FC2ブログ

ヴァイオリンふたつ持って

 2019-01-21
この週末、久しぶりにヴァイオリンをふたつ持って出かけました。
来月、わたしが演奏するのは ヒントラボ文化祭 という、いつも一緒にいろいろ遊んでくださるいとう明美さんの会です。明美さんは何度かヴァイオリン体験をして下さっていて、今回一緒に合奏を披露することになっているのです。

前にヴァイオリンを触ったのはいつだった?というくらい間が開いていて「弓はどう持つんでしたっけ?」と言いながらも、ヴァイオリンはしっかりと構えられて、ふたりで以前練習していた曲を練習しました。

最初は難しい表情で、わたしも鏡越しに写真撮るのに難しい顔で(笑)、

201901211636147a3.jpeg


でも終わる頃には晴れやかなお顔で妹ちゃん(ヴァイオリン)との再会を楽しんでくれました。

20190121164353d05.jpeg

家の近所の、バンドの練習などをやるスタジオを借りたのでいろいろ写ってます(笑)。

普段、自分のふたつのヴァイオリンの音を同時に聴くことは無く、それで合奏できるのはとても嬉しいです。わたしは相棒くん、明美さんは妹ちゃんです。すぐに忘れますが、妹ちゃんはヴァイオリン体験用に買った楽器なのです。開放弦でふたつの音が響くと、自分の楽器ながら「おおー!」とその音に嬉しくなります。

去年の夏に少し手を入れて妹ちゃんの音が前より響くようになっていて、「押さえている左手にも響くのが伝わってきます!」と変化を感じてくれました。もともとウクレレを弾く方なので久しぶりでもすぐに思い出して、1時間で合奏まで行きました。ゆっくりのテンポでの全音符を、ひと弓で弾けるなんてすごいです。

音もだんだん良くなっていって「妹ちゃん、良い音がするんだなぁ~」と感じました。ヴァイオリン習っていないのに、そういう音を出してもらえて、もう、本当にありがとうございます。ほんのたまに、レッスンへ持参して先生に弾いてもらうことがありますが、先生はどんなヴァイオリンで何をやっても良い音を出してしまうので、素の音がよく分らないのです(笑)。

もともと体験用にと探して選んだので、楽器本人(?)もそういう心積もりがあるのか、フレンドリーに良い音を出してくれます。以前わたしの演奏を聴きに来てくれた友人たちに、相棒くんと妹ちゃん、ふたつとも触ってもらったことがありましたが、妹ちゃんの方がいいみたい。聴くのは相棒くん(いつものヴァイオリン)の音が良いそうです。

ヴァイオリンの音を出すのは、そんなに難しいことでは無いのだなぁ。そういえば、数年前に初めて先生のところでヴァイオリンを触って音を出した時にもそうだったかもしれません。音そのものを出すのは、楽器と弓がそれなりにちゃんとしていれば難しくないのかも。音を出すだけでなくいろいろなことをやらなくてはいけない、今のクロイツェルを練習している音の方がかなり無残です…。いえ、でも、いつでも何をしても良い音で、です。

ヒントラボ文化祭は2月11日(月・祝)です。音楽やダンスを楽しむという会で、無料ですが会場のご案内のためお申し込みが必要です。詳細はこちらをご覧ください。

それから、ヴァイオリン体験、全然宣伝しておらずやっているのかいないのか分かりにくいですが、ご希望があればいつでもヴァイオリンふたつ持って出かけます。
ご興味ある方はどうぞ(^^)。くわしくはこちらです。「誰でもヴァイオリン体験」



 ヴァイオリン体験していただきました

 2017-08-11
今日は初めてヴァイオリンを触るという方が、このブログを見てヴァイオリン体験に来てくださいました!全く面識のないわたしのところへ、未知の楽器(ヴァイオリン)を体験にくるというのは勇気の要ることかと思います。本当にありがとうございます。

ヴァイオリンを構える、弓を持つ、音を出してみる。どれを取っても本当はとっても難しいことかもしれません。でもとりあえず触ってみて音を出してみる。ヴァイオリンを持ったら想像よりも軽かったとか、音を出したら身体にも響くとか、そんなにギコギコした音じゃないんだ…とか、やってみなければ分からないことがたくさんあるのですから。

初めてヴァイオリンを触る人に立ち会うのがわたしで良いのか、わたしのヴァイオリン(妹ちゃんを使ってもらいました)で良いのか、と思わなくもないけれど、音楽エリートではない40歳過ぎてヴァイオリンを始めた「本物の一般ピープル」だからこそできることもあるのだと教えてもらいました(^^)。

ヴァイオリンを好きになってもらえたら嬉しいけれど、それはご本人が決めること。ヴァイオリンを習ってもこれで完成ということはないし、一気に夢中になって気が済んでやめる人、何となくフェイトアウトしてしまう人、事情ができて続けられなくなる人、細々と続ける人、中断してまた始める人…、いろいろですね。

わたしはヴァイオリンは細々と続けている人かな(笑)。バレエも舞台の仕事もやめたけれどまた始めた人。アーチェリーは夢中になって気が済んだ人。どれもいつやめてもまたいつはじめても良いのだといろんな経験から分りました。そう思うと気が楽ですね。

ヴァイオリン体験、あまり宣伝してはいませんがいつでもご利用可能です。こちら「誰でもヴァイオリン体験」に詳細やお申込み方法のご案内があります。PCでご覧の方は右側の「誰でもヴァイオリン体験」の写真からも同じページに入れます。ご興味ある方の目に留まったら嬉しいです。



ヴァイオリン体験会

 2017-03-15
今日はヴァイオリン体験会でした。


__ 2 (2)


ソプラノサックスを吹く知人が来てくださいました!せっかくなのでそのサックスと一緒に来ていただきました。この金管楽器のピカピカ光る姿はテンション上がりますね!(すぐ磨くことを考えてしまいます、笑)


__ 1 (2)  そしてケースがカッコいい!


今まで弦楽器は触ったことがなくヴァイオリンとは縁が無かったとのことですが、楽しみにしていて下さったそうで、とても嬉しいです。ヴァイオリンを持ってもらったら「思ったよりも軽い~」と驚かれました。新しい楽器はもう少し重たいと思いますが、妹ちゃんも130歳くらいで木の水分が減っているのと、板が薄い楽器なので軽いです。相棒くんのほうが年上だけれどちょっと重たい。こちらも持ってもらい「あ~、ほんとだ。」と実感してもらいました。アゴ当ての重さが違うというのもあると思います。

持ってもらったついでに楽器の構造(と言ってもシンプルだけど)をお話しして、楽器を構えてもらいました。ん~、なかなか落ち着く場所が見つからない…。肩幅や首の長さなど、人それぞれに違うのだということが改めて分りました。

その後は弓を持ってもらってしばらく開放弦を弾いて、少しだけ左手で弦を押さえて音の高さを変えて弾いて…。左手で楽器を支えつつ指を動かすというのはとっても難しいですね。自分は今では慣れてきましたが、そういえばわたしも最初は大変でした。

その後、お互いになぜ楽器をやろうと思ったのかとか、これからどんな音楽をやりたいかなど、たくさんお話しをしました。耳コピ派の二人なのでとってもお話しが合いますよ。そして、あ~、わたしもやっぱりヴァイオリンをもっと上手になりたいな~と思いました。

で、おねだりして、持ってきてくださったサックスの音を聞かせてもらいました。リードを付けるのも見せてもらいました。サックスは甘い響きがします~。何がどう甘いのかは上手く説明できないけれど。その様子を見ていたら、いやいや、管楽器は難しそうです。

わたしだったら息が足りなくて「カフッ…」という音しか出ないんじゃ?「吹いてみますか?」と言ってもらったけれど、ちょっと前に家でリコーダー吹いて「無理…」と思ったことがあったのでご遠慮しました。管楽器は練習に体育会的な訓練の要素がありそうです。まずは基礎体力?大きな音が出るのはそれなりのことをしているからですね。

自分が普段触っているものはだんだん当たり前になっていきますが、違う楽器を触ったり見たりすると、お互いに自分はなかなか難しいことをやっているのだと気がつきます。楽器に限らず、仕事でも、勉強でも、日常の事でも、人それぞれに自分では当たり前になってしまっていて気がつかない技を持っているのかもしれません。

ヴァイオリン体験に加えて、大事な楽器を持てきてくださって、ありがとうございました。体験会は終わりましたが個人のヴァイオリン体験は受付中です。ご興味のある方はどうぞ! → 「誰でもヴァイオリン体験」



「ヴァイオリン体験会」

 2017-02-06
「誰でもヴァイオリン体験」(わたしと1対1のもの)とは別に、数名での「ヴァイオリン体験会」を開くことにしました。

ヴァイオリン体験をやろうと思った経緯はコチラをご覧下さい。
 「ヴァイオリンを触ってみたい人のために」

使っていただけるヴァイオリンは基本1つなので、順番に体験してもらうことになりますが、複数名で気楽にヴァイオリンを体験したい方はどうぞいらしてください。ご参加の人数にもよりますが、お一人15分程度は楽器を触っていただける予定です。

あとは他の方の様子を見学したり、ご参加の方とお話ししたり、ご自由にお過ごしください。


「ヴァイオリン体験会」

日時 : 3月15日(水) 16時15分~17時45分

会場 : JR中央線・東京メトロ丸の内線荻窪駅 徒歩7分のスタジオ
     (ご参加の方にお知らせします)

参加費 : 2000円   定員 : 4名

お申込みはコチラからお願いいたします → 「ヴァイオリン体験会」お申込み
 ※ お申込み締め切り 3月13日 (それ以前でも定員に達したら終了いたします)

___20170108204341958.jpg


体験に使ってもらうのは新入りのヴァイオリン(妹ちゃん)ですが、持ち方の説明などをするのに相棒くん(ずーっと使っているヴァイオリン)も持参します。ヴァイオリンもひとつひとつ個性があります。並べてみるとやっぱり違うし、音もかなり違います。

せっかく持って行くので、ふたつのヴァイオリンの音を聴き比べてもらおうかなと思っています。状況にもよりますが、体験でヴァイオリンの扱いに少し慣れたら相棒くんの音を出してもらうこともできるかもしれません。

平日の中途半端な時間帯ではありますが、ご興味のある方のご参加お待ちしています。(いつでもなんでも平日開催でスミマセン)

一人でゆっくりヴァイオリンを体験したい方は「誰でもヴァイオリン体験」をどうぞ。



「誰でもヴァイオリン体験」

 2017-02-06
ヴァイオリンを触ってみたい人、音を出してみたい人のための「誰でもヴァイオリン体験」を始めることにしました。経緯については 「ヴァイオリンを触ってみたい人のために」 をご覧下さい。

わたしはヴァイオリンの先生でも、小さい頃からヴァイオリンを弾いている人でもありません。40歳を過ぎてからヴァイオリンを習い始めて、その前にヴァイオリン以外の楽器を習ったこともありません。ついでに言えば、「自分の知っていることを教えるのが大好きな人」というわけでもありません(笑)。

だからそこ、ヴァイオリンという楽器に興味がある人や、ヴァイオリンを習ってみたいけれどその前にヴァイオリンをまずは触ってみたい人が、ご自分のペースでプレッシャー無くヴァイオリンと過ごす時間をつくれるのではないかと思います。

わたしにとってヴァイオリンは憧れの楽器でした。今はそのヴァイオリンと過ごせるようになり、できない事はたくさんあっても幸せです。誰かの嬉しい体験のお手伝いができたら、わたしも嬉しいです。

音を出すために、ヴァイオリンや弓の持ち方や弓の動かし方をお伝えします。ヴァイオリンという楽器本体に興味のある方には音が出る仕組みなどもお話しします。これからヴァイオリンを習ってみたい人には、どこで習うのか良いか、楽器はどうするかなど、わたしの分かる範囲でお答えします。

他の楽器をやっているけれどヴァイオリンを触ってみたい方、前にヴァイオリンを弾いていたことがあるけれど、久しぶりに弾いてみたい方もどうぞ。


「誰でもヴァイオリン体験」

場所 : JR中央線高円寺駅付近の音楽スタジオ(徒歩5分程度)
料金 : 3000円  60分(準備・片付けを含む)
日時 : ご希望をお知らせください(お申込みフォームに記入欄があります)

お申込み : こちらからお願いいたします → 「誰でもヴァイオリン体験」お申込み

わたしとお申込みの方1名でのヴァイオリン体験です。
2人用のスタジオで行い、ヴァイオリンを2つ使います。

料金が妥当かどうか自分では判断できませんが、時間や場所などを考え決めました。最初からきちんと先生に基本を習いたい方はヴァイオリン教室の体験レッスンをお勧めします。(まあ、そういう人はこちらへは来ないと思いますが…)探せば無料体験レッスンというのがたくさんありますので、そちらが良いと思います。

なお、ご要望があれば出張での体験もお受けします。
基本知らないところへ出かけていくのは好きなので(笑)、ご希望の方はご相談ください。(お申し込みフォームにご記入くださいね)

ちょっとだけ触ってみたい、1対1でなく何人かで体験したいという方は、「ヴァイオリン体験会」というのもやりますので、そちらへいらしてください。




≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫