FC2ブログ

長い間ありがとうございました

 2021-02-28
思いつきで始めたこのブログ、10年が経ちました。いろいろとその時思うことを書いてきましたが、最近ではヴァイオリンのレッスン記録になってきていました。長く続けていると無意識のうちにパターン化してきたり、固定されたブログの中の自分のイメージを自分自身でも持つようになってくるものですね。実際の自分が変わっていってもそのイメージは変わらず、なんとなく窮屈に感じるようになってきたこともあり、ここを卒業しようと思います。

今まで思いつきで始めたこと、やめたこと、たくさんありましたが、ヴァイオリンをやめようと思ったことはなく、このブログも更新の間が空くことはあっても、やめようと思ったことはありません。時々でも訪れて読んでくださる方がいたおかげです。本当にありがとうございます。

少し前に、今の時点のわたしにしっくりくる場所をつくりました。
「オレンジ温室日誌」 http://orangenisshi.com/
次に窮屈に感じるまではそちらに思うことなど書いていきたいと思います。
こことは少し様子が違い、ヴァイオリンのことも他のことに紛れて分かりにくいのですが(笑)、良かったら遊びに来てください!

10年の歩みは振り返るには長いし、自分ではすぐに忘れてしまいます。歩いたトコロが道になっていたとしても、まだまだ良く分からない先へ進んでいきたいです。わたし、さっぱりしているけれどしつこいのです。
ここはFC2ブログが置いてくれる間はこのままにしておこうと思います。わたしが振り返りたくなった時には見に来ることもあると思います。

これまでほんとうにありがとうございました。では、また!


202102282251017de.jpeg



響きの良いお部屋

 2021-02-25
ヴァイオリンの先生がお引っ越しされることになり(でも近いところだそうです)、今日はその関係もあり、ご自宅のこれまでとは違うお部屋でのレッスンになりました。響きの良いお部屋だというお話の通り、弾いていて嬉しくなる音がしました!

「うっすらと弓で撫でるくらいの頼りない加減で楽器の響きを止めないように(^^)」、「もっとカフカフな音にできますか(^^)」言われたようにやってみると、おおっ!ふわぁ~っと空気を含んだような音になります!「んん、いいですね。んん、楽器もやっぱり良い楽器ですね(^^)」「こういう場所で部屋中に音が満ちるような響き方をする楽器が良い楽器であり、良い調整であり…(^^)」と言っていただけました!

あご当てを替えて低音が少し寂しくなっていたのを、新しい松脂やポリッシュやその他いろいろ教えていただいた方法でかなり改善できたと思っていましたが、先生にもそのように言ってもらえて良かったですー。なんなんでしょうね、自分が褒められるより相棒くん(ヴァイオリン)を褒められる方が嬉しいです(笑)。

「ヴァイオリンを弾くことは心地よい香りの音でお部屋をいっぱいにすること(^^)」。ガシガシ・ゴリゴリ弾いたら良い香りの音にはなりません。もちろんそういう弾き方が必要な曲もあると思いますが、わたしのやっている範囲では「良い香りバージョン」です。ふわぁ~っとする音で弾いたらふわぁ~っと楽になって、幸せな気持ちになりました。これまでと全然違って、これで良いのでしょうか?と思うくらいです。でもこれで良いんです。

バッハのラルゴもまだ不完全ながら通して弾かせてもらって、どんな感じで弾くのが良いのかを体験させてもらえました。ああ、そうでした、この曲を選んだ理由を思い出しました。もう絶対にこうやって弾こう!家でももう少し響きのある部屋でヴァイオリンの練習をしようと思います。

次回からは先生のお引っ越し先のお部屋に伺うことになります。近くとはいっても、今までと通う道も変わります。今日はお花屋さんをゆっくり眺め、パン屋さんで「このパン好きなんです!」とまた謎の告白をして「ホイップクリーム」というパンを買って帰りました。

これまでお世話になった先生のお部屋は、わたしがヴァイオリンを始めてから今までずーっとあたたかく見守ってくれた場所。本当にありがとうございました。何だかちょっと卒業式みたいな気分になってしまって、帰り際にウルウルしそうになっちゃいました。


2021022521083756a.jpeg



G線の音が…

 2021-02-11
あご当てを替えて音が高音寄りになった…ということは低音が減ったということです。分かっていても分かりたくない…。だって、相棒くん(わたしのヴァイオリン)のG線の音にビックリして買うことにしたのですから。でも、今日レッスンへ行ってやっぱり良く分かってしまいました(笑)。先生と交互に音を出すと、その落差が良ーくわかります。この前まではそれほどハッキリ違わなかったのに(←これも若干妄想)。

他にも弓が滑るような感じがしたり、音がうまく出せなかったり…、それも気のせいではなく、あご当てが変わったことでいろいろなバランスが変わってそうなったようです。ん~、音は今まで通りが良いのですが、身体の快適さ(=練習の快適さ)を最優先させたいお年頃でもあります。

先生も前のに戻した方が…とはおっしゃらず「このあご当てのままで低音を増やせるような改善を…(^^)」と、あの手この手を繰り出してくださり、少しずつ良くなりました。まだできそうなことがあるので、次のレッスンまでに試してみることにします。

あご当てが変わって構え方や弾き方に慣れなければならないというのはありますが、これまでよりも練習時間が長くなっています。疲れにくいので長持ちします。始める前にも「イヤだなぁ…」と思わなくなってきました。今まではハッキリ自覚しなくても心の奥でそう思っていたのを白状します(笑)。弾き始めると忘れてしまう程度のものでしたが、毎日そう思うのは精神的に良くありません。

しばらく弾いた後にまえのあご当てに戻したら、あれ?こっちでもそんなに無理なく弾けるようになってる!ということになっていたりしないかなぁ。でもしばらくは今のままでやってみます!


202102112247437db.jpeg

先日出先で出会った満開の白梅



あご当てを替えました

 2021-02-07
先月、通販サイトで弦を注文する時に、久しぶりに他の物もちらっと見てみたのですね。ケースのヘリがボロボロになってきているとか、多少気になることはあっても、今のことろ急いで必要なものは無いな~と思っていたのですが、見ているうちに、ずーっとあご当てに違和感を持っていることを思い出してしまいました。

あごが前に引っ張られる感じがあって、しばらく練習の間が空いてしまった後などに姿勢の不自然さを感じます。家にある他のあご当てに替えて試すと弾きやすくなります!でも、音が軽薄な感じになってしまうのでそれはイヤなのです。音の良さとわたしの快適さを両立させてくれるあご当てがあったらなぁ…と思っていました。

それを実現させてくれるのはクローソンの違うタイプのあご当て、ですよねぇ。今のグァルネリモデルで問題に思っているのはあごを引っかける土手(?)の幅が広いこと。その土手を超えて押さえるためにあごを首から遠く前へ出すのが肩・首こり、頭痛の原因なのではと思っていたけれど、なんというのか、それは気がついてはいけないこととして(笑)、違和感を感じていろいろ試して、結局我慢するというのをもう何度も繰り返していました。

たくさん検索して画像を見てみたところ、ストラドとルジェリは土手が曲線で少し良さそうですが、やっぱり幅は同じくらいに見えて、グァルネリよりも高さがありそう。フレッシュはテールピースの真上にあごが乗っかるタイプで、土手は薄くちょろっと持ち上がっている程度でその点は良さそうですが、ど真ん中ではなくもう少し左が良いのですよ。左という点ではテールピースをまたがないタイプのものもあるようですが、楽器のことを考えたらそれはあまり気が進まない…。

どれも違うようで、そもそも高価だし、モヤモヤ…としていたら、自分に良さそうな形の中古品を見つけました!いろんな意味で大丈夫なのか?と思ったのですが、夜中に目が覚めてそのあご当てのことが気になったりしたので(普段は朝まで目が覚めません、笑)、ああ、もうこれは、欲しいんだな、買うんだな、と観念して、自分のものにしました(笑)。

使った感じはかなり良いですー。首も肩も、左手も楽です。替えた最初は慣れるまでどこか痛くなったりすることもありそうですが、今回は全くなんともありません。楽なはずなのに体が前の形になろうとして(形状記憶されている)変な力が入ったりして、それがなくなるまではまだ少しかかりそうです。

音の方は、基本の質はそのままで若干明るい成分が増えた印象です。発音が良くなったようにも思います。音は日によってすごく良いかも!と思う時と、んん…?と思う日がありますが、今のところとても満足しています。身体が楽だと気持ちも楽になって、それが明るい音になるのか?前のグァルネリは65gで今度のは57g、その差が音の明るさになっているのかもしれません。


20210207162516d5e.jpeg



雪降るって言ってましたっけ?

 2021-01-28
対面でのレッスンが再開されています。やった!!
で、今日はその楽しみなレッスンで、天気予報で雨だったので覚悟はしていたのですが、出かける頃になって外を見たら雪になってました~。

ずーっと関東にいるわたしは、雪が降ると聞くとちょっと嬉しくなっちゃうところがいくつになってもなおりませんが、今日は嬉しくなかったなぁ…。ひとりなら良いのだけど相棒くん(わたしのヴァイオリン)と一緒だし、寒いから手袋もして傘さして…となるとまあまあ大変。滑って転んで自分かヴァイオリンかどっちが壊れても困る…とか考えたり。そんなこと思うくらい、ちょうどたくさん降っていた時間だったのです。

寒いのと少し濡れたけれど無事に到着。お正月の後にはオンラインレッスンだったのでやっぱり久しぶりな感じがします。またいつオンラインになってしまうか分からないので、直接見ていただけるのは貴重な時間なんだよなぁ…と改めて感じます。直接伺いたいことやできないことを…と考えると、ぜーんぶ直接がいい!と思ってしまいますね(笑)。

今日は弓が曲がって動いていたようで(前回もちょっとそうでした)、音の立ち上がりがハッキリしなかったり雑音が混じったりの原因になるとのこと。手が向こうに行き過ぎでした。最近鏡を見てチェックなどしていなかったので、少しずつ変わってそれが普通になってしまっていたみたいです。直していただいた角度で弾くと、あら?素直に発音して綺麗です(笑)。それだけでなく、何と!綺麗な雑音のない音で…と思って弾くと、変化が!いつもそういう神経を使っていないくて、ただ漫然と弾いてたのかぁ…と自分で驚いてしまいました。

他にも弓についてのお話を伺ったりして(そういうことはオンラインでは難しいので)、今後ずーっと対面でのレッスンができれば良いなぁ…と思います。部屋で一人で画面の先生に向かってレッスンを受けるのは、本当に気持ちが内向きになって寂しい感じがします。

レッスンが終わったら雪は雨になっていました。あの勢いで降り続けていたら帰りは滑って危ないなぁ…と思っていたので助かった!レッスンが終わるとホッとします。今日は寒かったこともあるのか疲れた~。帰ったら甘いものが欲しくなりました。


20210128233558e34.jpeg




≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫