ひとり城めぐりツアー 名古屋城

 2017-09-15
お城めぐりの記事が続いております。そのうち新しくカテゴリーでも作ろうかな?(笑)最後は名古屋城についてです。

名鉄犬山駅から直通運転の電車で地下鉄上飯田線の平安通へ。名城線に乗り換え市役所という駅で降りました。名古屋には仕事で中日劇場と愛知県芸術文化センターに行ったことがあると思いますが、かなり昔のことで地理はさっぱり分りません。

駅から名古屋城へは、大相撲をやる愛知県体育館のそばを通り、東門がすぐ近くでした。これまでの岐阜城、犬山城とは規模が全く違うことはすぐに分ります。外国人の観光客も山ほどいます!入り口で500円の観覧券を買い、これで天守閣も本丸御殿も見られるようになっています。

まず、天守閣へ行く手前の、現在修復作業中で一部公開されている「本丸御殿」へ。

__ (5)


靴を脱いで下駄箱に入れて、カバンは前に抱えて(または預けて)見学します。新しい桧の良い香りがして、白木と金の襖絵や金具が光っていて豪華絢爛です。新しい文化財を守るため、フラッシュ撮影禁止、ボールペン使用禁止です。まだ修復工事中の部分があり、全部完成するのは来年くらいと書いてあったような気がします。


名古屋城といえば金のシャチホコ。スマホでは良く撮れない。これが限界です。

__ 2 (3)


名古屋城はどうして金のシャチホコなのか、現代的な博覧会チックな天守閣の中の展示を見ながら、名古屋城は尾張徳川家の権威を示す象徴なんだと分りました。(きっと誰でも知ってる、笑)。全体的に「どうだー!スゴイだろー!」という印象です(ホントは名古屋の言葉に変換したい)。


天守閣から外を見ました。これまで見たふたつのお城とは違い、窓から眺めることしかできません。

__ (4)


展望窓の上に貼ってある景色の解説図を見ながら岐阜城と犬山城を探しましたが肉眼では見えません。90分100円の望遠鏡で探したら、きっとあそこだろうという山の稜線は確認できました。

最後の目的を果たしてホッとしてちょっと疲れました(笑)。あまりあちこち行かないようにと思っていたのに、すごく頑張ってしまいました。これまで全く縁が無かったお城めぐりはとても面白かったです。地形や城下町や建築物など一口にお城と言っても範囲が広いのですが、わたしは天守閣から外を眺めるという城マニアになろうかな。


__ 1 (3)



今月に入ってからは毎週泊りがけで出かけていますが、明日からは急な仕事が入り新潟へ行きます。詳しいことはよく分らないのですが、今度はお城の近くではなさそうです(笑)。



ひとり城めぐりツアー 犬山城

 2017-09-08
ひとり城めぐりツアー、2つ目の城は愛知県犬山市の犬山城です。

名鉄岐阜駅から電車で30分ほど、犬山遊園駅で降りて木曽川沿いを犬山城へ向かいます。
行くところは決めていても詳しくは電車の移動時間を利用して調べます。便利なご時勢ですね。方向音痴でも迷子にならずに済みます(笑)。

歩くうちに犬山城が見えてきました。7月の落雷でシャチホコがひとつ割れ落ちたとのことです。写真が良くないけれど向かって右側がそうですね。

__ 1

犬山城は現存する最古の木造天守閣で、国宝指定されています。織田信長が生まれた頃、信長の叔父信康が築城して、戦国時代には城主が入れ替わり、後には成瀬氏が代々受け継ぎ、明治維新で廃城になった後、また成瀬氏に譲渡され2004年まで日本唯一の個人所有のお城だったそうです。

岐阜城はちょと荒っぽく怖い雰囲気だったけれど、犬山城はフレンドリーな雰囲気で迎えてくれたように感じました。木曽川も、長良川に比べると川幅も広く穏やかな感じ。入場料550円を払い靴を脱いで上がります。入り口の階段脇に石垣の内側の土台の木組みが見えました。ほぉ、こうなっているんだ…。

__ 2 (2)


スベスベの木の急な階段を登っていくとミシミシと音がする板張りの部屋になっています。小さい窓に「石落としの間」と書いてあって、ここも戦いの場であったのだなと思いを馳せるけれど、その後の穏やかな歴史のある場所は穏やかな気持ちで過ごせます。暗い狭い空間から天守閣へ上ると晴れ晴れするのは同じですが、出てみるととても手すりが低く落っこちそうでコワイ(笑)。←普通にしていれば落ちません。
__ 3   __ 2


天守閣から周りを見下ろすと「一国一城の主」という言葉が理解できるような気がします。見下ろす感じが気持ちが良いし、偉くなった気分がします。自分の意外な一面を発見しました(笑)。

天守閣からの木曽川の眺め。写真ではよく分りませんが、中央少し右手の山の上に岐阜城があるはずです。反対側にこれから行く名古屋の街が見えるのも確認しました。

__ 4


帰りは犬山駅へ。途中の城下町の街並みでお団子をひとつ買って食べながら歩きました。犬山城はお城の全体像が実感できて、のんびりユルユルした気持ちになれて、いいなぁ~、好きだなぁ~と思いました。

犬山駅から最後の目的地、名古屋城へ向かいます。



ひとり城めぐりツアー 岐阜城

 2017-09-07
岐阜へ行ったら演奏会以外に行くところは?と考えた時に思いついたのが岐阜城でした。
愛知出身のヴァイオリンの先生には「それよりも名古屋城、犬山城が良いかもしれません(^^)」とお勧めいただいて岐阜城はやめようかと思ったのですが、泊まったところがお城や長良川のすぐ近くだったので、演奏会の翌日、お城3つを廻ることにしました。

ホテルを出て徒歩で川沿いから長良橋を渡り、橋の上から長良川に泊めてある鵜飼の船など眺めて、金華山のロープーウェイ乗り場へ。ロープーウェイに乗り5分ほどで山頂駅に着きました。岐阜城はさらに7分ほど登ったところにあり、ロープーウェイで降りたところが山頂なのかどうかは不明です。

ロープーウェイには他に同乗した人がいましたがお城へ向かって歩き始めたらやがてひとりに。周りがシンと静かになって「ああ、ここは…」と何だか空気が変わったような気がしました。体育会系をもっと荒々しくしたような雰囲気の男たち、汗と泥と伸びたヒゲ、血走った目、そんな人たちがここを通ったのだろうと想像してしまいました。(かなり妄想入ってます、笑)

金華山は元々は稲葉山・岐阜城は稲葉山城だったのを、450年前に織田信長が岐阜城・金華山と名を改めたそうで、信長以前から城はあり、主を何度も何度も入れ替えながら関が原の後に廃城になったとあります。明治に再建された天守は火災で焼け、今のは昭和31年に建てられた鉄筋コンクリートで、オリジナルの岐阜城とは違っているようです。

入場料200円で中に入ると、刀や槍、弓矢、手裏剣やまきびしなどが展示されていました。自分はアーチェリーで先の尖っていない安全な矢・紙の的しか使わなかったので戦の道具としての弓矢は恐ろしい感じがするし、室町時代作の刀は実践のために作られ使われたものだと思うと、また妄想が膨らんで気持ちがズーンと重くなってしまいました。

戦国時代の城だったというのを生々しく感じながら上へ上っていくと天守閣から外へ出られるようになっていました。出てみたら視界がワーッと開けて、それまでの重たい気持ちが吹き飛んでしまいました!周りに何も遮るものが無い329メートルからの眺めはとても気持ちがいいです。長良川、木曽川が見え、開けた平地の先に名古屋のビルが霞んで見えました。


__ (12)

天守閣から見た長良川。 iPhoneで撮影しても充分な景色です。


前日の9月4日まで夜間のライトアップをしていてお城から夜景が見られるとのことで、一瞬夜に来ようかとも思ったのですが、自分は昼間の景色の方が好きだろうと思ったのは正解でした。岐阜城は建物そのものよりもあの場所にあるということと天守閣からの眺めに大きな価値があるのだと感じました。

今回は積極的に乗り物を利用して楽しようと思っていたので往復ロープーウェイでしたが、山頂へは登山道があり歩いて楽しむこともできるようです。滞在時間はそれほど長くなかったけれど充分に楽しめました。行って良かったです。

ひとり城めぐりツアーは犬山城へ続きます。


ふたりはそういう仲だから

 2016-11-09
先日のライブは浮揚真奈美さんと、
昨年わたしが「やりたいことをやるために生まれてきたから 朗読とヴァイオリンの会」
でご一緒したリキタケカズヨ(木下沢きのこ)さんとのコラボライブでした。

以前からライブもやっていたカズヨさんですが、最近歌うことに目覚め
「今までの自分はなんだったのだ!?」と
どこかの誰か(←わたし、笑)みたいなことを言いながら練習しているらしいです。

本番では1曲歌ってすぐに「楽しい~♪」と言っていて、ん~、そこはヴァイオリンとの違いか?
羨ましいな~と感じます。

カズヨさんの歌にダンナさんがギターを弾く曲が数曲あって、
2歳の娘、ユイさんも会場に来ているので、生まれる前からの友達であるわたしがお相手を。

親たちがリハーサルしている時に、ユイさんと手をつないで舞台のところへ。
「あのね、ユイさん。ここ、乗ってもいいよ。乗ってみたいでしょ?」
わたしが許可を出したら大手を振って舞台に乗っかってもいいのですよ。
(だってわたし、そういう仕事の人だから)

ユイさん、ちょっと考えてたみたいだけど、わたしがヒョイと舞台に乗せた。
ふふふふ…。絶対に好きだと思うから。

本番中もパパさんが舞台にいる時はわたしがユイさんと一緒にいて、
パパが戻ってくるとそちらへ。
そして再びパパさんが舞台へ行こうとすると、ユイさんが泣き出しました。

まあ、一応わたしがユイさんを預かるような格好になるけれど、
コレは合図だな…と思って(笑)、
預かる気も泣き止ませる気もさらさらないわたしは、舞台上の母カズヨちゃんにユイパス。

家ではママもパパもユイさんも一緒に練習(?)してるのに、
本番はパパとママだけなんて、ずるーい!と思うのが普通です。
ユイさんは2歳にしてライブハウスのマイクで「こんにちは~」としゃべりました。

「やりたいことをやるために生まれてきたから」
わたしとユイさんはそういう仲なんです。お互いにやりたいことに許可を出し合うんだ。
7月のヴァイオリンシェア会で「そうやって弾けばいいんだよ~♪」と
わたしのヴァイオリンに合わせてクルクル踊ってくれたユイさん。

ライブハウスを出る時に、一緒に居たパパさんの手がふさがっていたので
わたしがユイさんと手をつないで階段を上りました。
まだ2歳のユイさん、一段ずつ上がるのかと思ったら、
大人のように足を交互に出して、頑張って全部上りました。

「いつもはそんなふうに上らないよ。ユイ、すごいね~。」とパパ&ママ。
ほう、これはわたしへのお礼かな?(笑)
バイバーイ!と手をタッチして別れました。

ユイさん、また遊ぼうね♪


欲しいものに手を伸ばす

 2016-03-01
この前のライブのリハーサルの後、アンコールの曲を決めていなかったという話になり、
「赤おにと青おにのタンゴ」という曲名が出た時に「それ好きです!ヴァイオリンやりたい!」
と思わず言ってしまいました。

ヴァイオリンもだけど、「カーッ!!」という変わった音の楽器がやってみたい…。
そう思いながら、自分が本当に参加していいのか半信半疑のまま、
ヴァイオリンの楽譜は無いので、音源から音を拾って、
「カーッ!!」の楽器は結局作ったりして、準備をしました。

でも間近になって、アレンジされた安達さんのピアノ音源を聴いたら目が点に!
そうだった、この人は天才作曲家なのだった!と改めて思うと同時に、
これだと自分のヴァイオリンは合わないのでは?やらないほうがいいのでは?と思いました。
ものすごーいカッコいい大人なアレンジで、まるで別の曲のようでした。

それでも何回か聞くうちに耳が慣れてきて、なんとか合わせることができるかも、と、
ヴァイオリンに関して悲観的なのか楽観的なのか、不思議なわたしです。(笑)

当日のリハーサルで初めて一度合わせ、「うん、いい感じ!」ということでそのまま本番。
自作楽器(ヴィブラスラップ)は準備しそびれてリハでは使わないまま…。

本番では自作楽器も念入りに準備して、
ヴァイオリン弾きながら、合間に左手で「カーッ!!」と音を出し、
超真剣だったので多分顔が怖くなっていたかと思うけれど、とても楽しめました。

1ステージ目に子どものお客さん用に選んだ曲で、2ステージ目では予定していませんでしたが、
好評だったのでそちらでもやることになりました。
多分、歌う&演奏する3人が一番楽しかったのでは?

やりたいと思うことを「やりたいです!」と言えて良かった。
わたしはまだヴァイオリンを器用に弾くことは難しいので、いつもだったら言い出せないと思います。
「好き!」の威力はすごいのだと良く分かりました。
(いつになったら器用になるのだ?)

やりたいことはなんでもやっているように見えるかもしれませんが(笑)、
誰か他の人と関わることでは「わたしが!」と前に出ることはほとんど無く、
邪魔をしてはいけないとか、他の人のほうが上手くいくのではないか?と思ってしまいます。
ましてや、いつも出来ない出来ない…と思っているヴァイオリンでなんて、
今までだったらありえないのですよね。

やっぱり、やりたいと思うことは「やってよし!」という神さまからの指令なのかもしれません。
なんとなくそれなりにできたし、何より楽しかったし。
わたしだけでなく、他の人たちにも一緒に楽しんでもらえたし。

わたしの世界がまた少し広がったような気がします。
自分ができることも、少し広がったかもしれません。(← 自分でも意外な発見です、笑)


IMG_4466 (768x1024)



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫