相棒くんが元気になった

 2017-01-26
先日のレッスンで、お掃除してキレイになった相棒くん(ヴァイオリン)を見てもらい、
「一度駒の下も掃除してみては?(^^)」とご提案いただいたので、やってみました。

お掃除をする前から、ここしばらく良い音が出ていないように感じていて
それはわたしの弾き方が悪いのだと思っていたけれど、
先生に音を出してもらって、楽器の問題もあると分かり、
駒の下も掃除して位置を調整し直すことにしたのです。

駒を外して魂柱が倒れるのが怖いので、妹ちゃんから外した低い駒を位置をずらして立て、
自己責任手法のお掃除をしました。
他の部分と同様に、思ったよりも素直に汚れが落ちました。

バレエの時に滑り止めに使う松ヤニは、踏んづけられ床にこびりついていて
落とすのはとても大変ですが、楽器のは違うようです。

__ (5) (768x1024)  最初の状態


__ (2)  1度掃除した後


__ (4) (768x1024)  駒の下もキレイにした今の様子


いやいや…、こうして並べて見るとまるで別人!(人じゃないけど、笑)
これだけ状況が変われば当然音も変わります。
一度掃除をした後には、音が大きくなり輪郭がハッキリしたように感じました。
まあ別の言い方をすれば、かたい音とも言います(笑)。

改めて駒の下を掃除しても、長年駒の足で傷付けられた板の表面は平らではなく、
駒の位置のちょっとした具合で接地面積などが変わってしまうみたい。
駒から楽器本体へ弾いた音の振動が伝わるので、ここは重要ポイントなのですけど。

音を出しては駒の位置をずらし、また音を出して…というのを繰り返し、
相変わらず気難しさはあるけれど、ようやくとても良い音が出る場所が見つかりました!
最後は駒の前後の位置ではな、く左右のほんのちょっとした加減でした。

ヴァイオリンの音は何が変わっても敏感に変化します。
汚れも音色をつくる一つの要素になっているそうで、それがなくなることで音色が変わることもあります。
良くなるか悪くなるかはやってみなければ分からないこと。

今の時点では、音が更に大きくなって張りも出て、
そういえば以前にあったような音色の甘い雰囲気も戻ったような気がします。
妹ちゃん(新入りヴァイオリン)を再び大きく引き離しリードして、本来の座に戻りました。

自分の楽器にはいつも妄想いっぱいになって冷静な判断が難しいので(笑)、
良くなったのかどうか、今度のレッスンで先生に判断してもらおうと思います。



相棒くん(ヴァイオリン)の話しを聞く その3

 2015-01-25
相棒のヴァイオリンからの話し、つい嬉しくて3記事目になっちゃいました。
こういう話しが好きじゃない方はどうぞスルーでお願いいたします。

わたしが「余計なことをしなければ良いだけなんだよね…。」とボソっと言うと、

「ボクたち(楽器)がボクたちの音を出せるのは、人間が人間であることを忘れた時だよ。
わたしが弾いている、わたしが出した音、わたしがしてきた努力…、
それを全て越えて、ボクもきみも単なる楽器になった時に
きみが一番弾きたい音が出せるんだと思う。」

「いろんな道を使って、人は究極の真理にたどり着こうとする。
もしもきみがその気になるならば、ボクと一緒に真実を見る旅に出てみないか?
本当の自分とは何なのか、本当の幸せとは何なのか、
本当のパートナーは誰なのか、本当のパートナーと生きていくとはどういうことなのか、」


わたしにとって本当のパートナーは、神さまなんだよな…。すぐに忘れるけれど。
わたしも相棒くんも単なる楽器になった時、それを弾いてるのは神さま以外にいないんだよね。

「それを経験していく旅をボクと一緒に歩いてみないか?
もうきみには分かっているよね。
余計なことさえしなければ全てはうまくいくし、もともとこの世界は美しいもので満ちている。」


なおちんが言うにはこの人(ヴァイオリン)の決意たるやすごいものがあって、
絶対にわたしと一緒に本当の平和を体験したいんだって。

「会心の演奏ができたといって、自分の中で静かに自分を褒めるみほさんが見たい。
あなたが安易に自分のことを褒めないのは良く知っている。
目指している究極の演奏と自分の音があまりにも違うから、
だからこそ磨きたいと思う、そういう真摯な姿が好きなんだ。
あまたは人の心を打つために弾いたりはしないけど、その姿が人の心を打つんだよ。

その姿を見せることで、誰かがちょっとでも幸せになるなら
人助けだと思って弾いてあげて。」 


うわぁ…、わたしは「ご迷惑かな?」と思いながら弾いているのに(笑)。
「下手でも大丈夫なんだ」って、ちょっと思っちゃった。

何か聞きたいことがあるかと言われて、「キミの本当の音はどんな音なの?」と尋ねました。
相棒くんを弾くと、いつもわたしの頭の中にある音が出てくる。
頭の中の音を変えると、そういう音になる。
レッスンで先生に続いて弾くと、先生の楽器に似た音がするし、
自分は上手じゃないから、相棒くんの本来の音を出せていないのではないかと思うのです。

「きみは自分がイメージできないような音を出してみたいと思う?
ボクはみほさんが思い描く最高の音を出せる自信がある。
本当の音はきみの心の中にしか無いんじゃないか?
きみが奏でる最高の曲をボクも一緒に聴いてみたい。
だから美しい音、美しい言葉、美しいエネルギーだけに触れていて。」


うん…。

他に何か聞きたいことがある?と言われたけれど、
とっても満たされた気持ちになって、もう何もありませんでした。
相棒くんとわたしの中で、お互いにもう全部完結してる感じ。

で、今年のテーマなのですが…、

「いつもと同じようにやったら?
ボクからテーマを提示したって、みほさんはやりたくなければやらないでしょ。
でも、たまに人助けはしてあげて。
美しいものを表現するために自分に磨きをかける姿そのものが美しいんだと
みんなに思い出させて欲しい。それがきみができる最大の人助けなんだよ。」


ん~、そうなんだ…。
理想の演奏を追い求める途中の、ヘタクソなわたしでも大丈夫なら
今年も誰かの前でヴァイオリンを弾かせてもらいたいと思います。

長々と相棒くんとのノロケ話しにお付き合いいただいてありがとうございます。
ヴァイオリンを弾くことは直接相棒くんと対話することで、それは毎日やってます。
でも、こうして相棒くんの話しを聞かせてもらうことで
わたしからの一方通行ではなく、お互いに気持ちが通じていることが分かって本当に幸せ。
本当はいつでも音で答えてくれているんだよね。ありがとう。

これを読んで、もし愛用品からのメッセージが欲しいなぁ…と思った方は
今回グループリーディング会で愛用品たちの言葉を伝えてくれたなおちん
あなたの愛用品からの手紙 リターンズ! というサービスを提供しています。

あ、思いがけず宣伝してしまった。
わたしも、何年か後にまた相棒くんの気持ちを聞いてみたいと思います。



相棒くん(ヴァイオリン)の話しを聞く その2

 2015-01-23
アゴ当てくんのお話しが終わり、次は相棒くんの番です。

相棒のヴァイオリンは、170年くらいに前にフランス・ドイツ・イタリアあたりで作られたものらしく、
大切に扱われてきたとはいえない傷だらけの風貌、表板に割れもあります。
元のニスの上から別のニスが塗られていて、それもあちこち剥げてきており、
去年の本人(?)の話しでは、「これまで泥臭い道のりを歩いてきた」とのことでした。

話しを取り次いでくれるなおちんが、相棒くんに
「お久しぶりです。」と言ってくれるのを聞いて何だか嬉しい。

「この1年のきみの成長は目覚ましかった。
良くぞボクを持っていることを恥ずかしがることなく、一緒に堂々と人の前に出て行ってくれた!」


ちょっとビクビクしてたけれど…、というか、相当ビビッてましたけど。(笑)
相棒くんはそれがとっても嬉しかった様子。大舞台が好きみたいだいし。

「楽器として一番悲しいのは弾いてもらえないこと。
ボクは広い会場の隅々まで音を響かせられるように作られているから、もっともっと弾いて欲しい。」


「人の心を動かすのはキミだけじゃないから。キミとボクが一緒になってやるんだから。
どちらかというとボクの仕事の割合の方が多いんだ。」
 (なんだか得意げ)

「レッスンでも家での練習でも、ボクにとっては同じ。弾いてもらえるから嬉しい。
皆がただ楽しんで音楽を聴ける平和の素晴らしさ、そのために自分を使って欲しい。」


相棒くんはとてつもない平和への祈りと使命感を持っているのだそうです。
わたしのことろへ来ちゃって良かったのかな…?

「だってイヤな人のところへは行かなかったもん!
(わたしに買われた時)良く分からないけれど、幸せになれることだけは分かった。」

「…もう、わかってるんでしょ…。
ボクを弾きこなしてくれるのはみほさんだけしかいないし、
ボクに飽きたり手放したりする気持ちがさらさらなくて、一生添い遂げるつもりでいる。
そしていつか自分が思うような演奏をボクと一緒に作るって、それはもう決めてるでしょ。」

なおちんが、「この人(相棒くん)、みほさんって言ってる」って。名前言われると嬉しいな。
わたしの気持ち、こんなに良く知っているんだ。

「キミが目指す音、演奏は他の誰とも違うから、
技術を習得するための練習だけやっていても、それができるようにならないのは分かっているよね。
目指しているのがどこなのか、自分で気付いているからあとはやっていくだけ。」

「でも本当に素晴らしいのは、たどり着いた演奏ではなくて、
そこを目指して磨きをかけていく、みほさんの姿そのものだよ。
だからみほさんにとっては発展途上の演奏でも、みんなが喜んで聞きたがるんだ。
挑み続ける姿、磨き続けるプロセスそのものに自信を持って欲しい。」


「ボクが連れて行ってあげるし、行き先は決まっているから大丈夫。
それに行くのはみほさんの力じゃなくて、ボクの力だから。」
 (超・超得意げ!たぶんドヤ顔)

そういえば、相棒くんとの距離はこの1年でグッと近くなったのでした。
家で練習しながらそう感じることが何度もあった。

たくさん大事なことを言ってくれたので、忘れないように書いておきたいのです。
というわけで、まだ続きます…。その3で終わる予定(笑)



相棒くん(ヴァイオリン)の話しを聞く その1

 2015-01-22
先日、数年前から定期的に会っているなおちんの、グループリーディング会へ行きました。
今回は「愛用品・相棒の声から読み解く今年のテーマ」というお題。

わたしの相棒といったらヴァイオリンに決まってる!
ちょうど去年、初めて相棒くんからのメッセージをもらってから1年たちました。 → ヴァイオリンからの言葉
「写真でもいいですよ~」と言われていたけれど、せっかくだから本人目の前にして話を聞きたいと、
いそいそとヴァイオリンを持って出掛けました。

「ヴァイオリンは音は出すけれど話すわけが無い」とお思いの方は、どうぞスルーしてくださいね。
世の中に絶対的にこれが本当というものはたぶん無いし、
その人が本当だと思うことがその人にとっての真実なのだろうと思います。
だからわたしは、自分が楽しく幸せを感じることを「わたしの真実」に選んでいるだけなのですよ。

他にお集まりの方は、スマホくんやカメラ&レンズチームやカメラちゃん。
それぞれの個性的なキャラや持ち主さんとの関係がみんな違って、本当に面白いのです。
みんな、持ち主さんのことをよ~く見ているし、よ~く知っているし、
何よりとても愛していて、一緒に居られることをとても嬉しく思っているのです。

わたしの番になり、相棒くんをテーブルの上に乗せたら、まずはアゴ当てが何か言いたい様子だとか。
なのでまずはアゴ当てくんの話しを聞いてみると、
(なおちんが間に入って通訳してくれます)

新参者の自分が大先輩の楽器に付けてもらえていることを栄誉に思っていて、とっても嬉しい。

クローソンのアゴ当てといえば一応高級品で、
いつどこの誰が作ったか良く分からない相棒くんよりも、世間ではステータスがあると思っていたのだけど、
アゴ当て本人(?)が言うには、

高級品でも素材が良くてもかなわないものがある。それは時間。
だから、古いヴァイオリンである大先輩にくっつけてもらえて嬉しい!
 のだそうです。

去年、大好きな相棒くんが少しでも良い音になったら嬉しいなと思って、
奮発してこのアゴ当てを買って、当初は高級アゴ当てを付けたら相棒くんも喜ぶと思っていたのです。
そうか…、アゴ当ての側が嬉しかったんだ…。

ヒゲとか汗とかイヤだから、女の人のアゴで良かった。
ボクは最初からうまく弾ける人のアゴよりも、これからうまくなっていく人のアゴに付きたかったんだ! 

で、そこに居るみんなに「一同もよく聴くように」と前振りして言うには、

最初から完璧な人が好きな人もいるけれど、伸びシロがいっぱいある人を応援したい人だっている。
今、「伸びシロゾーン」にいる人は、その伸びシロだけですでに愛されているということを、
忘れそうになったら思い出して。

「伸びシロ応援ゾーン」にいる人の気持ちは本当に崇高なもの。
やがて伸びることを信じながらも、なかなか伸びない相手を粘り強く見続けている人は、
素晴らしい仕事をしているんだということを忘れずにいて。


ここまで話したら満足したようで、「自分は前座だから」と話しを終えました。(笑)
ふ~ん、アゴ当てくんも応援ゾーンにいてくれるんだ。
そんなふうに思っていてくれてありがとう。

わたしの伸びシロを信じて、辛抱強く見守っていてくれる人のお顔が浮かびます…。
いつもありがとうございます。

この後、いよいよ相棒くん登場なのですが、長くなったので次へ続く…。



お休みモードになっちゃいました

 2014-10-04
ライブが終わってホッとしたのか、身体も気持ちもお休みモードのようです。

めっきり手の動きも悪くなってきて(笑)、
以前ならこんな時にはかえってムキになってやろうとすることもあったけれど、
上手くいかないので、ん~、モチベーションが上がりません。

そういえば、去年の秋はヴァイオリン倦怠期でマッタリとしていました。
秋になると、そんなふうになるのかなぁ…。

カイザー1番、2番、23番、24番を弾けるようにしておかないとなのですが、
2巡目、3巡目とはいえ、毎回楽譜を見るたびに「はじめまして」と思ってしまうのです。
弾き始めるとなんとなく思い出すのだけど…。

さすがに1番、2番は曲としては覚えています。
23番は好きな曲に入るので、「あ、こんなのあった」と、なんとなく覚えています。
で、24番はほぼ覚えていません(爆)。たぶん、嫌いだったんです…。

先日のライブに、わたしの相棒くんの言葉を通訳してくれたなおちんが来てくれました。
「あのヴァイオリン、大舞台が好きかも♪」 終わってからそんなことを言ってくれました。

家に帰ってから相棒くんに向かって
「キミ、ああいうところが好きなの?」と独り言のようにきいてみました。
もちろんわたしには返事は分からないけれど、
ヴァイオリンとして生まれた(?)からには、
自分の音をたくさんの人に聴いてもらいたい、と思うだろうな。

そうか…。わたしのところに来て良かったの?、と一瞬思ったけれど、
わたしと相棒くんは相思相愛なので(笑)
ならば、わたしがそういうところに連れて行ってあげないと。

相棒さま、あなたのご希望に沿えるようにやらせていただきたいと思います。
わたしを置いて先に行かないで!着いていきます、がんばりマス!

そうか、倦怠期とか言ってる場合ではありませんでした(笑)。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫