FC2ブログ

前の弓を使ってみたら

 2019-02-22
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。

先日の演奏がド緊張して思うようにできず、そんなご報告になってしまうことは残念です…。それ以上にクロイツェル41番の残り半分が、レッスン当日に家で練習したら、また変な緊張が蘇ったのか前の日までより全然上手くいきません。ちょっとしたことですぐできなくなってしまう…。

先生にそんなお話をしたら、緊張しても頭が真っ白になっても勝手に手が動いて弾けるようにしておくには、やはりたくさん練習するしか方法が無いとのこと。何度も人前で弾いて回数をこなしても「本番の魔物」というのはいて、でもそれが緊張の原因になったかと思えば、普段とは違う演奏が出来たりもする表裏一体のもので、必ずしも悪いものとは限らないそうです。

ピアノと一緒に弾いたらどのくらい自分の音が聴こえるのか、お客さんにはどの程度の力加減で弾いたらきちんと聴こえるものなのか、経験不足と練習不足で良く分らなかったことが焦って緊張してしまった一因でもあります。ああ、あまり考えないようにしていたのにまた思い出してしまった(苦笑)。

クロイツェル41番の後半、やっぱり上手く弾けないのですが、「もうひとつの弓で弾いたらどうなりますか?(^^)」と言われ、前から使っていた自分の別の弓で弾いたら、少しマシになりました。「重音の長い音を弾く時に敏感な良い弓を使うと、難易度が上がってしまいます(^^)」「自信喪失している場合はですね、ちょっと許容量の大きいものを使うというのもありです(^^)」

なるほどなぁ…と思います。こういうお話を伺うたびに、アーチェリーのカーボン製の矢とアルミ矢の違いを思い出します。アルミ矢は初心者でもまずまず扱いやすくそれほど技術の差が出ない。カーボンの矢は上級者が使えば気持ちよく当たるけれど敏感なためちょっとのことで大きく外れてしまいます。初心者には扱いきれません。

アーチェリーではカーボンの矢を使っていましたが、ヴァイオリンでは自分が今の弓をまだまだ使い切れていないことは承知しています。クロイツェル41番などは悲惨な状態になってしまう…。でも、ツィゴイネルワイゼンはこっちの弓のほうが弾き易い部分がたくさんあります。曲によって使い易さは変わります。「デリケートな表現をしたいという練習には、あきらかにこっち(今の弓)の方が良いと思います(^^)」

「面白いので…(^^)」といわれて、ヴィブラートの練習を、許容量の大きい前の弓と敏感な今の弓でしたところ、弓に応じて左手のヴィブラートのかけ方を無意識に変えていたようです。前の弓では左手をたくさん動かしていたのが、敏感な方の弓ではそうでもなかったそうで、そうなんだ…と自分でちょっと不思議ですが、弓の性能に反応して弾いていたことは嬉しいです。

いっぱい色々なことを教わって、頭がパンパンになりました(笑)。レッスンの前に家でクロイツェルを弾いたら悲惨な状態で、この前の演奏のこともあって、「わたしヴァイオリンだめかもしれない…」と、何がどうというのでなく意味不明に漠然とそういう思いに襲われたけれど、帰りに商店街を歩きながら、相棒くん(今のヴァイオリン)を買った時の嬉しさとか、今の弓が一瞬魔法の棒のように感じた時のことなどがフワァ~っと思い浮かんで、だめとか大丈夫とか、そんなことは考えなくてもいいのだ…と思えて来ました。



小さいチューニングメーター

 2019-02-19
ヴァイオリンのチューニングメーターは、最初に買ったKORGのものをずーっと使っています。単四電池を2本使うものでCHROMATIC TUNER CA-30 と書いてある。レッスンの時以外は、いつでもどこでもそれを一緒に持って行っています。

使い慣れていていいのですが、この前の演奏の時にチューニングしようとしたら、いつもの家でのような静かな環境とは違うので上手く音を拾ってくれず、それが自分のペースを狂わせたことの一因だったかもしれないと思いました(←ナーバス過ぎる…笑)。Aをピアノであわせた後、他の弦を自分で合わせようとしたら良く聴こえず、補助的にチューニングメーターをと思ったらそれもダメで(笑)。家でも年季の入ったエアコンを使うと音が少しうるさく、消音機をした状態ではチューニングしにくいとも感じます。

前からもう少し小さいものがあったら良いなとは思っていたので、どんなものがあるのか調べてみたら、音の振動を直接拾って感知するクリップタイプのものがあるんですね。ただ、ヴァイオリンだと付けるのはペグボックス?指板を挟む?あまり使い勝手が良さそうではないし、好きなデザインのものがありません。で、クリップ式ではない小型のものを調べたら、良いのがありました。

KORG Slimpitch というもの。マグネット入りの長方形(フリスクのケースくらいの大きさ)で、そのままで使う以外に、楽器につけて直接音を拾うクリップ式のコンタクトマイクがついています。アマゾンで見ていたのですが、なぜかとても安くなっていて700円?!今までのと同じKORGだし、迷わず買いました(笑)。

使ってみた感想はいつもの方が見慣れているのと微妙なニュアンスが分り易いけれど、充分良いです。コンタクトマイクはペグボックスをまたいでつけるには少しクリップが小さいのでスクロールにつけるのが良さそうです。マイクのコードは譜面台にチューナーを置いて充分足ります。電池はCR2032を1個使用。


2つ並べるとこんな感じです。これでひとつ気になることを減らせました。


20190219232400e2e.jpeg



イメージを思い通りに表現できたら

 2019-02-13
普段あまりテレビは見ませんが、今日たまたまNHKのEテレをつけたら「又吉直樹のヘウレーカ!」という番組をやっていました。ピアノを弾くための脳や身体の研究をしている古屋晋一さんという方と又吉さんがピアノに向かっていて、練習の効率化とか、大人になってからでも脳が発達して音楽家の脳に近づくことはできるとか、自分にとって気になる話題で、ずーっとそのまま見てしまった。

「誰もが持っているイメージをそのまま音楽で表現できて、お互いにそれを聴きあって「そんな表現があるんだ!」って共進化していくのが理想。練習に時間をとっている場合じゃないんです。」細かいところは違うかもしれませんが、番組の最後の方でそういう内容の話をしていました。

それができたらどんなに幸せだろう…!

自分が持っているイメージをヴァイオリンで音にしたり、バレエで表現するまでにはとっても時間が掛かって、それでも何とかできるところまで行けるのではと思っていましたが、それは勘違いでやっぱり思うように表現できるようにはならないまま終わるのかもしれないな…と、たどたどしくピアノを弾く又吉さんと自分を重ねながら感じていたのです。

こういう音が出したい・こんなふうに弾きたいと思うことと、実際に自分ができることがかけ離れすぎていて、苦しいなぁ…と思ってしまう。もっと真剣にたくさん練習すれば良いのだと思いますが、現状でも苦しく感じているのにこれ以上というのは現実的ではありません。(…でもすぐに頭の中に「時間がかかっても諦めないでネ」という言葉が思い浮かびました)

あとしばらくしたらそういう研究が進んで、地道な練習をぜずに思うような演奏ができるようになるのかな。遠い未来になればテレパシーで全て通じてしまってヴァイオリンを弾かなくて良くなってしまうかな。でもわたしはこの身体を使ってヴァイオリンを弾いて、その音が空気を震わせて聞く人の気持ちに届く…というのがやりたいのです。

又吉直樹のヘウレーカ!「ピアノで脳の働きが良くなるってホント!?」←クリックするとNHKに飛びます。再放送があり、2月15日午前0時30分~ 午前1時15分です。もう一度見たいので録画しよう。



ものすごく緊張して…

 2019-02-11
「アヴェ・ヴェルム・コルプス」弾いてきました。もうタイトルにしたのでそのままですが、本当にすごく緊張してしまってどの程度の演奏だったのか自分では分りません…。家でもレッスンでもそれなりに練習して、今日も午前中にカラオケボックスで別の曲の合奏の練習の合間に、ひとりで弾いて聞いてもらった時も、いつも程度には弾けました。

ピアノとは本番の演奏の数時間前に一度合わせて、その時も緊張したけれどそんなに酷くなかったのです。別々に練習していたのがこうして合わせられて嬉しいなと思っていました。

それなのに…、んん…、残念です。もとから、ヴァイオリンを人前で弾くのはとっても緊張する人なのは自覚しています。でも最初の頃に比べて少しは慣れてきたはずでしたが、1年以上間があいてしまったからか、また振り出しに戻ってしまったかな。弾きながらどうする事もできなくて苦しかったです。

そんなに緊張する人だったことを忘れていたことがいけない。変な表現ですが、もっと自分のことを気にかけて大丈夫なようにしてあげれば良かったと反省しています。自分が自分を大事にしなかったら何にもならない。聞いてくれた人、ピアノを弾いてくれた方、相棒くん(わたしのヴァイオリン)、自分自身にも、こめんなさいと謝りたいです。考えが間違っていた。わたしの悪いクセです。

人前で弾くのは好きじゃないなぁ…とか、もうイヤだなぁ…とか、こんな時にはやっぱりちょっと思ってしまうのですが、そういうのは本気にしないことにします。前は本気でそう思ったけれど。ヴァイオリン弾くのはたぶん好きだし、相棒くんの音は誰かに聴いてもらいたいと思ってはいるのです。

なるべく人前で弾くことにご無沙汰しないで、慣れている状態を維持していかないとダメなのかもしれないなぁ…。でもそれはそれでちょっと大変…。



先生に教えてもらえば良い

 2019-02-08
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。急に春のように暖かいのでダウンより少し薄めの上着で出かけました。

先回のレッスンは自分が「できない…」という気持ちのまま行ってしまって良くなかった。どうすれば良かったのだろう…?と思った時に出てきた答えは、「先生に教えてもらえばいいのだ」という、考えてみればごく普通のことでした。その後、そう思ったことを忘れてしまっていましたが(←わたしあるある、笑)、昨日のレッスンはそういう時間になりました。

肩当てやアゴ当て、楽器の構え方を見直しているとお伝えしてあり、不都合に感じていることは何か、顔の向きを変えたり肩当てを外して弾いたらどうなるか、楽器の高さや角度を変えたらどうかなど、ひとつずつチェックしていきました。分らなくなったら最初に戻り、肩当て無しで楽器のエンドピンを首に当てる、から始める。あとは自分でどんな感じがより良いのか検証できそうです。

来週演奏する「アヴェ・ヴェルム・コルプス」も、もう一度みていただいて、最終的な方針が分りました。「何か気になる部分や心配なことはありますか?(^^)」と、丁寧に聞いてくださいました。わたしが分りやすいように動きに例えたり、「イカが途中でスルメになってしまわないように(^^)」と言ってくださったり。最後に擦れてしまった音が、「でも張りのある音ですのでこれなら大丈夫です(^^)」と、表面的でない中身のある音で弾くということを教えてもらいました。

「今日はわたしも先生も嬉しく良かったと思えるようなレッスンであるように』と思って出かけました。それは、自分が良く弾けるかどうかということとは少し違う。もちろん良く出来た方が良いに決まってますが。先生がどうだったかは分らないけれど、わたしは意図していたような嬉しい気持ちで帰ってくることができました。

勝手に少し心配に思っていたことがあって、こうして先生のところへレッスンに行くこと、ヴァイオリンが弾けること、そのほかの日常の当たり前に思っていることが、後からこれを遠い夢のように感じる日がくるのだろうな…と改めて思いました。実際にこれまで過ぎたいろいろなことは、遠い夢の出来事のように思えます。

毎日新しいわたしに生まれ変わりたいと思っていながら、今の毎日がずーっと続いたら良いなと思っているところもある。でも良くも悪くもずーっと続くことはないのです。いつも心を開いてその場や時間をちゃんと味わって、感謝や喜びを後回しにしないで伝えて、出し惜しみしないで、たくさん頑張って、たくさんサボって(笑)、過ごしていきたいです。



20190208014041ae6.jpeg


赤いバラ、2週間過ぎても綺麗です。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫