FC2ブログ

涼しくなった今日はレッスンへ

 2018-07-26
先回から3週間あいて、今日はヴァイオリンのレッスンでした。

仕事の予定や肩の調子のことなどあり、練習が思うように進まず少し焦っていましたが、今日のレッスンが無事に終わって良かったです。2巡目のクロイツェル33番もツィゴイネルワイゼンも、それなりにではありますが予定通り見ていただけました。調子が悪くなり、一瞬「リセット計画がリセットか?!」と思ったけれど、まずまず力は入るし、暑い&苦しいので肩のサポーターも復活させませんでした。

肩のこともあって細かくやり直さなかったのだと思いますが、促されるままツィゴイネルワイゼンは3ページ分、最後まで弾きました。途中練習が手薄になっていた箇所もあったけれど、これまでの積み重ねがあったと考えて良いのか、なんとか弾けました。←地味~な進歩だけど、ちょっと嬉しい。

昨日あたりから酷暑も一段落して過ごしやすく、ヴァイオリンを持って歩くのに陽射しを気にしなくて済みました。先日お出かけされていた先生は少し日に焼けてお元気そうに見えました。

「レッスンの課題ができないと明日が無い!」ぐらいに追い詰められた気持ちになるのは変わらなくても、最近その時間が短くなって来ました。
たくさん練習できて上手く弾けた方が良いけれど、どんな時もレッスンは無事に終わるのです。上手くできなくて不本意に感じることはあっても「明日が無い!」なんてことはないのです。どんな状況でも「上達したい」という気持ちさえ持ち続けていれば明日はあります。

もう既に繁忙期は始まっていますが8月は更に予定が入っているので、次回のレッスンは4週間後です。練習も仕事も試験も(!)、無事に終わっているだろうその日に早くなりたい。


2018072618230097a.jpeg

涼しくなった今日、ようやく人心地がつきました。我が家の真実の木もホッとしてるみたい。



調子が戻ってきたと言ってもらえました

 2018-07-06
昨日はヴァイオリンのレッスンへ。肩の調子が良いときに以前のような弾き方で弾くリセット計画は少し進んだものの、また練習の間があいて課題は振り出しに戻ってしまっていました。リセット状態は維持できていたので、まずはそれが重要だと思いながらも、レッスンの日が近づくにつれ焦る気持ちが出てきます。(いつも通りのことですが)

出先から戻りバタバタと練習を済ませレッスンへ行く電車の中で座ったら眠たくなって、乗り換えても座れてまた眠たくなって、それが良かったのか、頭の中がスッキリとした状態になりました。肩のサポーターをしないでレッスンへ行くのは初めてだったのですが、重音シリーズ2巡目のクロイツェル32番を弾いても、ツィゴイネルワイゼンの冒頭をガシガシ弾いても、肩が外れてしまうことはありませんでした。良かった。

クロイツェル42番まで終わった後に32番に戻ると、初回よりも少し進歩していました。「クロイツェルの32番以降をこなすためには、いろいろ解決できないとそもそも弾けませんので、ひと通りやったということはそれができたということです。(^^)」自分ではあまり解決できている実感はないので他人事のように首をかしげる様子を見て、先生がそう言いました。

わたしは楽譜を見てもシステマチックに頭の中で整理して考えられないので、どうやって弾いているのか自分でもよく分らないのです。楽譜にたくさん指の番号や暗号(笑)を書き込んで、それを見て音を出しています。これもひとつの解決策ではあるかもしれません。

もちろんまだまだ音程は怪しい部分も多く、「カールフレッシュでガリガリ音程の練習はやりますので(^^)」と。以前からチラチラと聞いていたカールフレッシュの音階教本(たぶんわたしの苦手なタイプ、笑)について具体的なお話しが出ました。ん~、先のことはあまり考えないことにしよう…。

ツィゴイネルワイゼンは長く練習するうちに気後れする部分はかなり減ってきました。力加減が普通っぽく戻ってきたので、それに伴い少し線の太い音が出せるようになっているかもしれません。レッスンの後「うん、かなり調子を取り戻した感じがありますので、非常に良いです(^^)」と言っていただけました。

レッスン前には追い詰められたような気持ちになってしまいますが、それが取り越し苦労だったと感じることの方が多いです。音程や左手、右手、技術的なことを個別に考えるよりも、どんな心持ちでどういう音を出そうとしているかがより重要なことかもしれません。音楽は伸びたり弾んだり膨らんだりしぼんだりする柔らかいもの。弾くことに夢中になっていると、体中に力が入って硬くなり、息を止めていることもあります。わたしももっと柔らかい伸び縮みする気持ちと身体でいようと、昨日も今日も練習をしながら思いました。

これから暑くなるのと同時に仕事が忙しくなっていくので、夏の終わりには調子が悪くなってしまうのが常でしたが、なんとかそうならないようにしたいな。ヴァイオリンの練習をすることももちろん必要ですが、それ以上に調子を崩さないことが最も大切なことだと今さらですが改めて思います。

昨日かなり力を入れて弾いたからか、今日は左手が動かしにくくなってあまり力が入りません。でも練習するとそれなりに弾けるので調子を見ながらやっていくのが良いかもしれません。仕事の予定やヴァイオリンの課題を進めることや、新しく増えた放送大学の勉強など、なんでも重たく負担に感じてしまうクセを改めて、軽やかな気持ちで進めたいと思います。



以前に近い音になりました

 2018-06-15
水曜日にヴァイオリンのレッスンへ。少し間があいて1ヶ月ぶりになりました。

朝から退院後の診察のために、神経内科と整形外科の肩の先生に会いに行き、午後から急遽検査が入ったので一旦家に戻り少しヴァイオリンの練習をして、再び帰ったのはレッスンへ行く30分前というバタバタの一日になってしまいました…。

家での練習ではリセット計画として、肩が亜脱臼の方向へ動いてしまわないように関節の位置を維持しながら弾くということを意識していて、少しずつまともな音が出るようになっていました。重音もそれなりに弾けるようになり、課題のクロイツェル42番の残りも最後まで進められました。

「様子を観察するのが仕事ですので(^^)」といつもおっしゃる先生には、わたし以上に変化が分かるようで、体調が良かった前の頃のような問題ない弾き方になっていると言ってもらえました。検査で肩の関節に造影剤や麻酔を入れてCTとMRIを撮ったので、レッスンの時にも少し痛みや肩の動かしにくさが残っていたのですが、それでもこの前までよりはかなり良い状態だったようです。

ヴァイオリンを弾くのは肩や腕だけでなく、体幹の筋力も大きく影響するのだろうな。この前までは腹筋が超絶弱くて、朝起き上がるのがかなり大変で工夫が必要でしたが、今は寝ぼけていてもスッと、知らないうちに起き上がれるようになっています(笑)。レッスンの後、先生のお宅のドアを軽々と開けられたので、先生もわたし自身も(笑)ビックリしました。(大変な時は先生に開けるのを手伝っていただいていました。)

調子が良いときにその感覚を定着させられるように、レッスンの内容をアレンジして進めてくださいました。ヴィブラートをかけてメロディーを自然な音で弾けるようにというもので、この前までは左手を一生懸命に動かさないとそれらしくならなかったのですが、調子が良くなっても同じように動かしてしまい、やり過ぎ感満載になってしまいます。

「今の状態であれば、左手をエレガントに使うという意識だけして、あとは出てくる音に任せて(^^)」。そう言われて弾くと無理のない伸びやかな音(当社比)になって不思議です。こういう弾き方で上手く音が出るなんて、今まで調子が悪くて分らなかったけれど、わたしはもしかして本当は上手になっているのかもしれない。(これも当社比ですが、笑)

クロイツェルはこれで一応全部最後まで音を出してみたことになり、本当に音を出しただけではあるけれど全部のページに書き込みしてある状態になりました。カイザーのように1番から順番に始めていないことと、終わらせて開放されたい(笑)という気持ちが無くなったことで、いつから始めたとか終わったとか気にならなくなっていますね。次回からは重音シリーズの32番以降の2巡目をやります。

レッスンが終わってから先生と少し音楽のお話しもできて、レッスン前は病院疲れでグッタリしていたのがすっかり元気になりました!


201806151059107b3.jpeg



身体に無理のない弾き方で

 2018-05-18
ヴァイオリンの練習を再開してまだ数日ですが、昨日はレッスンへ行きました。
課題もほとんど進んでいないのですが、先生は「そういう人は来るな!」とはおっしゃらず、「その時にできることをやりましょう(^^)」と言ってくださることに、いつも甘えています。

練習できなかったときに一番心配になるのがボーイングですが、昨日は先回のように弓が跳ねたりはしませんでした。良かった…。自分のボーイングについて手首のかたちや使い方がおかしいのではないかと思って質問したら、「良い音を出すための動かし方(かたち)であるので、音が良ければ何でも良いです(^^)。」とのこと。

そうなんです。今まで何度もそう教えてもらっているのに、わたしは「正しいかたち」という発想がいつまでたっても抜けないで、身体の位置関係や動かし方に正解があるのではないか?と思ってしまう。頭が固いなぁ…。おかしなことをしていればとっくに先生が指摘しているはず。現に好ましくない時には教えてくれます。

ハイフェッツやクレーメルは極端なかたちで弾いているけれど、一般人がマネをしてもあのようには弾けないという話になって、「そうですよね、弓をこんなふうに持って…」「そうなんです、こんなふうに…(^^)」と、先生もわたしもハイフェッツみたいに弓を持って…、あとから考えると面白いです(笑)。

「名演奏家のマネをするのも勉強になりますが、自分にとって無理のない余計な力を入れない弾き方が良いです(^^)。」まだいろいろと充分に力が入らないこともあって、今回はそういう方向で、少しツィゴイネルワイゼンもやりました。力を抜いた方が指を動かし易いみたい。頑張って速くしようとするとテキメン力が入ってしまい、バタバタした感じになってしまいます。頑張らないで速くするの、慣れが必要です。

レッスンは家で練習したことを見ていただくものだと思っていますが、見ていただくための用意ができていないこともしばしばあって、それにも関わらず持ち帰るものを教えてもらえて、ありがたく思います。ん~でも、普通のレッスンができるようにしなくちゃな。


20180518233906cac.jpeg  つぼみだったミニバラが咲きました!



いつも心配し過ぎ&気にし過ぎ

 2018-04-26
今日はヴァイオリンのレッスンの日。最近レッスンの日はずーっと良いお天気でありがたいです。

今回のクロイツェルは先回残ってしまった41番の最後の部分と42番。新しい課題を始める時にはいつもレッスンまでに全部ひと通り音を出せるところまでやろう!と思っているのですが、今回も予定通りには進められず42番の半分までしかできませんでした。

いつも同じようなことを書いている気がしますが、全身的に体調が低迷してしまい課題を終わらせる以前にレッスンへ行かれないのでは?とか、その後の仕事の現場で役に立たないのでは?と思っていました。レッスンに向けて練習を進めることはかなりのプレッシャーですが、その翌日(明日)から3日間で2つの仕事が入っていて、遠いのと朝から晩まで13時間くらい働くので、それもかなりプレッシャーです。

朝目覚めた時に布団の中で「ダメかも」と思いながら、結局毎日大丈夫です(笑)。練習はできるだけやっていましたが全然進歩していないように思い、いつものように3日前くらいには絶望的に感じて(←これもいつもと同じ)、今日はしかたなく、お休みせずにレッスンへ行けて良かったと開き直った気持ちで先生のところへ。

いつだってレッスンはお休みしたくないと思っていますが、今日は何としても!と思っていました。普段と変わらぬ先生がいつものようにレッスンしてくださって良かった(^^)。ツィゴイネルワイゼンの速い部分をエネルギッシュに教えてくれました。いつもながら先生の説明は面白く、天ぷらを揚げる時の衣が油の中で跳ねる感じ、180℃、220℃とか、もう、すごく伝わります!ツボでした!

今日もまた最初のボーイングの練習で弓が跳ねてしまいましたが、弓の張り加減を変えて、少し弾いてからまたやったら大丈夫になりました。右手に少し違和感があり気にし過ぎなのかもしれません。ツィゴイネルワイゼンをガシガシ弾くのには気にしている場合ではないので大丈夫でした(笑)。

だいたいいつも何でも気に過ぎなんだな。レッスンだってそれほど悲観するような状況にはならなかったし。明日からの仕事も内容的には心配なことがある訳ではない。朝布団から出て、忘れ物しない・時間に遅れないように行くことですね。それさえできればあとは大丈夫なはずだから。…すごくハードルを下げてみました(笑)。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫