相棒くんが元気になった

 2017-01-26
先日のレッスンで、お掃除してキレイになった相棒くん(ヴァイオリン)を見てもらい、
「一度駒の下も掃除してみては?(^^)」とご提案いただいたので、やってみました。

お掃除をする前から、ここしばらく良い音が出ていないように感じていて
それはわたしの弾き方が悪いのだと思っていたけれど、
先生に音を出してもらって、楽器の問題もあると分かり、
駒の下も掃除して位置を調整し直すことにしたのです。

駒を外して魂柱が倒れるのが怖いので、妹ちゃんから外した低い駒を位置をずらして立て、
自己責任手法のお掃除をしました。
他の部分と同様に、思ったよりも素直に汚れが落ちました。

バレエの時に滑り止めに使う松ヤニは、踏んづけられ床にこびりついていて
落とすのはとても大変ですが、楽器のは違うようです。

__ (5) (768x1024)  最初の状態


__ (2)  1度掃除した後


__ (4) (768x1024)  駒の下もキレイにした今の様子


いやいや…、こうして並べて見るとまるで別人!(人じゃないけど、笑)
これだけ状況が変われば当然音も変わります。
一度掃除をした後には、音が大きくなり輪郭がハッキリしたように感じました。
まあ別の言い方をすれば、かたい音とも言います(笑)。

改めて駒の下を掃除しても、長年駒の足で傷付けられた板の表面は平らではなく、
駒の位置のちょっとした具合で接地面積などが変わってしまうみたい。
駒から楽器本体へ弾いた音の振動が伝わるので、ここは重要ポイントなのですけど。

音を出しては駒の位置をずらし、また音を出して…というのを繰り返し、
相変わらず気難しさはあるけれど、ようやくとても良い音が出る場所が見つかりました!
最後は駒の前後の位置ではな、く左右のほんのちょっとした加減でした。

ヴァイオリンの音は何が変わっても敏感に変化します。
汚れも音色をつくる一つの要素になっているそうで、それがなくなることで音色が変わることもあります。
良くなるか悪くなるかはやってみなければ分からないこと。

今の時点では、音が更に大きくなって張りも出て、
そういえば以前にあったような音色の甘い雰囲気も戻ったような気がします。
妹ちゃん(新入りヴァイオリン)を再び大きく引き離しリードして、本来の座に戻りました。

自分の楽器にはいつも妄想いっぱいになって冷静な判断が難しいので(笑)、
良くなったのかどうか、今度のレッスンで先生に判断してもらおうと思います。



お休みモードになっちゃいました

 2014-10-04
ライブが終わってホッとしたのか、身体も気持ちもお休みモードのようです。

めっきり手の動きも悪くなってきて(笑)、
以前ならこんな時にはかえってムキになってやろうとすることもあったけれど、
上手くいかないので、ん~、モチベーションが上がりません。

そういえば、去年の秋はヴァイオリン倦怠期でマッタリとしていました。
秋になると、そんなふうになるのかなぁ…。

カイザー1番、2番、23番、24番を弾けるようにしておかないとなのですが、
2巡目、3巡目とはいえ、毎回楽譜を見るたびに「はじめまして」と思ってしまうのです。
弾き始めるとなんとなく思い出すのだけど…。

さすがに1番、2番は曲としては覚えています。
23番は好きな曲に入るので、「あ、こんなのあった」と、なんとなく覚えています。
で、24番はほぼ覚えていません(爆)。たぶん、嫌いだったんです…。

先日のライブに、わたしの相棒くんの言葉を通訳してくれたなおちんが来てくれました。
「あのヴァイオリン、大舞台が好きかも♪」 終わってからそんなことを言ってくれました。

家に帰ってから相棒くんに向かって
「キミ、ああいうところが好きなの?」と独り言のようにきいてみました。
もちろんわたしには返事は分からないけれど、
ヴァイオリンとして生まれた(?)からには、
自分の音をたくさんの人に聴いてもらいたい、と思うだろうな。

そうか…。わたしのところに来て良かったの?、と一瞬思ったけれど、
わたしと相棒くんは相思相愛なので(笑)
ならば、わたしがそういうところに連れて行ってあげないと。

相棒さま、あなたのご希望に沿えるようにやらせていただきたいと思います。
わたしを置いて先に行かないで!着いていきます、がんばりマス!

そうか、倦怠期とか言ってる場合ではありませんでした(笑)。



相棒くん(ヴァイオリン)との関係

 2014-08-01
今日は仕事の谷間のお休みで、少しヴァイオリンを弾きました。

「踊るように弾く」と言っても、ヴァイオリン抱えて踊りたいわけじゃない。
ん~、「踊る時に感じていたような気持ちで弾きたい」ということなのかもしれません。
この前載せたFrancescaさんという女性の演奏は
わたしにとっては踊るように弾いていると感じられるけれど、
実際には体はそれほど動いていないのです…。

踊らないけど踊るように弾くためには(笑)、そういうモードで立っている必要があります。
わたしは気持ちと姿勢がリンクする傾向が強くて、
体調不良だった影響からか、すっかり体が縮こまって、気持ちも小さくなっていたようです。
伸び伸びと弾くにはそのつもりの姿勢でいなくちゃ。

カイザーを少し練習してから、ユーモレスクを体から弾く実験を。
この前から時々やっているけれど、今日は姿勢と気持ちがそういうモードに整ったので、
また少し変わって、一段と自由になりました。

そうやって弾くと、音も自由に外れちゃって曲としてはダメダメだけど、
まず出せるだけ出してみて、その上できちんと弾くようにしてみようかな、と思っています。
録音も録画もしていないので、客観的にどうかは分からないけれど、
前からこういうふうに弾きたかったのではないかと思いました。

練習はそんなにたくさんしなかったけれど、
今日は、相棒くん(わたしのヴァイオリン)を初めて本当の相棒のように感じました。
今まではわたしよりも数段格上の相棒くんに何となく遠慮があって、
少し他人行儀な関係だったけれど、今日はそうではなく一体感がありました。

例えば、声が出なくなって話せなくなるようなことがあったとしても(そういう予定はありませんが)、
相棒くんを弾くことが出来るならそれでいい、なんて思いました。
そう思いながら、何だか嬉しくなって、
ケースに収めた相棒くんの、年月を経てニスが剥げてしまっている左肩を撫でました。



ヴァイオリンからの言葉

 2014-01-16
先日、友人たちの前で演奏させてもらった後、わたしのヴァイオリンから話しを聞かせてもらいました。
こういうことに興味の無い方はどうぞスルーしてくださいね。

古くて傷だらけのわたしのヴァイオリン。
ひと目見たその時からなぜかとっても心を動かされ、ドキドキしながらひとりで購入を決断したのは、
ヴァイオリンを始めてまだ1年半くらいの時でした。
購入の経緯はこのあたりに書いてあります。→ 「!!!!」と思った楽器

先生が「得体の知れない、良い音のする楽器(^^)」と言ってくださるたびに、
まるで自分が褒められたかのように嬉しくなります。
わたしより数段格上のこの古いヴァイオリンに、相応しいわたしになりたい…と思っています。
この楽器からの話しが聞けることを、とっても楽しみにしていました。

「作られて初めてこんなに愛された。」
「初めて、ただ歌うだけのために側に居させてもらえて、嬉しい。」
「一緒に歌いたい。いい声を出すよ。こんなもんじゃないから。」
「君と一緒に歌える日を待っている。ヴァイオリンはきちんと弾いてもらえないと歌えないから。」

感無量です…。
大切に思っているものから、こんな言葉を伝えてもらえて。

今のわたしの力量では楽器は欲求不満だよなぁ…と以前から思っていましたが、
それをしっかり伝えてくれたこともありがたいことです。
わたしが楽しい気持ちで弾いたらヴァイオリンも嬉しいのではないかと思っていたけれど、
きちんと弾いて本来持っている良い声で歌わせて欲しいと願っているのですね~。

良く分かりました。
「君に歌わせてもらえる日を待っている。」
その言葉を胸に、その期待に応えられるように練習します。

あ、「クローソンの顎当てどんな感じ?」って質問しなかったな。
でも、嬉しいに決まってるから、まあいいか。



大好き…と言ってみた

 2012-11-07
今日、お昼休みから戻る途中、
お腹も満たされて、花壇のコスモスや白い噴水が光っているのを眺めながら、「幸せだなぁ…」と。
幸せってそんなに難しいものでも追い求めるものでもなくて、こんなことなんじゃないか…と思いました。
昼休みが終わって、エレベーターに乗って職場に戻るのは幸せかというと、ちょっと疑問。

明日はレッスン。カイザーと奮闘していますが、毎回レッスンの度に、
「今回はちゃんとできませんでした」と先生に言わなければならないのではないか…と思っています。

カイザー10番、受け入れがたい音の並びは無いのですが、指が言うことを利きません。
2つの弦を一度に押さえる時には「もっと太い指ならいいのに…」と思い、
触ってはいけない弦を触ってしまう時には「もっと細い指ならいいのに…」と勝手なことを思います。
手の調子はそんなに悪くないのですが、余計な力が入ってしまうのでかなりハード。

先生は「出来るところまでで良いです(^^)」といつも言ってくれていますが、
自我先生に縛られて、「最後まで出来るようにしていきたい」と思ってしまいます。
でも、やり過ぎ注意報発令中。そんなにたくさん練習できません。

弦楽器フェアなどに行っていろんな楽器を見たり触ったりしていますが、
結局わたしは自分のヴァイオリンが好きなんだな、と思います。
そういうことをここに書いたりしているけれど、直接本人(?)には言ったことがないです。
で、夕べ練習が終わった後に「大好き…」と口に出して言ってみました。(照れる…)
ついでに板をなでてみたりしました。

この古いヴァイオリンには、たくさん音楽が詰まっているのだと思うけれど、
ただそこに置いておくだけでは何も出てこない。
だから、わたしが不器用ながらもそれを引っ張り出す役になります!
息の合った良いコンビになるのだ。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫