れたくない嬉しいことです。明日になっても再現できると良いけれど。



午前中にレッスンへ

 2017-04-12
ヴァイオリンのレッスンは大抵午後の時間にお願いしていますが、午後に予定が入ってしまったので空きのあった午前中一番のレッスンに変更していただきました。レッスンの前に朝から練習したけれど、出来ない&時間が足りない。昨夜はもう少しスラスラと弾けたような気がするのに、焦っているためか今までつっかえなかったところでつっかえます。(毎回同じことを書いていますが)

2巡目のクロイツェル12番と29番とツィゴイネルワイゼンの続きを見ていただきました。クロイツェルは音程が良くない、駒に弓が近付き過ぎると毎回言っていただいているのになかなか改善できません。ツィゴイネルワイゼンはまだ譜読みの途中です。こちらもなかなか進みません…。

でもヴァイオリンは好きだし、音を出していて嬉しいと感じることもあります。なんだかな~と思って練習が進まない時は良い音が出ていないとか音程が外れて音痴になっている時みたい。なんだかな~と思わないような音を出せは良いのだけど、それには練習が必要…というこの矛盾。

レッスンに向けて日にちをカウントダウンしながら緊張状態が高まって行き、今日はレッスンが終わったのはまだ午前中だったにもかかわらず、一日が終わったような気分になりました。そんなプレッシャーを感じても、レッスンへ行きたくないと思ったことはないんですよね。レッスンへ行かないと緊張状態から開放されないからかも。

半年に一度、楽器屋さんでヴァイオリンの点検と弓の毛替えをしてもらっています。そろそろその時期で、今回は12月に買った弓の毛替えをしてもらいたいと思うけれど、お願いしていいものかどうか先生に尋ねました。妹ちゃん(新入りヴァイオリン)を持って言った時に残念な気持ちになったことが心に残っていて…。

「弓の毛替えはどこで買ったものでも問題なくやってくれます(^^)。」ということなので、仕事先へ出かける前に楽器屋さんへ寄りました。問題なく何も言われず(笑)、お願いできました。今日は時間がなかったのでそのまま預けて、明日改めて受け取りに行きます。

弓とヴァイオリンを預けてきても、家に別の弓とヴァイオリンがあると思うとなんだかホッとします。今日は遅いのでもうやらないけれど、やらないとしても家に弾けるものがないのは落ち着かないだろうと思います。

今年は寒い日が多かったからか、長く桜が楽しめますね。日当たりによって咲き加減が変わるのか、家の近所のお寺の桜が丁度満開でした。

__.jpg


昼間はとても暖かかったので薄めの上着で出たら、夜の帰りには風が出て寒くなり雨まで降ってきました。うう~、油断してしまった。



良くないのは弓か楽器か、それともわたしか?

 2017-04-10
4月になり息子が社会人になって、生活のリズムが変わりました。これまでよりも生活時間帯が早くなり、ヴァイオリンの練習をしていた時間が夕ご飯の時間になってしまって、練習ができない日があったり。生活のリズムだけでなく、何だか気分も変わって、わたしはこんなに人の影響を受け易いのかと自分で驚いています。

ようやく時間の使い方が少し分かって、練習ができるようになりました。肩や手の調子は日によって色々ですが、ヴァイオリンは弾きやすくなってきているように思います。ヴィブラートは手首からのヴィブラートにすると決めたので、目標がはっきりして少し進歩したような気がします。(また気のせいかもしれないけれど、笑)

相棒くん(ヴァイオリン)は駒がデリケートなので、消音機を付けるのは妹ちゃん(新入りヴァイオリン)と決めています。でもいつもそれでは可愛そうだよなぁと、昼間に消音機をつけない状態で弾いてみたら、ん~、こんな感じだったっけ?あまり良い音がしていません。

いつも押さえつけられていたら機嫌も悪くなるよね…。しばらく弾いていたら音が出るようになったような気がしたけれど、次の日に駒を調整(?)したら、おお!開放弦で弾いたらよく響くようになりました!そこで練習中のクロイツェル29番を弾いたら、全然良くないです…。ヴァイオリンのせいではなくてわたしの問題ですね。29番は相棒くんでも良い音が出ません、笑。

それにしても音が出なさ過ぎなのでは?松ヤニがまた塗り足りないのか?今使っている松ヤニ(1月に買った)が合わないのか?弓がおかしいのか?毛替えをした方が良いのではないか?もう1本の弓で弾いてみたら毛の状態はこっちの方が良いかな、松ヤニが前のだからかも…。また、何が何だか分からなくなってきました。

おかしいかもと思った弓に、以前から使っている松ヤニを塗ったら、気のせいかもしれないけれど少し良いような気がして落ち着きました。ヴァイオリンや弓の状態が良いのか悪いのか、わたし自身の調子も良いか悪いか、自分の気持ちもなんだかなぁ~という調子で、今日もツラツラと取りとめのないお話しでした。

でも、ちょっと気力は戻って来ています。頭の中でクロイツェル29番がグルグル回っています。



自分のことが分かっていない

 2017-03-24
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。

3月に入り通常通りにクロイツェツと課題の曲を進める練習をしています。が、なんだかあまり進んでいるような気がしません。前の日に練習したことが次の日にはまたできなくなっている…。これは以前何度も感じたことではありますが、いつまでたってもそこからなかなか脱出できません。

「それでも以前よりは少しずつでも進んでいるのでは?(^^)」そう言われれば確かに少しは進んでいます。しかしクロイツェル28番の重音の部分が、数日前にはもう少しマシに弾けていたように思うのに、レッスンの日は上手く左手を押さえることができませんでした。

「今日は少し調子が悪そうですが…(^^)」様子を観察するのが仕事です、とおっしゃる先生にそのように言われて、最初は「?」と思ったけれど、いやいや、途中からチューニングが狂ったのを直そうとしても左手に上手く力を入れることができず、先生に手伝っていただく始末。なんとかレッスンで弾けるようにしなくてはと練習することで頭が一杯で、自分の不調に気が付かないという鈍感なわたし。

通常だったら「重音の部分だけもう一度お願いします(^^)」と弾き直すだろうところを、手の動きを見て難しいと思ってくださったのか、やり直しはせずに終わりました。ん~、こうしていつも大目に見てくださっているのだろうな…。申し訳ない気もするし、自分でも残念です。

ヴィブラートは肘から動かすやり方は支点となる肩が不安定なため難しいので、手首からのヴィブラートをできるようにしたい。身体を動かすのは得意なはずなのに、未だにヴィブラートが上手くできません…、とお話ししたら、「それでも以前はちゃんとできていましたので(^^)」と言ってくださいました。

そうなんだ!以前はできていたんだ!わたしはずーっとできていない人だと思っていました。肩や手の不具合で上手くできなくなっているのか…。これも自分では分かっていませんでした。できていたと言ってもらい、嬉しいと同時にちょっと複雑な気持ちにもなりました。不具合が解消されればまたできるようになるということかもしれません。でもまずは、現状のまま手首からのヴィブラートができるようにしていきたいです。

2巡目のクロイツェル11番と28番が終わり、次は12番と29番へ。久しぶりにツィゴイネルワイゼンも少し見ていただいて、ようやくミュートで弾く部分まで行きました。ここが弾けるだけでもこの曲に取り組ませてもらう意味があるように思います。(他は難しくてほとんどまともに弾けていません)この部分が弾けて幸せです(^^)。



ヴァイオリン体験会

 2017-03-15
今日はヴァイオリン体験会でした。


__ 2 (2)


ソプラノサックスを吹く知人が来てくださいました!せっかくなのでそのサックスと一緒に来ていただきました。この金管楽器のピカピカ光る姿はテンション上がりますね!(すぐ磨くことを考えてしまいます、笑)


__ 1 (2)  そしてケースがカッコいい!


今まで弦楽器は触ったことがなくヴァイオリンとは縁が無かったとのことですが、楽しみにしていて下さったそうで、とても嬉しいです。ヴァイオリンを持ってもらったら「思ったよりも軽い~」と驚かれました。新しい楽器はもう少し重たいと思いますが、妹ちゃんも130歳くらいで木の水分が減っているのと、板が薄い楽器なので軽いです。相棒くんのほうが年上だけれどちょっと重たい。こちらも持ってもらい「あ~、ほんとだ。」と実感してもらいました。アゴ当ての重さが違うというのもあると思います。

持ってもらったついでに楽器の構造(と言ってもシンプルだけど)をお話しして、楽器を構えてもらいました。ん~、なかなか落ち着く場所が見つからない…。肩幅や首の長さなど、人それぞれに違うのだということが改めて分りました。

その後は弓を持ってもらってしばらく開放弦を弾いて、少しだけ左手で弦を押さえて音の高さを変えて弾いて…。左手で楽器を支えつつ指を動かすというのはとっても難しいですね。自分は今では慣れてきましたが、そういえばわたしも最初は大変でした。

その後、お互いになぜ楽器をやろうと思ったのかとか、これからどんな音楽をやりたいかなど、たくさんお話しをしました。耳コピ派の二人なのでとってもお話しが合いますよ。そして、あ~、わたしもやっぱりヴァイオリンをもっと上手になりたいな~と思いました。

で、おねだりして、持ってきてくださったサックスの音を聞かせてもらいました。リードを付けるのも見せてもらいました。サックスは甘い響きがします~。何がどう甘いのかは上手く説明できないけれど。その様子を見ていたら、いやいや、管楽器は難しそうです。

わたしだったら息が足りなくて「カフッ…」という音しか出ないんじゃ?「吹いてみますか?」と言ってもらったけれど、ちょっと前に家でリコーダー吹いて「無理…」と思ったことがあったのでご遠慮しました。管楽器は練習に体育会的な訓練の要素がありそうです。まずは基礎体力?大きな音が出るのはそれなりのことをしているからですね。

自分が普段触っているものはだんだん当たり前になっていきますが、違う楽器を触ったり見たりすると、お互いに自分はなかなか難しいことをやっているのだと気がつきます。楽器に限らず、仕事でも、勉強でも、日常の事でも、人それぞれに自分では当たり前になってしまっていて気がつかない技を持っているのかもしれません。

ヴァイオリン体験に加えて、大事な楽器を持てきてくださって、ありがとうございました。体験会は終わりましたが個人のヴァイオリン体験は受付中です。ご興味のある方はどうぞ! → 「誰でもヴァイオリン体験」



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫