喜びを音にするわたしなりの弾き方

 2017-04-13
今、『ヴァイオリン・マスタリー』という本を少しずつ読み進めています。音楽からだけでなく、わたしには演奏家の写真や言葉から感じることも多くあります。昨日のレッスンの時に先生とその本についてお話しした会話も刺激になって、頭の中が良い意味でモヤモヤとし始めていました。

ハイフェッツはヴァイオリンを習うようになってから憧れの存在で、以前から写真でも映像でも、特に右手の動きやかたちがとても印象的で好きでした。本の中にはハイフェッツへのインタビューもあり、今日もその部分を読みました。

楽器屋さんから持ち帰った毛替えの済んだ弓に少しずつ松ヤニを塗り、点検で駒の位置を調整してもらった相棒くんの開放弦を繰り返し弾きながらモヤモヤを頭の中で廻らせていたら、閃きというか気づきというか、言葉で上手く書けない右手の動きのニュアンスが生まれました。

ヴァイオリンの持ち方も弓の動かし方もいろんなやり方があり、外から見たらその内のどれかかもしれません。でも自分では今までのやり方とはかなり違っていて新しい感覚、最初に先生から習ったのとも少し違います。

バレエもアーチェリーも、目標にするもの(バレエでは美しい動き、アーチェリーでは真ん中に当てる)と自分なりの身体の心地良い使い方を一致させることができていましたが、ヴァイオリンではなかなかできませんでした。ヴァイオリンを弾く時にはいつも身体のあちこちに不自由さや違和感を感じていて、心の中にあるものをその不自由な動きを経由して外に出さなければなりませんでした。

技術的に未熟な上に身体の動きが悪いから上手くできないのだと思っていたけれど、そうではありませんでした。音楽を表現する時の身体の喜びとヴァイオリンを弾く動作を結びつけることがようやくできたように思います。右手を動かすという意識が無いまま、何もしなくても弓が動いて音が出たような気がしました。

その音が美しい音だったかどうかは自分では分からないし、何かおかしな弓の動かし方をしているのかもしれないし、明日になったらどこかへ消えてしまって元に戻ってしまうかもしれないけれど、わたしにとって本当に嬉しい大発見なのです。

手帳の今日の日付の欄に「ヴァイオリンを弾くということが(わたしなりに)分った日」と書き込みました。記念日にしたいくらいに忘れたくない嬉しいことです。明日になっても再現できると良いけれど。



明後日の演奏

 2017-02-19
ヴァイオリンの演奏を明後日に控えて、落ち着かないようなそうでもないようなヘンな気分です。焦ってヤミクモに練習したりはぜず、普段と同じくらいやりました。

時々、このブログをカテゴリー別に分類する作業をしていて、今日も気が向いて少し。そのなかで以前に自分が書いた言葉が目に留まりました。


どんな見てくれでも、その人なりの美しさが必ずあるに違いなく、
それはその人らしさが何の妨げも作為もなく、ただ内側から湧いて出るもの。
だからきっとわたしにもそういうものがあるのでは?
そういう姿でヴァイオリンを弾いてみたいのです。


わたしが明後日やりたいのはこういうことなんだ。
上手いとか下手とか、人にどう思われるかを気にせずに、そのままの自分を出して演奏したい。隠れない、隠さない、開く、溢れてくるものをせきとめない。
わたしのそういう姿を見てもらいたい。

初めのうちは会をやろうかどうしようか迷ったけれど、曲のリクエストをいただいて準備を進めるうちに、嬉しい気持になってきました。リクエストの曲は、いろいろな意味でわたしを前に進めてくれるものだと感じています。

「ヴァイオリンを弾く」という以外に、特別なことは何も予定していません。
簡素なスタジオで演出とか何もないけれど、それでいいと思っています。
ヴァイオリンは相棒くんと妹ちゃん、ふたつ持って行く予定です(^^)。


__ (2)



固かったものが緩んで…

 2017-01-21
昨年、事前にリクエストをいただいた曲をヴァイオリンで演奏させてもらう会を開きました。
ゆっくりなペースでも良いから、一度だけで終わらせないようにと思い、
こちらではお知らせしていませんが、来月21日にまたやることにしています。

前回リクエストして下さった方が、また素敵な曲をリクエストしてくれていましたが、
今日のリクエスト締め切りを目前に、つい先日新たなリクエストをいただきました。

それが…、曲名を見たら、
どうしてそうなるのか分らないのだけど、涙が出てきてしまった。

まだまだ何でも弾けるという状態には程遠いので、
人が歌えるものならばと思って、リクエストは歌限定にさせてもらっています。
動画を検索して、いろんな人が歌うのを聴き、(有名な曲だからたくさんあった)
ヴァイオリンで弾いているものがないか探して、心が動く演奏を見つけました。

買い物帰りにスーパーの袋を持って、その曲を聴きながら歩いていたら、
またどうしてか泣けてきてしまって…、家へ帰ってそのままの状態がしばらく続きました。
(人通りが少なくて良かった…)

もう自分に隠していることはないだろうと思っていたけれど、
そういう何かに触れてしまうというのかな…。
自分の意思と関係なく、勝手にそうなってしまいます。胸の奥から湧いてくるような感じです。

わたし、妹ちゃん(新入りヴァイオリン)に出会ってからちょっと様子がおかしいかも。
先日は月1回通う奇跡のコースの勉強のクラスで妹ちゃんの話しをしたら、
同じように泣けてきてしまいました。(笑)

無意識に押さえ込んでしまって固くなっているものが、
少し緩んで柔らかくなってきて、動き始めているような感じかもしれません。
わたしの中にあるものを押さえないで、溢れて流れ出すままに表現していきたい。
ヴァイオリンだけでなく、日々の生活の中でもそうしていきたいと思います。


大晦日に松と南天と一緒に買ったカーネーション、
3週間経ってから、つぼみが緩んで花が開きはじめました。

__ (768x1024)



エアヴァイオリン再び

 2014-12-23
エアヴァイオリンで思いっきり好きなように弾いたらどうか、と
ご自身のライブにわたしを誘ってくれたソングレターアーティストの安達さんが言いました。

先生からも以前から事あるごとに
ヴァイオリンを持たない練習を提案していただいていました。
「ヴァイオリンを弾く動きをバレエの動きに置き換えて(^^)」
「頭の中で曲に振り付けをして(^^)」と言われることもあります。

目の前のことで手一杯だったり、身体の動きがイマイチだったりして
一時のことになってしまっていたけれど、これはわたしにとって最重要事項だったのですよ。
思い出させてくださってありがとうございます。

けれどヴァイオリンを持たないと、どうしたら良いか分からないので(笑)
ヴァイオリンを持って、自分の気持ちと身体が一番解放される構え方を探しています。
それが一番良い音が出るに違いないし、
わたしが一番美しく見える姿に違いないと思うのです。

どんな見てくれでも、その人なりの美しさが必ずあるに違いなく、
それはその人らしさが何の妨げも作為もなく、ただ内側から湧いて出るもの。
だからきっとわたしにもそういうものがあるのでは?
そういう姿でヴァイオリンを弾いてみたいのです。

まだ試し始めたばかりで、全然うまく弾けません。
ヴァイオリン弾くことだけに集中しても満足に弾けていないのだから、当然ですね。
でも、やります。

今日は劇場へバラシのお手伝いへ。
開演前の心地良い緊張感の空気を吸って、出番の終わったセットや小道具を片付けます。
毎年関わっている公演だけど、今年はサポート役にまわしてもらいました。
久しぶりにボスの背中。んー、嫌いじゃないな(笑)



わたしの本筋

 2014-12-22
少し忙しくしていました。
日常のことだけでなく、心の中でもいろいろと思うことがありました。

世の中には人それぞれに担当があって、
それは仕事とか立場という枠を超えたもっと大きなくくりなのだと思います。
自分の担当分野は何なのか分かっていたはずなのに、
また迷走していたことに気が付きました。(分かっているのにやめられない…)

半年に一度くらい、こういう見直しの機会に恵まれてその度に愕然とするけれど、
心の奥の方では本当は気が付いていたことなので、認めるしかありませんね。

わたしはやっぱり自分が本当に好きなことに、
あれこれ考えずに、ただ進んでいくのが本筋です。
上手いか下手か、それが仕事かそうでないか、そういうことに関係なく、
自分がやりたいようにヴァイオリンを弾くのが、今のわたしの本筋。

こう書いて、いつもながらちょっと頭おかしいんじゃないか?とも思うけれど、
そういう人なのだから仕方がない。

こんな便利なところに住む家があって、時々好きな仕事もさせてもらって、
もちろん色々ないきさつでこうなっているのは知っているけれど、
わたしは宇宙に養ってもらっているんだな~と脳天気に思っている方が、きっとすべて上手くいく。

先日いただいたコメントに
「音楽家でもダンサーでもないけれど、舞台人だというヘンな自負があります。」と書きました。
何気なく出てきた言葉だったけれど、改めてそうなんだなぁ…と認識しました。

舞台の仕事に行けば、それはそれでまた中途半端な自分を発見するのだけれど、
だからこそ、わたしは「裏方」という枠に限定されないものなのだ、なんて思うのです。

そんなことを考えていたら、
「あの楽器が、何のためにあなたの手元にあると思う?」
という言葉が胸の中に湧いてきました。

そうだね。
あの相棒くんは、まるで「これを選べ」と言っているように、
間違いようがないくらい分かりやすい状況でわたしの目の前に差し出されたのでした。

これから一緒に何をするのだろう?どんな場所で弾くのだろう?
どんな演奏になっていくのだろう?

ちょっとこわいような気もするけれど、楽しみです。


10687081_708875755892406_3815668292413058641_n.jpg





≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫