CASIO DTMキーボード GZ-5

 2017-08-18
ヴァイオリンの練習をできない日が何日もあって、わたしヴァイオリン弾けない人になっちゃうんじゃ?と思ったりしています。忙しいといえばそうだけど、全く時間がないということではないから、もう少し時間のやりくりを上手にしなくちゃな…。

クロイツェルは後半の重音の課題に入っていて、今練習しているのは34番。
わたしは絶対音階は全く無いので(キッパリ!)、楽譜を見ても頭の中で音が鳴ることはありません。単音でも分りにくいフレーズだと正解の音をヴァイオリンで探し当てるのは簡単ではありません。それが2つの音の重なりとなると何が正解なのか、何がなんだか…ということも(汗)。

これまででも音が難しい曲はiPhone のピアノアプリや、以前は昔から持っているピアニカ(笑)でなんとか音取りをしてきました。だって鍵盤楽器がそれしかないのです…。わたしのiPhone は小さい(5c)&平面で弾きにくい、ピアニカは吹くためにいろいろ面倒くさい。それで、音取り用に机に置けるコンパクトなキーボード?を探しました。

買ったのは「CASIO DTMキーボード GZ-5」というグレーのミニミニ鍵盤のこれです。もう生産終了品なので中古です。でもこれが良かったので。黒い大きい立派な鍵盤のは子どもの頃(35年くらい前!)に叔父さんからもらったピアニカです。

IMG_5034 (1024x768)


これが来て、音を確かめるのがかなり楽になりました~。ピアノは習ったこと無いけれど子どもの頃に好きでかなり練習したので、音取り程度なら重音でも意外と弾けます(当社比、笑)。というか、ヴァイオリンで弾くことが難しすぎるのでしょうね…。でも目指す音がわかるようになったのでチマチマ頑張ります。買ってから気がついたのですが、A4=442Hzでした。ヴァイオリンの音取りには丁度良いです。

この GZ-5 というのは「MIDIデータ入力用キーボード」「気軽にDTMを楽しみたい方におすすめ」とあって、え?DTMって何?という次元のわたしですが、どうやら楽譜をつくるときの入力に使えるらしい…ということで、できない&分らないクセにそれを試してみたいなぁ~とか、忙しいのにいろいろ興味が出てきてしまっています。それもあってこれにしたのです(^^)。楽譜といってもわたしがつくるのは耳コピ楽譜で難しいものではないのですが、だからこそこういうのがあったら便利かも。

それは少し先のお楽しみにして、まずは目の前のことを。それにケーブル買わないとパソコンに繋げないし(笑)。



楽譜を見た時の頭の使い方が…

 2017-06-06
今週はヴァイオリンのレッスンがありますが、凝りもせずに今またジタバタしています。
クロイツェルは2番から31番まで2巡したようです。順番通りにやらなかったこともあって実感がなく、ホントかな?と思って楽譜をパラパラしてみたら書き込みがありました(笑)。

次回からは32番以降の重音シリーズに突入です。で、その32番を練習していますが、左手で押さえることと右手の弓で確実に2本の弦を弾くことが困難です。久しぶりに「ギコッ!」とか「カスッ…」とか、悲しい感じの音ばかりします…。押さえる弦を間違えたり!、弾く弦を間違えたり!、最初のころからあまり進歩していません。

でも…、カイザー20番で苦労していた頃とは、楽譜を見た時の頭の使い方が少しだけ変わりました。変わったというか、普通に近付いた(笑)。前は楽譜を見ても何が何だか良くわからず弾いてた(だいたいこんな感じ…を曲の最後までやっていた)のが、上はソ下はミと、音名で考えられるようになりました。それを考えずにヴァイオリンを弾いていることが多いわたしです。自分でも不思議…。

あとは、前の音と次の音の指の関係が、時々だけど関連付けられるようになりました。そのまま隣の弦に指を移せばいいとか、そういうことです。何年も経って、ようやくそういうことを考えるようになりました。でももちろん全部はできないので、まだまだ「なんとなくたぶんこの辺…」というところに指を置いて弾いています。はぁ…。

こういうことを書き始めると、わたしは頭の中のどの部分を使って楽譜を見て曲を弾いているのか、本当に不思議になります。最初は楽譜を見ながら音と指の動きを覚えて、その後は覚えたことを思い出す手がかりとして楽譜を見ている。他の人でもそうなのかもしれませんが、わたしの場合はたぶん「覚える」の比率がとても大きく、だから少しやらないと忘れてしまって振り出しに戻ります。

この前「中丹田」という言葉を見つけたけれど、実際の練習はこんな調子なのでそれどころではなく、なんだかなぁ~…と残念です。このところ眠くなってしまうことが多くてあまり練習を頑張れないし、頑張ったとしても32番を1回練習すると小指がふにゃんとして力が入らなくなってしまいます。

でも、リハビリの成果がゆっくりでも出てきたのか、バレエもどきで身体を動かすことが良いのか、相棒くんのご機嫌がいいのか、ボーイングの練習をすると大きな音が出るようになってきています。身体を動かすと、気持ちが少し外向きになるような気がします。ボーイングの練習だけでなく、他のことでもそうやって弾けるようにしたいゾ。



耳コピを楽譜に

 2016-02-18
ヴァイオリンを始めてから数年経っていても、
楽譜を見ることに対しての苦手意識はなかなかなくなりません。
耳コピが得意というわけじゃないけれど、そちらの方が精神的ハードルが低いです。

先日録音した「椰子の実」も、頭の中に「この高さの音で」というのがあり、
それに従って弾いています。
でも、それだけだと間違えてしまうし弓順などの計画が立てられないので、
苦手といいつつやっぱり楽譜があった方が便利です。
有名な曲なので楽譜はありそうだったけれど、弾きたい調のものを探すのが難しく、
結局、自分で作りました。

昨年、iPhone の「iWriteMusic-Free」という無料アプリを知りました。
これが使ってみると便利~、というか、面白い。
デジタル原始人のわたしでもできます。ゲームみたい。
音を聴きながら楽譜を作ることができるので、耳コピ派のわたしにはありがたいです。
教会で弾いた「The First Noel」の楽譜も、これで自分の弾きたい通りの楽譜を作りました。

昔、息子くんのDS「大合奏!バンドブラザーズ」を借りて、
これと同じような方法で「カルメン前奏曲」のいろんなパートを入れて遊んだのを思い出します。
(全部、耳コピで、笑)
ただね、シンバルで「ジャン、ジャーーン!!」がやりたかったのですよ。

「iWriteMusic-Free」で作った楽譜をパソコンに転送して印刷すると
大きくグレーで文字が入りますが、コピーをすると消えます。
たぶん有料版では入らないのでしょう。

__ (3) (600x800)  「椰子の実」じゃないけど…

このアプリのおかげでやりたいこと&できることの幅がグーッと広がりました。
わたしにとって「耳コピを楽譜に」は「妄想を現実に」に直結です!

耳コピと言っても音を探しながらの作業なのでサクサクとはできませんが、
紙に書いて「これで合ってるのか?」と迷っているより、すぐに再生して確かめられるので便利です。



楽譜を起こす

 2014-08-09
楽譜が苦手で嫌いですが、今日は無謀にも楽譜を起こすという作業に挑戦しました。

来月ほんのちょっとだけヴァイオリンを弾く機会がありそうで、
いただいた音源から自分が弾くところだけを抜き出しました。
楽譜ももちろんあると思うのですが、良い機会だからやってみようかなと思って。

何度か聞いて覚えて、それをiphoneのピアノアプリで弾いて音を確かめながらという作業。
短いフレーズなのでミミコピで弾いても良いのだけど、
ボウイングをどうするかとか、やっぱり書き込まないと忘れてしまうので、
覚えるまでは楽譜があったほうが良いみたいです。

ト音記号を書いて、何調かは後回しにして(笑)、たぶん4分の4拍子だからCと書いて。
最初が休符みたいだけど、この休みはどの記号だっけ?と調べて(調べないと分かりません)、
1小節を4分音符4つ分にするために、分かりにくいところは16分音符で数えたりして、
なぁんだ、結局楽譜苦手なわたしが普段解読していることの全く逆をすればいいんですね。

ん~、でも何調か分からない…。
ピアノアプリで弾くと、ドとファ以外は黒鍵になります。
さて、この音は♯ラ?それとも♭シ?なんとなく野生の勘で♭と決めました。
♭5つは調べてみると変ニ長調か変ロ短調になります。
たぶん長調だと思うのだけど、微妙な感じで良く分かりません…。

とりあえず♭を5つ、ト音記号の横に順番を調べながら書き込んで完了です!
たった8小節だけど、結構時間が掛かりました。でも、ちょっと賢くなった気分。

ちなみに黒鍵を♯と考えるとどうなるの?と、♭レを♯ドにして音階を弾いたら、
ミの♯は白鍵のファに、シの♯は白鍵のドになってしまった…。当たり前だけど。
こうすると、7つの音全部に♯をつけなきゃならない…。
そんなのあるの?!と思ったら、ありました。「嬰ハ長調」

「変二長調」と「嬰ハ長調」は「異名同音調」と言うらしいです。
ピアノで弾くと同じ音ですが、ヴァイオリンでは「♯ドと♭レは違う音です(^^)」と習ったし、
もう、何が何だか分かりません…。
とにかく、わたしは分かりやすいのがいいので♭を5つで良いことにしました。

ああ、これを書くのにもずいぶん時間が掛かってしまいました。
でも、興味を持ったことは調べる気になるし、分かっても分からなくても面白いですね。
勉強というのはこうやってやるものかもしれません。ほんとは分かるまで調べるのだろうけど(笑)。

さて、ヴァイオリンで弾いてみたらあまり響かないです…。
開放弦と共鳴しにくいのかな…?わたしが上手じゃないからかなぁ…。

長々と分かりにくい話を読んでくださってありがとうございました。





楽譜がスラスラ読めるようになるワーク

 2013-11-30
先日遊びに行ったスマイルカフェ桜木町で体験してきました。

IMG_0685.jpg
 帰宅した時、玄関の前で鍵を取り出そうとカバンをゴソゴソ
 やっていたら、このシュールなスプーンが出てきて苦笑しました。

楽譜を読むのが苦手なわたし。それをスラスラ読めるようになるといいなぁ~と思って、
多数のブロックやネガティブ感情がはずれる事が期待されるというエネルギーワーク を受けました。
スプーン曲げはその一環。

エネルギーワークもさることながら、
「楽しみで習っているヴァイオリンなのに、なぜ嫌いな楽譜を読む練習をしているの?」
「耳で覚えて弾くんじゃだめなの?」と言われて、
ああ、わたしは自分でやりたくてカイザーの教本に取り組んでいるんだ!と思い出しました。

先生に強制されてやっている訳でなく、自分にとって必要だと思うから、
楽譜がスラスラとまではいかなくても、そこそこ読めて合奏や新しい曲が弾けるようになりたい。
そのためには、面倒くさかったり、練習が楽しくなくても、やらなければいけないの!!

カイザーを始めてかれこれ1年半くらい経って、当初の目的を忘れかけていて、
やらなきゃいけないけれど、あまりやりたくない…。でもレッスンまでには何とかしなくては…。
そうやって、楽譜とだけでなく自分の気持ちと格闘して、30番まで進んで来ました。

でも、これはわたしが望んでやっていることなんだ!!と思ったら、
前ほどは「いやだなぁ…」とは思わなくなったし、サクサク進むという程ではないけれど、
淡々とした気持ちで楽譜に向かえます。

というわけで…、
エネルギーワークの効き目がどうだったのかよく分からないけれど、(わたし、鈍いしなぁ…)
結果としては、楽譜に対してのネガティブな気持ちは前よりも少なくなりました。
だからといって、うまく弾けるかどうかはまた別の話しなのだけど…。

その後、はなさんにホロスコープを見てもらって、ゆうこさんにブレスレットを作ってもらい、
ぜんぜん分野の違う3人とお話しして確かめられたのは、
わたしの原動力は「楽しい気持ち」だということ。それ無しにやらなければならないのはとっても苦痛。

誰でもそういうところはあるものだと思うけれど、わたしは特にそう。
でもそれは自我先生が許さないので、お尻を叩かれて頑張らされます。厳しいです…。
これからはちょっと工夫して、なるべく楽しい気持ちでいられるように、
もう少し上手に自分を扱ってあげられるようにしようと思います。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫