伴奏をつけるか一人で弾くか

 2017-02-08
今月21日のヴァイオリンの演奏に向けて、グルグルとしております。
参加される方から事前に曲をリクエストしてもらい、それを弾くという会です。
リクエスト頂いたのは「魅せられて」(ジュディ・オング)という有名な昭和歌謡と、
「愛の讃歌」という、こちらも世界的に有名な曲です。

会として2曲では少ないので、他に「愛の挨拶」を弾こうと思い、
先日のレッスンでは「愛の讃歌」と合わせてみていただきました。

レッスンの終わりに、みていただかなかった「魅せられて」について、
「歌の部分だけだと曲として成立しないので、伴奏をつけようか悩んでいる」とお話ししたら、
「それをヴァイオリンだけでどうやるかが腕の見せどころです(^^)」
「バッハの無伴奏はメロディと伴奏をひとりで弾く曲ですし(^^)」と、
とても高度なご提案?突っ込み?をいただきました。

あ~、わたしには見せられる腕もアレンジ能力も無いし困ったなぁ…。
でも、伴奏の音源に合わせて弾くのは安易な方へ向かうことで、
弾くのに不安は少なくなって、おそらく聴いてくれる人も楽だろうと思うけれど、
それでいいの?と心の奥の方で感じていたのは確かなのです。

自分がそう思っていなければ先生にご提案されても
「そんなの無理ですから~。」と言えるのかもしれないけれど、
わたしの心の奥の声を言葉にしてくださったので、ああ…、やらないわけにはいかない…。

伴奏的なヴァイオリンパートをつくって録音することは練習を始めた当初に思いつき、
一度楽譜にして試そうとしたら、楽譜が難しくて弾くのが困難でした。
編集したら何とかなるかもしれないけれど、録音とのデュエットって多分あまり面白く無いし、
音源に合わせることに意識がいってしまい、わたしのやりたい音楽ではなくなってしまいそう。

やはり自分で最初に決めたルール通りに、わたし一人で弾くことにします。
どうしようか、耳コピでいろいろ試していたけれど、昨夜一度楽譜に整理しました。
これで良いかは分らないけれど、練習して録音して聴いてみようと思います。



わたしがわたしの先生に

 2016-11-16
このところ人前でヴァイオリンを弾くとか歌うとか、派手な活動が続いていましたが、
わたしの日常は変わりなくチマチマとして地味なものです。

そう、今日はグチモードです。(※閲覧注意!!)

色々な行事の合間を縫って、(先日は母のリクエストでまた温泉旅行に行きました)
細切れながらも、ヴァイオリンのレッスンの課題を練習しています。
してはいますが楽譜を読むのがなかなか進まず、
今までとちょっと違うだけでさっぱり理解できなくなり…。
できないというより「こんなの分らないー!」と拒絶反応が出て分ろうとする努力を怠る。

そうやって足踏みをしたまま時間が過ぎていきます。
先回から持ち越しのクロイッエル7番も、
前日できたことが次の日にできなくなる…、それを前の日の段階まで戻す。
時々練習の間が開いてしまうとまたできなくなる…の繰り返しです。

日常的には左手の調子が悪いとは感じていないのに、
ヴァイオリンを弾くと小指がピキッと伸びたままになったり指が開きにくくなったりします。
指もだけど頭が動いていないような感じもあります。

いろいろと活動はしていながらも、春ごろからずっと停滞期のように感じています。
停滞期と名付けるとそうなってしまうそうで好きじゃないけれど。
練習の意欲が前よりも減っている。認めたくないけれどそうなのです。

レッスンの課題をなんとか終わらせても、また次の課題がやってくる。
苦痛にも感じる終わりのないこの繰り返しはいつまで続くのだろう…?と思う。
そんなこと言っても、ヴァイオリン始めてからずーっとやってきたことです。
今更思うことでもない。

毎日ご飯を食べなければいけない、これはいつまで続くのか?と悩んだりしないよね。
掃除とか洗濯とか、ちょっと面倒くさいことも、
一生続けなければならないのかー!!と悩んだりしない。
ヴァイオリンの練習も、それくらいわたしにとって当たり前で必要なことだと思いたい。

できない自分を責めてもいじめても、何にもならない。
そんな自分をバッサリ切って敗北感を感じさせても、元気がなくなるだけなんだ。
優しく教えさとして、励まして、ちょっとでも頑張ったら褒めてあげて、
上手にわたしが練習できるようにしてあげるのが大事なのです。

わたしがわたしの良い先生になって、自分を見捨てないようにしてあげなくちゃ。
未熟な先生でゴメンネ。いやいや、未熟な生徒でゴメンネ。(笑)
いつもこのくらい優しく自分と付き合いたいですね。

余裕かましている場合ではなく、明日はレッスンなのでみほ先生よろしく頼みます。



「メダルあげます」

 2016-02-16
先週末のライブのリハーサルも無事に終わり、
今の路線でもう少し練習を進めればよいとの見通しが立ちました。

わたしが参加するのは1曲だけですが、
リハーサルの最初から居させてもらって、他の曲もぜーんぶ聞かせてもらいました。
ヴォーカルの浮揚さんもピアノの安達さんもすごーい!
打ち合わせしながらそれがすぐに音になって、天才的です。

聞いた中に「メダルあげます」という歌がありました。
「おかあさんといっしょ」でやっていた歌のようです。
浮揚さんには1歳のお嬢さんがいて、昼の会には小さなお客さん達がたくさんきてくれるみたい。


おひさまさんメダルあげます
あなたはきょうも ぼくらをてらしてくれました

おべんとばこさん メダルあげます
あなたはきょうも おいしいごはんはこびました

おかあさん メダルあげます
あなたはきょうも いっぱいえがおくれました

ちきゅうさん メダルあげます
あなたはきょうも みんなをのせてまわりました  (抜粋)


わたしはどうも、だんだん小さい子どもにかえっていってるみたいで(外見は除く)、
この歌がとっても気に入りました。
夜寝る前に一日を振り返って自分にもメダルあげよう!と思ったりして。

昨年、自分を大切にしてあげる、自分に根気良く付き合ってあげることにしたはずが、
最近はまた自分へのダメだしが厳しくなってきています…。
(ヴァイオリンのことじゃないのです)

久しぶりに好きじゃない自分に出会って、あ~あ…とモヤモヤしていました。
ものすごく不自由な気持になって、でもそれもわたしなんだ…と。
なんだかなぁ…。またもやドンヨリする…。

もはや趣味かもしれない(?)ドンヨリから抜けられなくなりそうに思ったけれど、
この「メダルあげます」を思い出しました。

なんだか、ちょっといつものわたしに戻った気がします。

どんな歌か聴きに来て!と言いたいところですが、これを歌う13時の会はもう満席だそうです。
子どもたちとこれを聴くの、楽しみですー!
ん?わたし、お客さんじゃなかった。(笑)



妄想が足りない

 2016-02-02
去年の11月に何となく思いついて、時々練習している曲があります。
わたしにとって、特別な思い入れがある曲ではないのだけど。

こんなふうに思いつくのは、誰か聴きたい人がいるんじゃないか?
録音して、その誰かが見つけられるようにしないと。
かなり前からそう思ってはいるけれど、なかなか重い腰が上がらず…。
本当にそんな人いるのか?とも思うし(笑)。

試しに録音してみたけれど、
あ~あ、やっぱりわたしヴァイオリン下手だなぁ…と、今更ながら思います。
すっかりイヤになって、またもやドンヨリしています…。

上手な演奏じゃなくても何かを伝えることはできる。
そういう嬉しい体験をさせてもらったことがあったけれど、
これがそういう曲になるにはまだまだ練習が、というより、妄想が足りないんだと思う。

先日のオーチャードではドビュッシーの『牧神の午後への前奏曲』もありました。
バレエの仕事でよく知っていて、わたしの妄想の世界ができあがっている曲です。

この日の演奏は、ずーっと平和なけだるい午後…のような感じでした。
わたしの妄想世界の『牧神…』は、もっともっとスリリングで、
まどろみや夢の中で自分が誰なのかも分からなくなってしまうくらい官能的な何かです。
自分の中のどこからこういう言葉がやってくるのか分からないけれど(笑)、
音楽を聴いた時にだけ、わたし、そういう世界の住人になります。

そんなふうに何でもいいから妄想が生まれて、それを音にしようとたくさん練習したら
未熟な技術でも何かが伝わる演奏になるのかもしれないなぁ。

しばらく熟成させたら良いのかな。
そこから派生して思いついたこともあるのだけど、
果たして自分にできるのか?と、ものすごく弱気になっちゃいました。
しばらく寝かせてから、また考えます。ん~。



新年早々ドンヨリします…

 2016-01-04
年末はあまりヴァイオリンの練習ができませんでした。

年明けからは気を取り直して通常通りに練習しています。
先回のレッスンで時間切れのため持ち越しになったクロイツェル8番。
ん~、移弦が上手くできません…。
この段に及んで今更ですが、どの弦を弾いているのか意識不明になる時がある。

もうひとつのトリルシリーズは22番まで終わり、
トリルシリーズ最初の15番の2巡目に入ることになりました。
一度やったので何となく覚えていても、これもかなりやり直しの感があります。

クロイツェルを練習して、わたし、何とかなるのだろうか…と、元旦早々ドンヨリしました。
クロイツェルがすらすらと弾けるようにはならないかもしれないけれど、
これをやることで、他のもう少し難しくない曲が上手く弾けるかもしれないのだから、
やる意義は充分にあると、今は思えるようになっています。

しかし、ドンヨリするんですね…。

音楽は人との優劣を比べるためのものではない。
けれど、どうしても自分の未熟さばかりが気になります。
相当未熟なのだから当たり前のことなのだけど。

誰かと比べて上手だと言われなくても、自分が思ったような音が出せるようになりたい。

練習の後、ケースに相棒くんをしまっていたら
「…だから諦めないで。」と去年言われた言葉が頭に思い浮かびました。
たまにはこうしてドンヨリするけれど、
自分が望む音が出せるようになりたいというのは諦めないよ。



__ (22)

相棒くんのラベルが写った 本物じゃないけれどストラディヴァリのラベルです。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫