CASIO DTMキーボード GZ-5

 2017-08-18
ヴァイオリンの練習をできない日が何日もあって、わたしヴァイオリン弾けない人になっちゃうんじゃ?と思ったりしています。忙しいといえばそうだけど、全く時間がないということではないから、もう少し時間のやりくりを上手にしなくちゃな…。

クロイツェルは後半の重音の課題に入っていて、今練習しているのは34番。
わたしは絶対音階は全く無いので(キッパリ!)、楽譜を見ても頭の中で音が鳴ることはありません。単音でも分りにくいフレーズだと正解の音をヴァイオリンで探し当てるのは簡単ではありません。それが2つの音の重なりとなると何が正解なのか、何がなんだか…ということも(汗)。

これまででも音が難しい曲はiPhone のピアノアプリや、以前は昔から持っているピアニカ(笑)でなんとか音取りをしてきました。だって鍵盤楽器がそれしかないのです…。わたしのiPhone は小さい(5c)&平面で弾きにくい、ピアニカは吹くためにいろいろ面倒くさい。それで、音取り用に机に置けるコンパクトなキーボード?を探しました。

買ったのは「CASIO DTMキーボード GZ-5」というグレーのミニミニ鍵盤のこれです。もう生産終了品なので中古です。でもこれが良かったので。黒い大きい立派な鍵盤のは子どもの頃(35年くらい前!)に叔父さんからもらったピアニカです。

IMG_5034 (1024x768)


これが来て、音を確かめるのがかなり楽になりました~。ピアノは習ったこと無いけれど子どもの頃に好きでかなり練習したので、音取り程度なら重音でも意外と弾けます(当社比、笑)。というか、ヴァイオリンで弾くことが難しすぎるのでしょうね…。でも目指す音がわかるようになったのでチマチマ頑張ります。買ってから気がついたのですが、A4=442Hzでした。ヴァイオリンの音取りには丁度良いです。

この GZ-5 というのは「MIDIデータ入力用キーボード」「気軽にDTMを楽しみたい方におすすめ」とあって、え?DTMって何?という次元のわたしですが、どうやら楽譜をつくるときの入力に使えるらしい…ということで、できない&分らないクセにそれを試してみたいなぁ~とか、忙しいのにいろいろ興味が出てきてしまっています。それもあってこれにしたのです(^^)。楽譜といってもわたしがつくるのは耳コピ楽譜で難しいものではないのですが、だからこそこういうのがあったら便利かも。

それは少し先のお楽しみにして、まずは目の前のことを。それにケーブル買わないとパソコンに繋げないし(笑)。



楽譜を見た時の頭の使い方が…

 2017-06-06
今週はヴァイオリンのレッスンがありますが、凝りもせずに今またジタバタしています。
クロイツェルは2番から31番まで2巡したようです。順番通りにやらなかったこともあって実感がなく、ホントかな?と思って楽譜をパラパラしてみたら書き込みがありました(笑)。

次回からは32番以降の重音シリーズに突入です。で、その32番を練習していますが、左手で押さえることと右手の弓で確実に2本の弦を弾くことが困難です。久しぶりに「ギコッ!」とか「カスッ…」とか、悲しい感じの音ばかりします…。押さえる弦を間違えたり!、弾く弦を間違えたり!、最初のころからあまり進歩していません。

でも…、カイザー20番で苦労していた頃とは、楽譜を見た時の頭の使い方が少しだけ変わりました。変わったというか、普通に近付いた(笑)。前は楽譜を見ても何が何だか良くわからず弾いてた(だいたいこんな感じ…を曲の最後までやっていた)のが、上はソ下はミと、音名で考えられるようになりました。それを考えずにヴァイオリンを弾いていることが多いわたしです。自分でも不思議…。

あとは、前の音と次の音の指の関係が、時々だけど関連付けられるようになりました。そのまま隣の弦に指を移せばいいとか、そういうことです。何年も経って、ようやくそういうことを考えるようになりました。でももちろん全部はできないので、まだまだ「なんとなくたぶんこの辺…」というところに指を置いて弾いています。はぁ…。

こういうことを書き始めると、わたしは頭の中のどの部分を使って楽譜を見て曲を弾いているのか、本当に不思議になります。最初は楽譜を見ながら音と指の動きを覚えて、その後は覚えたことを思い出す手がかりとして楽譜を見ている。他の人でもそうなのかもしれませんが、わたしの場合はたぶん「覚える」の比率がとても大きく、だから少しやらないと忘れてしまって振り出しに戻ります。

この前「中丹田」という言葉を見つけたけれど、実際の練習はこんな調子なのでそれどころではなく、なんだかなぁ~…と残念です。このところ眠くなってしまうことが多くてあまり練習を頑張れないし、頑張ったとしても32番を1回練習すると小指がふにゃんとして力が入らなくなってしまいます。

でも、リハビリの成果がゆっくりでも出てきたのか、バレエもどきで身体を動かすことが良いのか、相棒くんのご機嫌がいいのか、ボーイングの練習をすると大きな音が出るようになってきています。身体を動かすと、気持ちが少し外向きになるような気がします。ボーイングの練習だけでなく、他のことでもそうやって弾けるようにしたいゾ。



楽譜ソフトは好きです

 2016-10-15
楽譜から音を拾って曲を音にする作業はいつまでたっても苦手意識がなくなりません。
今もクロイツェル31番でそれをやっていますが、
ものすごーく時間が掛かり、かなり苦痛を感じています。

でもその逆の、音を楽譜にする作業は好きみたい。
絶対音感はもちろんだけど、相対音感もあるような気がしていないので、
耳コピが得意とは間違っても言えません。
楽譜ソフトに音符を入力するのも楽譜を読むのと同じくらい根気がいる。
なのにこれはぜんぜん苦痛じゃないです。(笑)

楽譜作成ソフトは一年前にiPhone無料アプリの iWriteMusic-Free から始めて、
半年前からはパソコンで MuseScore 2 というフリーソフトを使っています。

簡単な弾きたい曲で楽譜がないもの、弾きたい調がないものの楽譜を
耳コピで作りたいというのから始まり、
ヴァイオリンの伴奏を作ろうか…とか、他にもいろいろ妄想が広がってきました。

便利な機能がたくさんあるようだけど、
わたしは自分がやりたいことを実行するために使うので
今必要で使っていること以外は良く知りません。(笑)
音楽の専門家やパソコンの専門家から見たら原始人的使い方をしているのでは?
たぶん、非効率なまだるっこしいことをしていると思います。

楽譜との付き合いがヴァイオリンで弾くだけでなく、
楽譜を入力するという作業をするようになって、
楽譜の基本の基本が(今更ですが、笑)、分かってきました。

4分の4拍子は、1小節に4分音符が4つ、8分音符なら8つ、16分音符なら16こ…、
休符も4分休符、8分休符、16分符…が同じように入る。
その組み合わせがいろいろなだけで、必ず帳尻が合うようにできている。

知識として知ってるつもりでも良く理解していなかったのが、
入力してみるとよーく分かります。すぐ間違えて次の小節にはみ出します。
入力途中でも再生できるので、間違いが良く分かります。

ゲームみたいにコレをやっていると、結果として楽譜が読みやすくなってくるような…。
入れるにしても出すにしても、そこのパイプが太く流れやすくなってくるのだと思われます。
音程は別にしても、楽譜のリズムは前より理解しやすくなったような気がします。
気のせいだったとしてもそんなふうに思えるだけでかなり嬉しいです♪



また楽譜を…(^^;

 2016-03-13
耳コピ派のわたし、
今日は動画を見ながらちまちまと楽譜をつくりました。

スマホではやりにくくなってきたので、パソコンでできる無料ソフトを使うことにしました。
「MuseScore」です。 https://musescore.org/ja

相変わらすのパソコン原始人ですが、いろいろと試すうちに使い方が分かってきます。
取り説を読んで始める人じゃないんです。やってみて分からないことだけ調べる人、笑。
だから最初はさっぱりわからなくて、相当時間が掛かります。

5月に、アイリッシュバーでご飯を食べながら演奏を順番にしていくような気軽な演奏会があり、
教会の発表会で知り合った人と参加することになっています。
弾きたい曲をyoutube で見つけたので、そこから楽譜をつくることになりました。

ヴァイオリンのデュオで、他にヴィオラの方がひとり、伴奏をアレンジして参加してくれます。
わたしがやりたいことなので、自分で耳コピできる程度の簡単なことだけど、
3人で弾いたらきっと素敵になるんじゃないかと、早くも妄想が…。

参加を決めたのは2月半ばでしたが、ようやく今日できました。


__ (4)   いろんな機能があって本物の楽譜みたい♪


ヴァイオリンのレッスンの課題以外にも、こうやってやりたいことがいくつかあるけれど、
まずはレッスン最優先なので、自主活動は後回しになりがちですね。
で、間際になって慌てます。

今年は秋に友人と一緒に小さな会をやろうと話しています。
わたしがやるのはヴァイオリンだけど、とても大切にしたい会です。
あとは「いつか一緒にやりましょう!」と言ってくれているジャズピアノの友人がいたり、
他に、わたしひとりでやりたいこともあるのです…。

全部、今のわたしにできることの範囲でですが、
いろんな場所でドキドキしながら新しい経験ができるのは嬉しいことですね。



耳コピを楽譜に

 2016-02-18
ヴァイオリンを始めてから数年経っていても、
楽譜を見ることに対しての苦手意識はなかなかなくなりません。
耳コピが得意というわけじゃないけれど、そちらの方が精神的ハードルが低いです。

先日録音した「椰子の実」も、頭の中に「この高さの音で」というのがあり、
それに従って弾いています。
でも、それだけだと間違えてしまうし弓順などの計画が立てられないので、
苦手といいつつやっぱり楽譜があった方が便利です。
有名な曲なので楽譜はありそうだったけれど、弾きたい調のものを探すのが難しく、
結局、自分で作りました。

昨年、iPhone の「iWriteMusic-Free」という無料アプリを知りました。
これが使ってみると便利~、というか、面白い。
デジタル原始人のわたしでもできます。ゲームみたい。
音を聴きながら楽譜を作ることができるので、耳コピ派のわたしにはありがたいです。
教会で弾いた「The First Noel」の楽譜も、これで自分の弾きたい通りの楽譜を作りました。

昔、息子くんのDS「大合奏!バンドブラザーズ」を借りて、
これと同じような方法で「カルメン前奏曲」のいろんなパートを入れて遊んだのを思い出します。
(全部、耳コピで、笑)
ただね、シンバルで「ジャン、ジャーーン!!」がやりたかったのですよ。

「iWriteMusic-Free」で作った楽譜をパソコンに転送して印刷すると
大きくグレーで文字が入りますが、コピーをすると消えます。
たぶん有料版では入らないのでしょう。

__ (3) (600x800)  「椰子の実」じゃないけど…

このアプリのおかげでやりたいこと&できることの幅がグーッと広がりました。
わたしにとって「耳コピを楽譜に」は「妄想を現実に」に直結です!

耳コピと言っても音を探しながらの作業なのでサクサクとはできませんが、
紙に書いて「これで合ってるのか?」と迷っているより、すぐに再生して確かめられるので便利です。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫