バレエ教室ではできないことを

 2017-05-21
先日19日は、バレエストレッチサークルのレッスン日でした。バレエが全くはじめての方のご参加もあり、わたしを含め4名で楽しく少し汗もかきました。わたしはこのところ日常的にストレッチなどの準備はできておらす、でもそういう人が月に一度でも身体を伸ばしたりちょっと動いてみるという趣旨にはピッタリの状態でした。

以前バレエをやったことがある、やったことはないけれどバレエに興味がある、でも様々な理由でバレエ教室に通うのはちょっと…という人が気軽にバレエの雰囲気を楽しめる場があっても良いのではないかと思っています。わたしは今から足が開くようにとか、高く上がるようにとは思わないし、身体に負担の掛かる動きは避けたいけれど、音楽に呼吸を合わせて気持ちよく動きたいという理由から自分でレッスンをすることにしました。

バレエというのは西洋の伝統芸能です。バレエ教室はその型を正しく教えて鍛錬させるところかな。バレエ教室の先生としては今からその担い手になる予定の無い人に対しても、同じように教えるのがお役目かもしれません。

バレエをやるには、個人のバレエ教室やバレエ団組織下のバレエスクール、ダンススタジオのオープンクラス、カルチャーセンター、スポーツクラブなどの選択肢がありますが、基本的にはどこでもバレエの先生が基礎からきっちりと教えてくれると思います。わたしはバレエの先生でもないのに人を募ってレッスンを始めましたが、そういうバレエの先生たちには敬意を持っています。

自分はバレエに多面的に関わり、ヴァイオリンを習い始め、バレエの公演を初めての方にご案内したりして、バレエについてこれまでと違った視点を持つようになりました。バレエはなせバレエなのか。文化的な背景、他の踊りや体操との違い、音楽との関わりなど、自分の中で育ってきたものがあります。

自分と一緒にレッスンしに来てくださる人に、大人の文化活動的にそれを少しでも分かち合えたらなぁと思っています。脚は前、手は上に、顔は横に…というのではなく、どうしてそうするのかを自分なりの解釈を交えてやってみています。手の位置、脚の位置、顔の向きは個別のものではなく、動きの方向性から決まってくるもので、そこにバレエのエッセンスがあるのだと思います。他にも、こちら側のお客さんの視線を意識して…とか、こういう衣裳を着ていると思ってフワッと揺らして…とやらせてもらったら、皆さん、面白がってくれました♪


「バレエストレッチサークル」 今後の日程

6月 3日(土) 10時15分~11時40分 ※週末開催
6月16日(金) 13時15分~14時40分
7月14日(金) 13時15分~14時40分  各回ともスタジオには15分前より入れます

場 所   杉並公会堂地下1階 スタジオ D
       杉並公会堂アクセスはコチラ

参加費  1500円 当日お支払いください

ご参加方法 「お問合せフォーム」よりお申込みください。(参加日を「お問い合わせ内容欄」にご記入ください)続けてご参加の方はレッスンの際に「次回も行きます!」とお申し出下さい。

運動のできる服装、足元は厚手の靴下が良いです。必要に応じてタオル・飲物(フタのできる容器)などをご持参ください。出来る範囲で無理なく気持ちよく身体を動かすのが目的です。わたしの自主練も兼ねているので先生ではありませんが、旗振り役はします♪
興味ある方はご一緒にどうぞ。バレエをやったことがない人でも大丈夫です。一度だけのご参加も歓迎です。お気軽にいらしてください。



「バレエストレッチサークル」やってます

 2017-04-15
2月にスタジオを借りてバレエのようなことをやってみたところ、気持ちも身体もスッキリとして思いのほか良かったのです。その時の様子はこちらです。「スタジオを借りて」&いとう明美さんのブログ「楽しいこと」の道連れになってきました(^^*」

3月からは「バレエストレッチサークル」という名前をつけて、わたしの自主練に参加したい人を募ってレッスンしました。赤ちゃんを抱っこしながらレッスンに参加の方、子どもの頃から憧れていたけれど初めてバレエを体験する方が来てくれました!

その時のことを、わたしにすっかりつき合わされている(笑)明美さんが「誰かや何かの都合に合わせるのではなく、心から「やりたい」と思ったことを、そのまま気負わずに形にしていくというシンプルだけれど難しく、でもとても大切なことが行われていく様子に立ち会わせていただいてココロの奥のほうが、じわーっと幸せになりました。」と書いて下さっています。全文はコチラです。「絶対他にはない?!バレエレッスンに参加してきました(^^v」

昨日は4月のレッスン日でした。「動きやすい服装&厚手の靴下で可」にしていますが、先回の様子があまりにも体育会系な雰囲気で、「これではいかん!」と心を改めました。旗振り役のわたしくらいちょっとバレエっぽくした方がご参加の方に喜んでもらえるのでは?と、バレエシューズと巻きスカートを買いました。

__ (3)

昨日はバレエのご経験がある方ばかりだったので、よりバレエっぽい動きをしましょう!と簡単なワルツやピルエット(片足で回るやつ)などもしたところ、「みほさんのスイッチが入って暴走した!」と言われてしまいました(笑)。スミマセン。急な暴走ではなく計画的犯行でした。

さて、前置きが長くなりましたが、今後の予定を公にお知らせすることにしました。


「バレエストレッチサークル」 今後の日程

5月19日(金) 13時15分~14時40分 ※スタジオには15分前より入れます
6月 3日(土) 10時15分~11時40分 ※週末開催
6月16日(金) 13時15分~14時40分
7月14日(金) 13時15分~14時40分

場 所   杉並公会堂地下1階 リハーサル室 D
       杉並公会堂アクセスはコチラ

参加費  1500円 当日お支払いください

ご参加方法 「お問合せフォーム」よりお申込みください。(参加日を「お問い合わせ内容欄」にご記入ください)続けてご参加の方はレッスンの際に「次回も行きます!」とお申し出下さい。

運動のできる服装、足元は厚手の靴下が良いです。必要に応じてタオル・飲物(フタのできる容器)などをご持参ください。バレエのようなストレッチをして、シンプルなバーレッスンもちょっとやります。出来る範囲で無理なく気持ちよく身体を動かすのが目的です。わたしの自主練も兼ねているので先生ではありませんが、旗振り役はします♪
興味ある方はご一緒にどうぞ。バレエをやったことがない人でも大丈夫です。ストイックなバレエのレッスンをしたい方の参加は認めません(笑)※若干滑る板張りのスタジオなので激しい動きは危険です。

興味はあるけれど参加に不安が…という方はお問合せください。大丈夫です~とお返事いたします(笑)。


スタジオを借りて

 2017-02-03
昨年、いとう明美さんのヒントラボTVでバレエについてお話しさせてもらったことがあり、二人ともバレエ経験があるので、いつかレッスンしてみる?と半分冗談で言っていたのですが、思ったことはやらなくては!と、スタジオを借りてみました。


__ (8)


わたしは4歳から10年と、18年間のブランクの後5年くらいレッスンをしたことがあり、もう今後はバレエをやることはないだろうと思っていました。バレエで音楽を表現する代わりにヴァイオリンを始めたのですが、踊るためではなくヴァイオリンを弾くために、またレッスンをしたらどうだろう?と思ったことがあります。

音楽に合わせて気持ちよく身体を動かしたい。呼吸しながら手足を伸ばして動かすだけでもいいんです。普通のレッスン(あるべき姿に近づけるために手を抜かない)をまたやりたいのではない。身体の都合に合わせて、無理なくできることだけやりたい。

バレエのレッスンは通常は複数名でやるもので、他の人の手前、わたしだけにそれをさせてくれるようなスタジオはないよなと、思うだけで終わりました。

そんな都合の良いバレエスタジオがないのなら、自分でやれば良かったんですね。こういう場所は誰だって借りることができるのだから。先生に見てもらわなくても、わたしが望む程度のことならば自習でもいいんです。一人じゃつまらないから、明美さんを道連れにしました(笑)。

二人ともレッスンは10年以上ぶりでしたが、この日に向けて少しづつ家でストレッチなどをして準備して、わたしは左、明美さんは右の肩が危ないので無理をせずに、足も高く上げず、早い動きもあまりぜず、でも終わりの方はちょっとジャンプしてクルクル回り、二人とも目が回ってヨロヨロとして…(笑)。怪我もなく、無事に終わりました。

ここ数日ストレッチをしながら、今更ですが身体の使い方で気がつくことがあり、退化しながらも別の面では進歩もするのだなと興味深く思います。30代でレッスンに戻った時には10代では分らなかった筋肉の使い方が分ったし、50近くになってまた発見がありました。

家に戻ってから気がついたのだけど、骨盤、股関節から大腿にかけてがとてもスッキリしていて(骨格が整った感じです)、そういえば以前もレッスンの後、先生に良くそう言われたなと思い出しました。

好きなことで無理なく身体を動かすことは、健全な心身でいるために必要なんだなと久しぶりに少し上気した自分の顔を見て思いました。もうバレエをやることはないと思い込んでいたけれど、難しく考えなければハードルはありませんでした。今後も無理のないペースで時々身体を動かしたいなと考えています。

無理はしていないはずです。筋肉痛になるほど頑張っていないはず。今はどこも痛くない。でも、それが不気味な感じです。明後日くらいになったら結果が出ますね(笑)。



初めてのバレエ鑑賞をご案内しました

 2016-12-17
今年の秋からバレエについてヒントラボTVでお話しさせてもらったり、
バレエのお茶会を開いたりしていますが、
今日は初めてバレエを観る友人たちを公演にご案内しました。

もともとはコチラを思いついたのが先でした。
初めて観るものだからこそ、バレエを観て良かったと思ってもらいたい、
面白いと思ってもらいたい、できればバレエファンになって今後も劇場に足を運んでもらいたい。

いろいろ考えてしまうと、なかなかコレという公演はないのですが、
新国立劇場の「シンデレラ」を選びました。


___20161217221417ace.jpg


誰でも知っているお話しで、長過ぎず展開が早く飽きない、
ダンサーも舞台美術も美しく、裏方として関わっていたこともあるので解説もできます。
そして何よりもわたしが好きだから。

7月の発売日にチケットを買おうとしたのですが、
後援会などに入っていない身分なので(コネとか使いたくない、笑)、
先行発売で既にかなりの席が埋まっていて、
しぶしぶ3階席を押さえたので心配でしたが、思ったよりも良く見えました。
(3階だけど中央の席です。わたしにとってはそれが大事。)


__ 3


新国立劇場の「シンデレラ」を客席から観たのは初めてです。
前奏曲が始まったらとても幸せな気持ちになって、全身がぞわぞわして目がウルっとしました。
出ている人皆が美しく愛らしく、フレデリック・アシュトン(振付 1904~1988 )の愛を感じました。

裏方としてこの演目に関わったのは15年くらい前。
忘れていることとすごく覚えていること、いろいろ思い出しながら観ました。
裏にいたのでは分からないことがたくさん見えました。
客席で見たから分ったこともあるけれど、
年月を経て、わたしが多くのことを感じられるようになったのかもしれません。

ご一緒した友人たちは今日を楽しみにしていてくれて、バレエも良かったと喜んでもらえました。
休憩時間や、終演後にお茶をしながら
感想を聞かせてもらったり、質問に答えたり、わたし自身の感想をお話ししたりして、
観て終わりではなく、それを消化するお手伝いができたと思います。

自分が好きなことで、わたしにとってはぜんぜん難しくないことで
こんなふうにお役に立てて、自分も嬉しいことがあるんだな。

ご一緒した皆さま、楽しかったですね。ありがとうございました。
お勧めできる公演はなかなかないけれど(笑)、またその折には企画しようと思います。



バレエのお茶会やりました♪

 2016-11-19
昨日は、新しい試み「バレエのお茶会」でした。

バレエを観たことがない方、発表会を観たことがある方、バレエを習ったことがある方など、
バレエとの関わりがさまざまな方たちと一緒に、
美味しいフルーツのデザートやランチをいただきながら楽しい時間を過ごしました。


15133830_918222394975856_139107794_o.jpg  ケーキの集合写真(笑)


バレエだけではなく、他の踊りをする方や楽器の経験がある方ばかりで
集まる人は似たもの同志なんだな~と面白く感じます。

そういうメンバーだったので、バレエと他の踊りとの比較から、
西洋の文化と日本の文化の違いのお話しや(日本の楽器・踊りの経験がある方がいました)
習い事あるある(笑)など、かなりマニアックなお話しで盛り上がりました。

お茶会ということで、わたしがバレエについて知識を教えるというのでなく、
集まった人の経験や興味で話題が膨らんでいき、
予想外のところでお話しが繋がっていくようなこともあって面白いです。

ヒントラボTVでお世話になっているいとう明美さんに、バレエの舞台について
「(舞台の裏で働く)お仕事の観点から、観てもらいたいのはどんなところですか?」と聞かれ
「踊りを見て欲しい。踊りを見ていて気が付いたら場面やセットが変わっていた、
と気が付くのが、ヨーシッ!(ガッツポーズ)と嬉しくなること。」と答えていました。

そう言いながら、自分の中にバレエの舞台や裏方の仕事に対する愛があることに
改めて気が付きました。まあ、そりゃそうなのだけど、すぐに忘れるので。
ありがとうございます。

ご参加の中にバレエの経験者でチェロを弾く方がいました!!!
めちゃくちゃ親近感を覚えます。嬉しいです。
いつか演奏しましょうと妄想が膨らんで…。実現できるように上達しなくちゃー!

バレエのお茶会は面白いのでまたやります。1月くらいにしようかな。
来月にはバレエの公演を初めての方と観に行くことになっているので、
その時のお話などもできたらなと思っています。




≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫