FC2ブログ

リセット計画、進んでいます

 2018-06-27
急に暑くなりましたね。梅雨はどこへ?
ヴァイオリンの練習は音漏れ防止のため部屋を締め切るので、エアコンをつけたり消したり、扇風機にしてみたりしていますが、アゴ当てに汗が…。相棒くん(ヴァイオリン)本体は濡れていないよね?いえ、首や鎖骨が触るあたりは危ないかも。雨が降らず天気が良いと、相棒くんの調子は良いようです。爽やかとは言えないけれど湿度も下がっているのでしょうね。

土日は朝早く出て遅く帰ってくるのでヴァイオリンの練習はお休みです。月曜日、ヴァイオリンを構えたら何となく違和感が。少し間があいた時に感じる違和感は大切にします。この前までは間があき過ぎて違和感だらけだったけれど(笑)、このところはそこそこ練習できているので感覚を信頼して大丈夫だと思う。

リセット計画が進んで、最近はヴァイオリニスト養成ギプス(別名、脱臼防止サポーター)を外して過ごすことが多くなり、ヴァイオリンもそのまま弾く練習をしています。暑いし、着けていても外していても肩の離れ具合はあまりかわらないので(笑)。

肩当ての収まり具合が変わるので少し調節しましたが、また少し感じが変わりました。調子が悪かった時はサポーターしないと情けない音しか出せなかったのですが、今は相棒くんが好調だと思えるくらいの音が出るようになりました。やっぱり肩の調子、少し良いみたいです。空耳&勘違いでなければ良いのだけど。

肩はいろいろ調べた結果、外傷の脱臼と違ってここを直せばよいという箇所は見つからず、やはりリハビリでコンディションを整えていくのが良いだろうということになりました。手術して治るものならそれで、と思っていたところもあったけれど、やはりこれ以上痛い事をしなくて良くなり安心しました。今後の方針はちょっと迷っていることもありはっきり決まっていませんが、調子の良い間に自分で地道に戻していくことだなぁと改めて思っています。

明日、明後日は泊まりで下見へ。帰ってきて週末は2日間仕事へ。またヴァイオリンの練習はお休みです。不定期、不規則な仕事が好きでやっているので、まあ、いつもこんな感じです。体力温存しますと言いたいところですが、この前の日曜深夜のサッカーも帰宅後に見たし、明日の夜も泊まり先で見る予定です。今日は早く寝ます(笑)。


20180627223341c2d.jpeg



踊りの曲は良くわかる

 2018-06-20
週末に久しぶりの現場仕事があり劇場へ。その時にはあまり感じなかったのに、終わった次の日はとても疲れてほとんど寝て過ごし、翌日に復活しました!

ヴァイオリンの練習をする前に、仕事でよく聞いているメロディーを弾いてみようと楽譜を探しました。ミンクスの「ドン・キホーテ」はIMSLPにピアノスコアしかなかったのですが、知っている曲だからヴァイオリンがどの音を弾いているのかは分ります。カッコいいメランコリックなメロディーは楽譜で見ると特別難しくは無いのですが、自分が弾くといつも聞いているような音にはなりません。

そういうことをしてみると自分の何が足りないのか良くわかりますね。粘っこさとか押しの強さとか…、いつもレッスンで言われていることです。相当頑張ってしつこく濃~く弾かないと、耳慣れたメロディーにはなりません。ん~、やっぱりそうなんだ…。

踊りの曲はわたしにはよく分る。以前先生が「音楽体験というのは、楽器をやったことがあるかどうかだけではありません(^^)」と言ってくださったことを思い出します。その時にはあまり実感できなかったけれど、音楽に合わせて踊ることは音楽体験のひとつなのだと、今の段階になって良く分かるようになりました。

ヴァイオリンを弾くという同じことをするにも、人それぞれ脳ミソの使い方が違っているのだろうな。わたしは楽譜を見て弾いていても今出している音がドレミファソラシドの何の音なのか意識することが苦手です。最初はたどたどしく時間をかけて楽譜で音を確かめながら弾くので認識しているはずですが、音を覚えたら考えなくなってしまいます。(←だから未だに初見では弾けません)

わたしの音楽体験は何の役に立っているのかと言えば、ん~、曲の起承転結や流れを感じるのが少し得意かもしれません。あとは曲から妄想する色や温度や景色や動きとか。先生はわたしのそういうところをよく分かっていて、「これを踊りの動きに置き換えたらどうなるかを考えて弾くとどうなりますか?」と言ったりします。そういうことで音が変わってくるのです。便利なんだか不便なんだか…(笑)。

でも、そういうわたしの特徴を上手に活用して自分らしいヴァイオリンができたら楽しいだろうな。


20180620232841b4c.jpeg


普段よりも少し丁寧に掃除をして今日は小さな花を買いました。梅雨時にオレンジのお花、部屋も気持ちも明るくなります。



ヴァイオリン好だなぁと改めて思う

 2018-05-15
2週間ほどヴァイオリンを触っていませんでした。
雨の日が多かった先週はおとなしくすごして練習も復活するつもりだったのが、アクシデントで身体を痛くして復活できず…。週末は仕事があり、あまり何もやらない方向(笑)でいてもやはりそれなりに動きましたが、ジッとしているよりは良かったみたいで少し動けるようになりました。

日曜日の深夜、帰宅してテレビをつけたら「ピアノの森」というアニメをやっていました。主人公の男の子がピアノを弾く幸せそうな様子を見て、「ああ、わたしはヴァイオリンを弾くのが幸せなのだよな~」と思い、久しぶりにヴァイオリンを弾きたくなって夜中に消音機を付けて弾いてみました。

久しぶりに弾く相棒くんは、消音機をつけていても大きな音がしているような気がして驚きます(しばらく弾いていないと音量がわからなくなる)。手元にヴァイオリンがあるのに2週間も弾かなかったのは初めてかもしれません。いつもならできないなりに弾き方を工夫してみるのだけど、今回は無理やり弾こうとはしませんでした。また少し先に弾けない状況になることと、心身ともにリセットしたいというような気持ちがありました。

練習を休む前にはいつものボーイングの練習が、普通に弾いてもアップボウスタッカート&ダウンボースタッカートになって弓が跳ね放題だったのが、右手の調子が戻ってほぼいつも通りにロングトーンができました。良くなってみて「ああ、やっぱり気のせいではなく調子が悪かったのだなぁ」と分る鈍感さ。

練習を休んでいる間にもヴァイオリンの動画を見たり、ヴァイオリンに気持ちは向いていたのです。自分の弓があまりにも跳ねるので弓の動きが気になる。わたしの場合は弓を持たなくても手首の動きが上手くコントロールできていなかったようですが、手首をたくさん動かす人とあまり動かない人がいて、動かさないで弾くにはどうしたら良いのだろう?と観察してました。結論は出ていませんが、ひとまず手首が動くようになったので保留です。

久しぶりにオイストラフ父さんのメンデルスゾーンを聴いて、改めて良い音だなぁと思いました。何の曲を弾くかということよりもどんな音で弾くかということがより大事なのだな。こういう時、頭の中にはバレエのことが思い浮かんでいます。美しいダンサーは歩いて出てきただけで見る人を魅了する。オイストラフの音はそんな音に感じました。

練習できなかったけれど思ったよりも後退していなかったように思うのは気のせいかな?いろいろ慌てずに、こういう時間もたまには良いかもしれない。落ち着いた気持ちで「ヴァイオリン好きだな。」と思えています。



仕事で聴いた弾いたことのある曲

 2018-04-16
今年の冬はお仕事ヒマヒマで、それを利用して旅行へ行ったりしましたが、春になり通常ペースに戻っています。

この週末はバレエの発表会で「ゴセックのガヴォット」や「白鳥の湖のグラン・アダージョ」が演目の中にあって、自分が弾いたことのあるものはつい耳がダンボになってしまいます。録音された音源ですが、一日でゲネと本番と2回あるので結構聴けます(笑)。

ガヴォットは鈴木の1巻の最後に出てきて、当時のわたしにはとても難しく、スピッカートがペシペシと情けない音しか出ないし指は回らないしで、すごーく落ち込んだのでした。その後2巡目をやった時にもやっぱり思うようには弾けず、それ以降この曲を聴くと嫌~な気持ちになるのです…。

舞台の仕事は前もって全部の通し稽古を下見させてもらうのですが、その時にもそんな気持ちになり、数日後改めて鈴木の1巻を取り出してリベンジを。久しぶりに弾いてみたら、以前よりはマシに弾けるようになっていました!あれから何年も経っているので同じでは困るけれど、ちょっと弾いてみただけでもかなり違うので(当社比)、練習したらもっと普通っぽく弾けるようになるかもしれません。あまり好きじゃないのでやりませんが(笑)、長い間のトラウマがようやく解消できました。

「白鳥の湖のグラン・アダージョ」は、今回のはかなり自由奔放な演奏で、あまり好みでは無いな~という印象でした。でも自分が苦手な速い部分はとても美しい音で、ん~、これを弾いている人はわたしと反対でゆっくりの部分が好きじゃないのかも。ゆっくりの部分は音程が外れるとか何となくグダグダしているとか(←自分のことは棚に上げて)、苦労して練習したものは、思うように弾けなくても頭の中では練習の成果があったのだと分かります。

出だしのゆっくりの部分は大好きなので、今でも時々弾いています。レッスンでは玉砕して悲しい結果に終わりましたが、その後少しは良くなっているのかな…。時々なので音程は怪しくなる部分もあるけれど、弓が足りなくなることはなくなりました。でも苦手な部分は全然弾いていないので変わっていないと思います。

他にも昔のレコードの音を思い出すような弦楽器の艶やかな響きに聴こえた曲がありました。子どもの頃家にあったレコードで聴いた綺麗なツヤツヤした音、あれは音がきれいに揃っているのに加えてほんの少し音程が高めになっているのでは?と、音痴なわたしは思うのでした。ああいう音の実態は何なのだろう?

そんなことを考えてはいても仕事は無事に終わりました。普段は助手をしていますが、今はもう滅多にやらないその上の立場の仕事で、体は酷使していないはずなのに疲れました~。



たどり着くのは自分に必要なこと

 2018-01-22
来月の中欧旅行に関連して、チェスキー・クルムロフという場所について調べていたら、「ロマ」という言葉を見つけました。

ジプシーという言葉には差別的な意味合いがあるそうで、それに変わるのがロマということのようです。ツィゴイナーとか ツィガーヌもジプシーと同じニュアンスなのではと思います。他のことを調べていたのに、気になることの行き着く先はは音楽に結びつくことでした。いえ、わたしが音楽に興味関心があるので、なんでもそれに結び付けて考えてしまうのでしょう(笑)。

「ツィゴイネルワイゼン」も「ツィガーヌ」もヴァイオリンでは有名な曲ですね。情熱的だったり激しかったり、わたしのようなあっさりしたそっけない弾き方では成り立たないような曲です。自分の中に情熱的な何かを探して掘り起こしている最中です(苦笑)。もっと血が騒ぐようなエネルギッシュな感じにならないものか…。(それ以前に問題山済みなのは承知していますが)

情熱的なそういう血が流れている人が弾いたらどんなふうになるのだろう?そう思って探したら、シャーンドル・ラカトシュ(Sándor Lakatos)という人のチャルダッシュをみつけました。(弾いている映像はありません)




でも、ラカトシュで検索すると出てくるのはこちらのロビー・ラカトシュ(Roby Lakatos)の方が多いです。さっきのシャーンドル・ラカトシュは彼の叔父さんらしいです。こっちのチャルダッシュ、もうすご過ぎて笑うしかない(笑)。




目をつぶってもう一度聞き比べたら、最初のシャーンドル・ラカトシュ叔父さんの方がとっても好き。ヴァイオリンを始めたころ「踊るように歌うように遊ぶようにヴァイオリンが弾きたい」と思っていたけれど、それはこういう音楽なんだよな~。今、その希望を取り下げた訳じゃないけれど、そんなふうに弾きたいと思うと同時に身体のどこかに緊張感が走るのを感じます。まずそこが違うのよ…。

ツィゴイネルワイゼンを弾いているのはありませんでした。他の、なんだか濃い目のお姉さんが弾いているのを見つけて参考にしています。いつまでたっても全然それっぽくならないので、この前のレッスンで先生がわたしに分かりやすい踊りや動きに例えてくださいました。何となくでも、ちょっとでも、そんな雰囲気でできるようになりたい。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫