FC2ブログ

楽器と弓と人との調和

 2018-12-14
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。すっかり寒くなりましたが、先生のお部屋に着いたら暖かくて生き返りました~。

弓のそうじの方法(自己責任流)を教えていただいて試したのと、先生が先日弓を購入されたことで、昨日のレッスンも弓についていろいろな体験をさせていただいたり、お話を聞かせてもらいました。今回の先生の弓はとても軽いもので、自分の弓も軽いので気になります。

ボーイングの練習で先生の重たい弓、今回購入された軽い弓の順でお借りしたら、この軽い方の弓は音を出していてとても嬉しくなってしまいました。好きです!(自分のじゃないのに困る…)ただ、軽い弓はレスポンスが良いのでやったことがそのまま音に反映されるそうで、緊張したらそれがそのままダイレクトに音になってしまうということです。恐ろしい…。

おそうじしたわたしの弓は「垢抜けた音になりました(^^)」と言われ、以前よりもレスポンスが良くなり(嬉しいけれど大変だ!)前よりも更に軽い圧力で弾いた方が良く、弓の毛もあまり強く張らない方が良い音が出るようになりました。以前から、楽器や弓そのものが変わった時だけでなく、弦の種類が変わったり、調整具合や何か状態に変化があったときには、それに合わせて弾き方を替える必要があると、折に触れ教わって来ましたが、今回もその必要がありました。

少し汚れが取れた程度でも、敏感な弓にとってはかなりの違いを生むことで、わたし自身は「音が変わった!」とは思ったけれど、そう思っただけで終わっていました。いつものことはいつもやっているように弾いてしまう…。ただ、レッスンの課題ではない今度弾こうと思っている曲を練習した時に、いつもよりとても軽い弓使いで弾いた方が思う音が出るな~と思ってはいました…。

今回のレッスンで、先生のいつもの楽器を色々なタイプの弓で弾くのを聞いて、わたしの弓でも音を出してもらって、弓が違うだけでいろいろな音が出るのを実感できました。楽器と弓の相性も感じる事ができました。楽器に合う弓というのはやっぱりあって、で、自分の楽器に今の弓が合っているのかというと、正解はどこにもないけれど、わたしが思うような音が出る組み合わせにはなっている。

軽く弾いた方が良いヴァイオリンと、軽く弾いた方が良い音が出る弓と、軽やかに弾きたい人は調和し、強くガシガシ弾いた方が良いヴァイオリンに、太い音が出る重い弓と、そうやって力強く弾くのが好きな人は調和する。自分が好きなものは自分が好きな音が出るから好きなので、自分の好みの音が出ないものは選ばないから、自然と調和する組み合わせになるんだろうな。

週明けには不調で「どうしよう…」と思ったけれど、なるべく暖かくして、ダメかも…と心折れそうになると「頑張れ、みほ!」と励ましたり(笑)、クリーム入れたココアを飲ませてあげたりして、何とかなりました。いつもの相棒くんを持ってレッスンにも行けたし、2巡目クロイツェル40番もゆっくりですが最後まで弾けました。良かった…。

先生のお宅の玄関にクリスマスの飾りがあったのを見て、わたしも家のかわいいツリーを出しました。


20181214003215f69.jpeg



自分の弓の価値

 2018-11-21
今日はヴァイオリンのレッスンでした。
前のレッスンの方が先生と弓についてのお話をしていたのが聴こえて(笑)、わたしもその続きで先生に弓や楽器のお話を聞きました。先生が良いと感じたものがどういうものだったか、値段もですがいろいろ気になります。

今使っている弓は、弦楽器専門のオークションでひとりで選んだものです。購入前に先生に出品リストをみてもらいご相談した経緯があり、買ってから実際に音を出してもらって「悪いものではないです(^^)」と言われています。が、上手くいかなくなると「もしかしてこの弓が良くないのか?」と思ってしまうことがあるのですね。

それをお話したら、弓の銘柄は伏せたまま先生の弓をいくつか試させてくれました。先生がわたしの弓で自分の楽器を弾いてもくださり、「はぁ~、良い音がする~。」と思ってしまいました。わたしの弓(相棒くんとか妹ちゃんとかいう愛称はつけていません、笑)、先生にあの楽器を弾かせてもらって嬉しいだろうな。そういう音でした。

自分の弓に似た音が出るだろうと、先生が貸してくださった弓、本当に出てくる音の種類(としか表現のしようがないのです)も弾いた時の感触もかなり良く似ていました。ソックリといいたいけれど、後からその弓の銘柄を聞いたのでそこまで言うのははばかられます(笑)。倍音というのかな、他の弓ではいくつか聴こえるのが、もっとたくさん、音符を散りばめたように響いて聴こえます。わたしの弓にも先生の松脂を塗って差がないようにして比べさせてくれました。

スワンヘッドのこの自分の弓、とても気に入っているはずなのに性能を疑ってゴメンナサイ。濡れ衣でした、わたしが悪かった。買った時から気になっている巻き革とラッピングを、今度楽器屋さんで交換してもらうことにします。

2巡目クロイツェル39番、一度家で肩を外してからはとても気をつけて、腕の角度を変えないように怪しげな動きになりながら弾けば大丈夫なので、レッスンでもその作戦(?)でやらてもらい、最後まで弾けました~。良かった…。次は40番、重音を弾きながら片方の音にトリルをかけるのがずーっと続く曲です。

肩や体が痛いなぁ~と思って、レッスン前は元気が出ない感じだったのが、先生と弓や楽器のお話をしたらすっかり元気になりました!仕事で疲れて、ヴァイオリンの練習で煮詰まって、それが気分転換だなんてドMだなぁ…と思っていたけれど、いやあ、すっかり心もようが変わりました。

明日から4日間、全く違う場所で3つの仕事です。元気出た!反省ネタを持ち帰らず終わったことはバッサリ忘れて頑張ろう。最終日は先生の近くのホールでそんなに遅くならない予定なので、いつもはお休みの珈琲屋さんに寄れるかな。


20181121213907813.jpeg   帰りはちょっと寒くなっていました。もうすぐ満月。


「良い音」は人によって違うのかも

 2018-11-07
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。今月は予定がいろいろと変更になりレッスンの予定を何度か変更させていただいて、夜の最後の時間帯のレッスンでした。

わたしが行けなかった弦楽器フェアのお話や、楽器の調整についてのお話を聞かせてくださいました。相棒くん(いつものヴァイオリン)を買った弦楽器専門店へ点検や弓の毛替えをお願いしていますが、しばらく前から気持ちの面でも具体的な面でもしっくりこないことがあります。それを解決できそうな情報をいただいて、とても気持ちが軽くなりました。

楽器の調整は、依頼する側と調整する人の「良い音」の認識が一致していないと違和感を感じるものなのでしょう。相棒くんを調整してくれた方もその人が思う「良い音」にしてくれたのだろうと思います。同じお店の中でも職人さんが違えば「良い音」の認識が違うかもしれません。次からはたぶん、違うところへ持っていきます(^^)。

2巡目クロイツェル38番もツィゴイネルワイゼンも、あまり上手くできません。特に38番は音程が薄暗い感じになっていました。放っておくと明るい曲も暗くなっていってしまう…。そういえばわたしは短調がしっくりくる人だった。意識しないとついそっちへ寄って行ってしまうのです。気をつけます。

あ、レッスンの反省を書かないと決めた気がしますが、やっぱり書いてしまいますね。

最近左の首や背中が辛いことが多いのですが、今朝は左の首から左の足先まで調子が悪くなってしまいました。今日は仕事ではない予定があったのですがお休みさせてもらって、「やわこ」を使っても良くならないので、苦しまぎれに身体の左側中にロキソニンテープ(シップ)をペタペタ貼ってみました。こんなにたくさん貼って大丈夫なんだろうか…?と思いながら横になったら、夜になってすっかり良くなりました(笑)。

今月は少し忙しいので、毎日ストレッチしてから寝るとか(そういう問題か…?)、長持ちできるように何か予防策を考えなくては。



点検後の相棒くんを先生にみてもらう

 2018-10-26
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。
点検に出した相棒くんは音は大きくなって安心感は出たけれど違和感を感じる部分があり、前の晩、自分で少し調整しようとしたら少し駒が動いて微妙な加減になっていました。

早速先生にお話ししたところ、いつものように良く音が出るように駒の位置を丹念に直してくださいました。楽器屋さんでこのようにしてくれれば良いのに…と思いながら、でも他の部分は良くなる方向に調整してくれたのだと思いたいところです。音が苦労なく響くようになると弾くわたしの身体からも余計な力が抜けて楽になります。いつもこの感じでいたいなぁ。

先生の楽器も調整から帰ってきて良い音になったとのこと。ツィゴイネルワイゼンの一部をお手本で弾いてくれた時、これまでとは違う音でした!上手く言葉にできません。へんな言葉で表現したくない、そんな音です。表面的でない、心の奥の方にズッ…と入ってくるような音です。

自分でそういう音が出せると思わないけれど、録音を聴いたらそのあと自分で弾いている音が少しそれに似ています。これは後からこうして聴いても真似できなくて、その場であのヴァイオリンから発せられる音を身体で感じた時にだけできるみたい。録音された音はそれを思い出すための助けにはなりますけど。

2巡目クロイツェル37番は大柄な音で弾こうと思ったら張り切りすぎて弓が「カシュ、コショ」と雑音が多くなっていましたが、次回は38番へ。ツィゴイネルワイゼンはなかなか思うように弾けていませんが、好きなフレーズの部分は「何をやろうとしているか分かります(^^)」と言ってもらえました。嬉しいです…。他の部分はやはり未だに自分が言いたいことを自分の言葉にできていない(←変な表現ですが本当にそう思う…)ということなのだろうな。書かれている言葉をつっかえつっかえ棒読みしているような感じかも。


レッスンが終わり、スッキリした気持ちで近くの旧古河庭園に寄りました。バラフェスティバルの期間は終わっていますがまだまだ綺麗な花も、これから咲くつぼみもありました。


IMG_9451.jpg



できなかったことを数えない

 2018-10-11
今日はヴァイオリンのレッスンでした。いつもの曜日のいつもの時間、通常の2週間間隔でのレッスンです。

どんな時でも充分な練習ができました!と思ってレッスンへ向かうことはないし、終わってからも、もっと練習すれば良かった、あそこがダメだったなど、できなかったことに気が向きます。

「反省だけならサルでもできる」
「できなかったことを数えることがキミを停滞させるんだ」

ということで…、
これからは心の中でもここでも、反省会はやめます。(なるべく…です)

自分は普段は特段暗い人ではないはずが、ヴァイオリンについては悲観的で心配性だと、思いたくないけれど認めます。舞台の仕事も若干そうだけど、劇場に入る前夜と終わってからの一人で家にいる時だけで、現場ではまったくさっぱりとしています。


2巡目クロイツェル36番は、先回の35番よりは少し良かったし、ツィゴイネルワイゼンの中で、家で練習してもなかなか上手くできなかった部分が、先生に言われた通りにしたら一瞬思うような音に近い音が出ました。

レッスンはできないこともできたこともあって、普段のように終わりましたが、自分の表現ツールはヴァイオリン…と書いたそばから、現実に引き戻されて、それは自分の勘違いだったか…?と、珍しく帰りの足取りも重く、というか現実に足が重く感じて、ただ単に疲れているのかもしれません(笑)。気持ちも身体も密度がいつもの半分くらいの感じ(←イメージです)。


20181011232151c9c.jpeg

先生のところへ行く途中に咲いていました。ちょっとピンボケだけどかわいいね。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫