久しぶりのアンサンブル

 2015-02-19
一昨年から月に一度のアンサンブルに参加しています。今日は練習日でした。
12月の演奏会前には月2回くらい練習があったため、先月はお休みで今年初めて。
新しく何をやるのかな〜?
練習して行かなくていいのは楽チンだけど、
その日に楽譜が配られるということは初見で弾かなくちゃいけないんだな…。

幸い聞いたことのある曲だったけれど、
やっぱりわたしには初めて見た楽譜でみんなのテンポについていくのは難しいです。
とりあえず頑張って一拍目だけでも弾いて、重音は片方の音だけ弾いて、
なんとなく参加しているフリをしてしのぎました。

コンサートの後、事情があって退会した方がいるので新入会員募集中です。
わたしが入った時は「レッスン経験1年以上、アンサンブルが初めてでも可」という募集でした。
でも、結局集まったメンバーで今活動しているのは、わたしを除き経験豊富な方ばかりで、
その人たちのレベルに合わせて今の募集条件は、
「アンサンブルの経験があって、綺麗な音の方」ということらしい…。

わたしは初見は全然ダメだし、練習しても他の人に足並みが揃うまでに時間がかかるけれど、
音がギコギコしていないのと、すぐに出来なくても言われた事は理解できているらしいので、
なんとかセーフということのようです。

子どもの頃に弾いていた人や学生オケの経験がある人と同じようには出来なくても、
この頃、落ち込むことは前よりも少なくなってきました。

ヴァイオリンに必要なたくさんの要素をまんべんなくキレイな多角形のようにするのは難しいけれど、
どこかひとつか、欲を言えばふたつくらい、出っ張ったところがあれば嬉しいなと思っています。
ガックンとへこんでいる部分をならす必要も少しはあるけれど。
アンサンブルは一人で弾くのではないから。

行き掛けに乗り換えの吉祥寺駅で井の頭線の写真を撮りました。
到着した電車から降りた人波が過ぎるのを待っていたら、急に撮りたくなってiPhoneで。
眩しくて液晶が真っ暗になってしまって何を撮ってるのか分からなくなったけれど、
後から見たら電車の写真ではなく、光の写真になっていました。



11001751_746525148794133_8562888123913382745_n.jpg



クリスマスコンサート

 2014-12-11
今度の日曜日に、参加しているアンサンブルも出るクリスマスコンサートがあります。
今日は最後の練習があり、わたしも復帰して行ってきました。
おかげさまで肋骨の痛みは、日常生活ではほとんど気にならなくなりました。

バッハの「G線上のアリア」、コレルリの「クリスマスコンチェルト」の2曲で
わたしはセカンドヴァイオリンですが、
4人しかいないので一人でも変な音をだすと分かっちゃいます。
今週に入ってからはそれなりに練習してはいるけれど、時々ムニャムニャ…とした音になってしまいます。

でもさすがに本番前ということで、今までよりまとまっているのでは…?
足を引っ張っているわたしが乱す率が下がっているから?(スミマセン)
強弱もかなりハッキリ出せるようになってきて、時々とてもきれいに響いて幸せな気分になります。

女性ばかり10人ちょっとのアンサンブルです。
同年代くらいのあっけらかんとした女性の先生と、
自分が!というのではなく譲り合う性格・弾き方の人が集まっていて、
アンサンブルとして良い感じなのだろうなぁと思います。(初心者なので分かりませんが)

主催の先生のお教室関連のもうひとつのアンサンブルと、他にカルテットが3つ出演します。
充分コンサートとして成立するボリュームの内容です。
今日プログラムをもらったら、何だか嬉しい気持ちになりました。

今年になって、自分で会をひらいたりライブに出させていただいたりしたけれど、
アンサンブルで舞台の上で弾くのは初めてです。どんな気分になるのだろう?

明日から2日間劇場で働いて、その次の日がコンサートなので
また筋肉痛に襲われるのではないかと、ちょっと心配です。
たいしたことしていないのに、この前は体中痛くなっちゃったので…。
あ、2日間ヴァイオリン弾けないことのほうが心配ですね。家に帰ってからは練習できないだろうな…。

IMG_3901 (752x1024)


トゥッティとコール・ド・バレエ

 2014-07-22
週末のお仕事は無事に終わり、疲れたなぁと思っても前よりも復活が早くなってきています。
8月始めまでは忙しいのですが、この調子で行きたいと思います。

先週のレッスンの日、午前中にアンサンブルへ行っていました。

去年の6月に発足した時から参加させてもらっているので、1年経過しました。
レッスン経験1年以上、合奏経験無くても可、というので安心して入会したけれど、
皆さん経験者でわたしはアップアップしながらついていっています。

最初はヴァイオリン7名でしたが、今はヴァイオリン10名、チェロ2名に増えました。
12月に合同でコンサートをやることになり、コレルリの「クリスマスコンチェルト」を練習しています。

わたしはセカンドヴァイオリンです。
この曲はファースト、セカンド、チェロ、のソリストと、それ以外の人(トゥッティ)に分かれて弾きます。
始めは全員ソロの楽譜で弾いて、その後トゥッティの楽譜が配られました。

頑張って譜読みしたのに…と思ったけれど、トゥッティの楽譜は休符がいっぱいあって、
最初からこれをやろうとするのはとっても難しいと思います。わたし、たぶん無理。

トゥッティはバレエで言うとコール・ド・バレエ(群舞)のようなもの。
今思うと、シンフォニックバレエではコールドの動きはトゥッティに対応している部分が多く、
そういう意味では、わたしは初トゥッティだけど、コール・ドは経験済みなので、多少なじみはあります。
音楽の中のどういう部分を担うのかは、なんとなく分かります。

ヴァイオリン以前に楽器をやっていたことは無く、楽譜も読めないわたしに先生は、
「音楽経験というのは楽器をやったことがあるかどうか、ではないです(^^)」と言ったことがありました。
音楽を身体で表現するバレエは音楽経験のひとつなのだなと、
トゥッティを弾いて改めて感じています。

とはいえ身体ではなく、楽譜を見てヴァイオリンで音を出さなくてはいけないし、
バレエが音楽経験だとしても、他の人のヴァイオリン経験からすればかなり遅れているに違いなく、
がんばらなくちゃいけませんね。

自分が音楽の一部分になるのは幸せな感覚です。
まだまだ目先のことに夢中ですが、この一部分が全体の中で何をしているのかを見失わないように。
作曲したコレルリさんの言いたいことが、トゥッティに現れているのではないかと思うのです。

__ (6) (480x640)



アンサンブルのコンサートが決まりました

 2014-05-15
今日は月に一度のアンサンブへ。

これまで、とくに目標なく練習してきましたが、年末に小さいコンサートを開くことになりました。
主催の先生がやっているもう一つのアンサンブルと、先生の教室の人でカルテットを組むそうで、
なんだか賑やかな会になりそうです。

今日、コンサートの日程の発表がありました。
12月は舞台の仕事が忙しいことが多いのですが、運良くまだ予定が空いている日でした!!
良かった~。
もし出られない日程だったらモチベーション下がるなぁ…と、心のどこかで思っていたので。

わたしの習っている先生のところは発表会はないので、
今まで年に一度、自主的に知り合いの方たちの会で発表させてもらっていましたが、
小さくてもホールのようなところで、ある程度まとまった人数の前で弾くのは初めてになります。

それなのに、自分の思いつきで朗読&ヴァイオリンの会をやろうなんて…。
今まで毎回緊張して大変だったのに、良い度胸をしています。
でも、今回からは今までのわたしと違うわたしになることに決めたので大丈夫なんですよ。へへへ…。
(ここで「ほんとかな?大丈夫かな?」と思ったりしないことがポイントです。)

今日からコンサートのための新しい曲、
コレルリの合奏協奏曲第8番「クリスマス協奏曲」が始まりました。
全然知らない曲です。わたし、バレエの音楽以外はあまり知らないのです。

なんだかこのところ、必死に間に合わせようという気持ちが前ほど強くないみたい。
曲の終わりの方は練習が足りなくてほぼ壊滅状態になったけれど、
まだ初回なのでそれでも大丈夫でした。

カイザーを「修行」から、ただの「練習」という定義にしただけで、
良いか悪いか、なんだか頑張らない自分になってきはじめているかもしれません。

まあ、良いことにしておこう…。



久しぶりのアンサンブル

 2014-04-12
書きたいことがいろいろありますが、更新できていません…。

木曜日に、久しぶりにアンサンブルの練習に行きました。
先月はまだ肩の調子が良くなかったため見学させてもらったので、
弾くのは今年になって初めてでした。 (もう4月なのに…)

最近新しいメンバーが3人増えて、また今回も見学の方がいらして、
ヴァイオリン12~3名とチェロ1名になりました。
ほとんどの方が、子供の頃に習っていたとか学生オケで弾いていた経験があり、
大人になって始めた私のような人は数名。
その中で、どうやら私が一番経験年数が浅いようです。
それを練習の密度でカバーできるほど練習できているわけでもなく、
だからヘタクソなんですけど…。ゴメンナサイ。

でも演奏以外のことでは、少しは貢献できているのではないかと思います。
練習の雰囲気が明るく楽しくなるとか、準備や片付けをワイワイやるとか…、
結局、楽しい雰囲気担当なんだと思います。

今まで発表などの目的なく練習していましたが、
12月に先生がやっているもう一つの先輩アンサンブルと合同で小さな発表会をやることになりそう。
来月になったら日程がわかるのですが、12月か…。

例年12月は舞台の仕事が忙しく、土日はまず空いていることがありません。
でも、私にとってのやりたい事を一番大事にしたい。
すでに受けている予定はさすがに断れないけれど、
それ以外は発表会が決まるまで保留させてもらおうかな。

どうなるかな…?きっと大丈夫、大丈夫。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫