音を届けるには

 2017-07-15
習っているヴァイオリンの先生の演奏を聴かせていただく機会がありました。ギターのアンサンブルの会で、ヴァイオリンとギターの合奏でした。

自分が弾くのではないのにどうしてか出番が近付くと緊張して手に汗が(笑)。先生の演奏を心配しているということでは全くないのですが、何ででしょう?レッスンの時とは違う雰囲気で、エネルギッシュな演奏でした!他の人たちの演奏はかなり長いのが多かったので、あっという間に終わってしまったように感じました。もっと聴きたかった。

先生の楽器の音は調整をしたこともあってこれまでと全く違って、なんと表現したら良いか分らないくらいの違いです。表現力が増したというのか、なんというか、魅力的という表現しかできません。他の曲を弾いたらまた違う印象を持つのだろうな。

弦楽器フェアなどでヴァイオリンとギターをおなじ場所で見ると、ヴァイオリンは外に向かって、ギターは自分の世界の中でどちらかというと内向きで弾くというイメージを持っていました。ヴァイオリンは確かにそうで、遠くの客席の一番後ろの人に向かって…というのを身体の動きでできそう。(そういう動きをしても、実際に届くかは別かもしれないけれど)

ギターはそういう身体を使って遠くへ届かせようという動きができない楽器だなぁと思いながら見ていましたが、姿勢によらず遠くに音が飛んでくる人がいるのです。楽器の違い、技術の違いということだと思いますが、ギターを抱え込んで顔が下を向いていても音が届くことに影響ないのです。ん~、そうなんだ…。

届かせよう、響かせようとすること、なのかな?やっぱり観客の前で演奏する時には、こちらから「なになに?」と近寄っていかなくても、「こういうことが言いたいんですー♪」と届けてくれる演奏の方が親切だなぁと思いました。これは自分のために忘れないように書いています。

音楽用の小規模なホールでしたが、ロビーの座席図がかわいらしい。


__ (3)



でも、ホールの中2面がガラスになっている発想はわたし的にはちょっと…。演奏会以外の目的で使うことがあったらライトがハレて照明さん泣かせだなぁと、ロビーにあったチラシを思い出しながら思いました。余計なことですが。


__ (8)  良い天気過ぎて今日も暑かったですね。



何の練習をしようかな

 2017-07-10
ヴァイオリン、リハビリ中です。他のこともそうだけど。
この前練習を再開したと書きましたが、その後ヴァイオリンを触れない日が多く、練習しても長い時間弾くことは難しいので、リハビリ進んでいません。

左手が上がらないので普通にヴァイオリンを弾く格好ができません。机の角に肘を乗せてみたり、他にもいろいろと(ピカチュウのぬいぐるみをわきの下に挟んだら結構良い、とか)試してみて、音を出すことはできるようになりました~。

通常の課題は全然できていませんが今週はレッスンに行くことになっていて、まさかピカチュウを連れて行くことはできないので(笑)、道具に頼らず先生のところで音が出せるようにしなくちゃ!と、自力だけで弾けるようにしました。どんな時でもレッスンに来てしまう困った生徒だという自覚はあるのですが、「その時にできることをやりましょう(^^)」と言って下さるお言葉に甘えてリハビリさせてもらいに行きます。

重音しか出てこないクロイツェル33番は、忘れてしまわないように…と思ってトライしたけれど、出だし部分で無理だと断念してしまいました。ん~、指は練習すればなんとかなりそうですが、左手をあちこちポジション移動させるのはダメ。

何にも見ていただけるようなものがないままレッスンへ行くのは、それでも申し訳ないような気がします。「カイザーやクロイツェルなどのエチュードは、トリルの練習、移弦の練習など、その時の自分の必要に応じて曲を取り出して練習するもの(^^)」と教えていただいたことがあるような気がします。今、わたしはどれをやるのが良いかな…と、今更ですができそうな曲を考えて練習を始めました。

週明けの仕事終わりの月曜日は、お休みであればたいていヘロヘロしています。今日も2度寝して、お昼のような朝ごはんを食べて、ボーっとして、夕方に買い物に行って。とっても暑いので、いつも以上にボーっとしてしまいますね。

仕事で自分が上手くできなかったこと、改善した方が良いことなど、反省ばかり思いついて「あ~」とか「う~」とか言ってしまう。何も失敗していないし、上手く終わったのにね。反省会はもうやめます(笑)。



忘れてしまう前に

 2017-06-30
先週の水曜日に「ダメだ…」と断念してからヴァイオリンを触っていませんでした。仕事で長いときには5日間くらい弾かない時もあるけれど、時間が取れないのと弾くことができないのは少し違っています。

でも、ケースを開けて相棒くんの顔を見るくらいしても良いよね?と、ようやくそんな気になって、昨夜久しぶりに対面しました。弓を持ってエアボーイング(?)を少し。それから右手で楽器を持ってあごの下に入れ、ネックを譜面台のヘリに乗せて、目に入る風景が普段の練習の時のようになった。相棒くん(ヴァイオリン)はやっぱり眺めているのではなくて、わたしの身体と密着してひとつになっているのが幸せです。

クロイツェル33番をせっかく解読したというのに、それっきりご無沙汰してしまって忘れかけています。普段練習していても前日にやったことを次の日には忘れているので無理もない。今ならまだゼロにはなっていないだろうから、なんとか記憶を繋ぎ止めたいけれど、音を出さないと思い出せないのが困る…。

クロイツェルどころかまずは音を出すところからやらないと。ヴァイオリンの練習を自分に課すことはプレッシャーにもなるけれど、わたしの前向きな意欲の一部でもあるのだな~と改めて感じています。結局のところ、そうやっているのが好きなんですよ。だんだんいつもの気持ちが戻って来て、今日は怪しい格好で楽器を持って音を出してみました。

もちろんおかしなことをしているので、音が良いとかどうとかいう次元ではないけれど、ヴァイオリンから音が出てくるとなんだかちょっと安心します。

わたしは疲れているとかお腹が空いたとか、そういうことに鈍感で、調子を崩してから気が付くことがよくあります。眠たいのはよく分るけれど、それでもなかなか寝ないし。今回の不調もそういうことかなと思います。はっきりしない天気で体が熱いのか冷えているのか分らない。暖かいミントティーを作ってミルクを入れたら幸せな気分になりました。やっぱり冷えてたのか。(笑)


__ (5)



今までと違ってヘンな感じ

 2017-05-17
この5月はゴールデンウイークの後も忙しく、気がつけばもう5月半ばですね。ヴァイオリンのこと、気持ちがリセットされたような気がしてやる気はあるのですが、じっくりと練習できないままです。夜、眠たいのに消音機をつけて練習するのは時間の無駄な気がして寝てしまうことにしています。(笑)

朝起きた時にクロイツェルの14番や31番が頭の中で流れていることがあります。そういう時は出かける前に10分でも15分でも、曲の途中まででもそれを弾いてみています。これはきっと時間の無駄じゃないと思う。こういうことはできたらいいなと思っていたけれど今まで実行できなかったので嬉しいです。

少し時間がある時には音痴改善のために分るまでしつこく繰り返すので全く進まず…。ぜんぜん練習が足りない…。でも疲れて寝てしまう…。そういう自分を責めないでいられるのは進歩なのか退化なのか?(笑)

肩のリハビリは疲れなのか筋力低下の再発なのか、上手く力が入らず、「疲れにしても病気にしても、休むことが一番良いですからゆっくり休んでください。」とリハビリの先生に言われ、それをとっても素直な気持ちで聞くことができました。自分にそういう言葉を掛けてあげることが無かったなぁとか、日常的にそう言ってくれる人もいないしなぁなんて思ったりして。

課題の進み具合も断片的、思うこともとっちらかり気味なまま、明日はヴァイオリンのレッスンなのですが、これまでのように追い詰められた気分になっていません。なぜか分りませんが、できないことをとがめるとか焦る気持ちよりも「ヴァイオリン好きだな~」と思っているのです…。わたし、大丈夫なのか…?いえ、大丈夫じゃないことろがいろいろあるのは知っていますけど。


__ (5) (768x1024)

先日の雨の日に出先で会ったバラ


良くないのは弓か楽器か、それともわたしか?

 2017-04-10
4月になり息子が社会人になって、生活のリズムが変わりました。これまでよりも生活時間帯が早くなり、ヴァイオリンの練習をしていた時間が夕ご飯の時間になってしまって、練習ができない日があったり。生活のリズムだけでなく、何だか気分も変わって、わたしはこんなに人の影響を受け易いのかと自分で驚いています。

ようやく時間の使い方が少し分かって、練習ができるようになりました。肩や手の調子は日によって色々ですが、ヴァイオリンは弾きやすくなってきているように思います。ヴィブラートは手首からのヴィブラートにすると決めたので、目標がはっきりして少し進歩したような気がします。(また気のせいかもしれないけれど、笑)

相棒くん(ヴァイオリン)は駒がデリケートなので、消音機を付けるのは妹ちゃん(新入りヴァイオリン)と決めています。でもいつもそれでは可愛そうだよなぁと、昼間に消音機をつけない状態で弾いてみたら、ん~、こんな感じだったっけ?あまり良い音がしていません。

いつも押さえつけられていたら機嫌も悪くなるよね…。しばらく弾いていたら音が出るようになったような気がしたけれど、次の日に駒を調整(?)したら、おお!開放弦で弾いたらよく響くようになりました!そこで練習中のクロイツェル29番を弾いたら、全然良くないです…。ヴァイオリンのせいではなくてわたしの問題ですね。29番は相棒くんでも良い音が出ません、笑。

それにしても音が出なさ過ぎなのでは?松ヤニがまた塗り足りないのか?今使っている松ヤニ(1月に買った)が合わないのか?弓がおかしいのか?毛替えをした方が良いのではないか?もう1本の弓で弾いてみたら毛の状態はこっちの方が良いかな、松ヤニが前のだからかも…。また、何が何だか分からなくなってきました。

おかしいかもと思った弓に、以前から使っている松ヤニを塗ったら、気のせいかもしれないけれど少し良いような気がして落ち着きました。ヴァイオリンや弓の状態が良いのか悪いのか、わたし自身の調子も良いか悪いか、自分の気持ちもなんだかなぁ~という調子で、今日もツラツラと取りとめのないお話しでした。

でも、ちょっと気力は戻って来ています。頭の中でクロイツェル29番がグルグル回っています。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫